2019年10月15日 (火)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その27 アエロフロート・ロシア航空 AirbusA330-300

成田に飛来していたAeroflotの機体、Boeing777-300ERが来るまではもっぱらAirbusA330-300をよく見ました。

Aeroflot-airbus-a330-fleet-list
Aeroflot Airbus A330 Fleet List

-200(-243)が5機、-300(-343)が17機の体制です。私が成田で見かけたのは全て-300の長胴タイプでした。コンフィグは全てC28Y268です。全て新造機です。機体に付けられた名前はロシアの発明家や文学者などの偉人名のようです。

Vpbde-airbus-a330343x-1371-170503-nrt6
2017/5/3 VP-BDE AirbusA330-343X 1371

Vqbcu-airbus-a330343-cn-1065-140802-nrt4
2014/8/2 VQ-BCU AirbusA330-343X 1065

Vqbek-airbus-a330343x-1077-170609-nrt
2017/6/9 VQ-BEK AirbusA330-343X 1077

Vqbpk-airbus-a330343x-1345-180409-nrt3
2018/4/9 VQ-BPK AirbusA330-343X 1345

Vqbqz-airbus-a330343x-1270-170512-nrt2

2017/5/29 VQ-BQZ AirbusA330-343X 1270

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月14日 (月)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その26 アエロフロート・ロシア航空 Boeing777-300

Aeroflot - Russian Airlines

アエロフロート・ロシア航空の歴史、ソ連時代からの歴史に関しては2015年5月22日記事で触れました。1991年12月のソ連崩壊後、アエロフロートも各地域の航空会社に分かれ、西側の新鋭機の導入が進められ、2006年には航空連合スカイチームへの参加も果たしました。

今回からは西側航空機導入後のアエロフロート・ロシア航空機の成田飛来機材を見てゆこうと思います。まずは最新鋭のBoeing777-300ERです。19機が現在運航中です。

Boeing-777-fleet-list

Aeroflot Boeing 777-300ER Fleet list

19機のカスタマーコードはM0でこれはARIA - Aeroflot Russian International Airlinesとなっておりアエロフロートロシア航空そのものです。コンフィグは全て同じでC30W48Y324です。スカイチーム塗装の機体以外に名前がついていますが、ロシア帝国時代の軍人の名前が付けられているようです。

Vqbfk-boeing-7773m0er-65308-1590-190519- Vqbfk-boeing-7773m0er-190519-nrt6
2019/5/19 VQ-BFK Boeing 777-3M0ER cn65308 ln1590
Vpbha-65307-1560-190831-nrt
2019/8/31 VP-BHA Boeing 777-3M0ER 65307 1560

19機ともすべて新造機です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月13日 (日)

台風19号(ハギビス)一過の朝、国立の街を走る

10月12日土曜日、関東地方を直撃した台風19号 (ハギビス:フィリピンのタガログ語で「速度」)は本体が上陸する前から広範囲に降雨をもたらし、各地で観測記録を塗り替えるように大雨になりました。この記録的大雨は発生直後、中心気圧が1日で急速に低下し、海水温が比較的高温であったことと、大気の対流の条件などで非常に大きな雲のまとまりを持ったこと、台風が大型で非常に強い勢力を保ちながら本州に接近したことによるそうです。

先月の台風15号が比較的コンパクトな台風であったのに対して19号は大雨台風となり、わずか2日間で年間降水量の3~4割に匹敵する雨を降らせました。まだ最終的な被害状況は明らかになっていませんが、長野県の千曲川、首都圏では多摩川、利根川、福島県では阿武隈川、新潟県では阿賀野川などが氾濫し、多大な被害をもたらしています。まずは、この台風で亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災された方々の一刻も早い復興をお祈り致します。鉄道では中央線の四方津付近での線路への土砂流入、長野では新幹線車両センターの浸水などが報じられています。先の台風15号で被災した千葉県南部は長期停電、被災の跡も復旧が遅れる中、再び大きな災害に見舞われたと聞きます。地震の頻発も含め、これだけ自然災害の規模が大きくなり、毎月のように日本列島のどこかが大きな災害に遭い、避難する人間が出ている状況で政府はどこまで災害対策に取り組んでいるのか、アメリカの言いなりで防衛装備品を何兆という予算をローンしてまで購入しているのはハッキリ言っておかしいと感じます。

Dsc03560 Dsc03561
2019/10/13 国立 富士見通りから正面に見える富士山

小平の家のクルマ、しばらく走らせていなかったのでバッテリー上がりを防止するため、家内と国立方面をドライブしました。国立は2年生の2学期から卒業まで通った小学校があり、訪れるのは5年ぶりぐらいですが、小学校時代に毎日あるいた駅前から富士見通りを走り、富士見通りの名の通り、台風一過の澄んだ秋空にまだ冠雪していない富士山がくっきりと見えました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月12日 (土)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その25 MASkargo AirbusA330-200F

MalaysiaAirlinesLogo MASKargoNew.jpg

マレーシア航空の貨物部門、MASkargoは1972年設立でクアラルンプール空港を拠点に、オーストラリア(シドニー)、中華人民共和国(重慶、広州、上海)、香港、インド(チェンナイ、デリー、ムンバイ)、インドネシア(ジャカルタ)、日本(成田、関西)、マレーシア(コナキタバル、クチン、ラブアン、ペナン)、オランダ(アムステルダム)、フィリピン(マニラ)、台湾(台北)、タイ(バンコク)、ベトナム(ホーチミンシティ)に就航しています。かつてはBoeing747-400Fなどを使用していましたが、現在は6機のAirbusA330-200Fが運用されています。

積載重量は67tで、各層の積載容量はMainに22パレット(293立米)、Lowerに8パレット(80立米)、LD3に2コンテナ(8立米)、バルクは1200kgです。

9mmud-airbus-a330223f-1180-190519-nrt5 9mmud-airbus-a330223f-1180-190519-nrt8 9mmud-airbus-a330223f-1180-190519-nrt15 9mmud-airbus-a330223f-1180-190519-nrt21

2019/5/19 9M-MUD AirbusA330-223F cn1180

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月11日 (金)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その24 マレーシア航空 A350XWB

Malaysia Airlines

マレーシアのフラッグキャリアであるマレーシア航空は2015年までMalaysian Airline System Berhadという正式名称名乗っていましたが、2015年からMalaysia Airlines Berhadにかえました。マレーシア航空といえば、2014年3月8日には239名の乗員・乗客を乗せたクアラルンプール発北京行き370便(Boeing777-2H6ER 9M-MRO)がクアラルンプール管制との交信が途絶え、行方不明になる事故が発生し、さらに同年7月17日にはアムステルダムからクアラルンプールに向かっていた17便(Boeing777ー2H6ER 9M-MRD)がウクライナのロシア国境付近のドネツク市近郊で、巡航中に親ロシア派反政府武装組織の地対空ミサイルにより撃墜され乗員・乗客298人全員が死亡するという2大事故が記憶に新しい航空会社です。
1947年マヤラ航空として設立、1957年マラヤ連邦のイギリスからの独立で、1963年にマヤラ連邦、シンガポール、ボルネオ島のサバ、サラワクが統合、マレーシアを結成、航空会社もマレーシア航空に改称、1965年のシンガポール離脱独立を経て、同航空はマレーシア政府、シンガポール政府の共同保有となりました。1967年にマレーシア・シンガポール航空と改称しましたが、1971年には両国政府の共同保有が解消し、マレーシア航空、シンガポール航空に分かれました。その後、1997年のアジア通貨危機などで経営悪化の道を辿り、2014年の2大事故を経て、2015年1月2日、株式の上場は廃止され、実質的に国有化されました。
Boeing777-200ERに関しては事故で失われた2機を含めて17機を保有していましたが、2016年1月には全機退役となりました。

フリートリスト

AirbusA330-200  6機
AirbusA330-200F  3機
AirbusA330-300  15機
AirbusA350-900  6機
AirbusA380-800  6機
Boeing737-800   48機
Boeing737MAX   25機

Airbusa350xwb
マレーシア航空 AirbusA350XWB フリートリスト

9mmad-airbus-a350941xwb-190519-nrt6 9mmad-airbus-a350941xwb-190519-nrt7 9mmad-airbus-a350941xwb-190519-nrt22
2019/5/19 新塗装の9M-MAD A350-941XWB cn183

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月10日 (木)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その23 セブ・パシフィック航空 A320neo

セブパシフィック航空のA320に関しては10月8日記事で触れましたが、A320neoの写真もありましたので、従来シリーズとの比較の意味で紹介したく思います。
A320neoはA320従来タイプに対してエンジンを変更したモデルで選択可能なエンジンはCFMインターナショナルのLEAP-X、もしくはP&WのPW1100Gとなっています。エンジンの直径は拡大しますが、A320の場合、地上とのクリアランスは十分にあるので問題はないとのことです。さらに新エンジンタイプと従来タイプと今後も並行して生産されるとのことです。

Rpc3239-airbus-a320271n-8988-190831-nrt7

2019/8/31 RP-C3239 AirbusA320-271N 8988 エンジンはPW1127Gです。
A320neoの場合、A330neoとは違い、キャノピーの形態などに従来タイプとの違いは見られないようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 9日 (水)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その22 セブ・パシフィック航空 A330

昨日に続き、セブパシフィック航空の話題、今回はAirbusA330です。

Cebupacific-a330-fleet

昨日の記事のように8機のA330-343が在籍し、コンフィグはすべてY436で8機とも新造機です。

Rpc3341-airbus-a330343x-1420-170503-nrt1

2017/5/3 RP-C3341

Rpc3342-aribus-a330343x-1445-170512-nrt4
2017/5/12 RP-C3342

Rpc3343-airbus-a330343x-1495-190519-nrt5
2019/5/19 RP-C3343

Rpc3345-airbus-a330343e-1552-190831-nrt9
2019/8/31 RP-C3345

Rpc3347-airbus-a330343e-1712-170529-nrt

2017/5/29 RP-C3347 旧塗装時代

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 8日 (火)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その21 セブ・パシフィック航空 A320

Cebu Pacific

セブパシフィック航空はフィリピンのセブ島、マニラを拠点とするLCCです。

中国系フィリンピン人富豪のGokongwei家が経営するJGサミットホールディングスの子会社セブ航空株式会社は1988年8月26日に設立、1996年3月8日に初便が就航しました。最初はマニラ、セブ、ダバオ間の国内線を運航していましたが、2001年末には国内18か所を結ぶようになり、2001年11月22日の香港線就航をきっかけに国際線に進出、東南アジア、北東アジアに就航し、50都市に乗り入れました。日本へは2008年11月20日の関西空港が初で、その後、成田、中部、福岡、新潟に乗り入れました。
EUはフィリンピンの航空当局の安全確認体制の問題を指摘し、他のフィリピンの航空会社とともにセブパシフィック航空のEU域内乗り入れを2010年3月30日から禁止していましたが、2014年4月9日にアメリカ連邦航空局がICAOの基準を満たすという理由で安全基準をカテゴリー2から1に引き上げ、EUも航空会社安全リストを更新し、フィリピン航空に続き、EU域内の乗り入れが禁止が解除されました。

運航開始まもない1998年2月2日にはマニラ発カガヤ・デ・オロ行き / 387便 / DC-9-32 / RP-C1507が午前11頃、カガヤン・デ・オロ空港への着陸進入中、空港より北北東約50kmの山中に激突、乗客乗員104人全員が死亡する事故を起こしました。さらに2013年6月2日、マニラ発ダバオ行き / 971便 / A320-214 / RP-C3266がダバオ空港への着陸の際、滑走路を逸脱し、前輪が滑走路脇の草地に突っ込む事故を起こしました。こちらは死者負傷者はなしでした。最初の事故では政府の指示で運航が休止され、翌月に運航再開となりました。

<フリートリスト>
ATR 42/72 20機現役 2機退役
AirbusA319 10機退役
AirbusA320 34機現役 1機導入予定 11機退役
AirbusA321 10機現役 2機導入予定
AirbusA330 8機現役
Boeing757 3機退役
McDonnell Douglas DC-9 19機退役

A320に関しては
Cebupacific-a320-fleet-list
34機が運用中、1機受領予定でタイプは従来型がAirbusA320-214 が14機、ウイングレット付きが17機、320neoが3機となります。コンフィグは従来型がエコノミークラス179席、neoは188席です。すべて新造機です。

Rpc3274-airbus-a320214-5669-190519-nrt3 Rpc3274-airbus-a320214-5669-190519-nrt7 Rpc3274-airbus-a320214-5669-190519-nrt9
2019/5/19 RP-C3274 AirbusA320-214(WL) 5669

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 7日 (月)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その20 オーストリア航空 Boeing 777

Austrian Airlines

オーストリア航空はオーストリア共和国のフラッグキャリアであり、資本的にはルフトハンザドイツ航空の傘下にあります。私も2010年1月から2月にかけてのウイーン出張で利用しました。
同社の歴史は以前、西ドイツDuesseldorf空港で撮影したMD-80シリーズの記事で触れています。2016年4月6日、日本経済の停滞と円安による価格競争の激化で、ウィーン~東京路線は不採算路線に転落し、ウィーン発2016年9月3日、東京発翌9月4日の便で運航が終了、翌日、ウィーン~香港線が開設されました。その後、景気の回復で2018年5月15日ウィーン発の便から運航が再開され今日に至っています。

フリートは
A310-300 4機 退役済み
A320-200 24機 現役  5機 導入予定
A330-200 4機 退役済み

Oelah-airbus-a340212-081-030607-nrt4
2003/6/7 OE-LAH AirbusA340-212  081

A340-200 2機 退役済み

Oelak-airbus-a340313x-169-020526-nrt
2002/5/26 OE-LAK AirbusA34-313X 169

Oelal-airbus-a340313x-263-020519-nrt
2002/5/19 OE-LAL AirbusA340-313X 263

A340-300   2機 退役済み


Boeing737 -200 1機 
                  -300 1機 
                  -600 2機 
                  -700 2機 
                  -800 7機 全て退役済み
Boeing767 -300 6機  現役

Oelpb-boeing-7772z9er-28699-163-190519-n
2019/5/19 OE-LPB Boeing 777-2Z9ER cn28699 ln 163

Oelpe-boeing-7772q8er-27607-135-190831-n
2019/8/31 OE-LPE Boeing 777-2Q8ER cn 27607 ln 135

Boeing777 -200 6機  現役

Boeing 777 6機のうち、OE-LPAからLPCまでの3機は-2Z9ERで合併したLauda Airに納入された機体、OE-LPDはオーストリアン航空に納入されて機体であるがカスタマーコードはLauda Airのまま、OE-LPEはアエロフロート・ロシア航空に納入され、ベトナム航空を経て、オーストリアン航空に、OE-LPFはVarigに納入され、ILFC、アエロメヒコを経て、オーストリアン航空へ。

De Havilland Canada DHC-8 Dash8 16機 現役 3機 退役済み
Embraer ERJ-190 17機 現役
Fokker F70/100 30機 退役済み
McDonnell Douglas DC-9 -30 9機 退役済み
              -50   6機 退役済み
McDonnell Douglas MD-80 MD-81 6機 退役済み
              MD-82 15機 退役済み 
              MD-83  3機 退役済み
              MD-87  5機  退役済み

ということでフリートの内容は大きく様変わりしています。 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 6日 (日)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その19 エアプサンのA321

昨日に続き、エアプサンの話題です。今回はAirbusA321に関してです。


Airbusan-a321-fleet
現在18機が所属しており、11機はA321-231 IAE V2533-A5エンジンを搭載し、1997年3月20日に型式証明を取得したタイプ、4機はA321-232  IAEV2530-A5エンジンを搭載し、2001年8月31日に型式証明を取得したタイプ。3機は-231にウイングレッドが装着されたタイプです。コンフィグはY220とY195の2種類があります。
履歴は2機が直接Airbus社から購入したもの、10機はAsiana航空からのもの、それ以外に最初にANAJA107Aとして使用した機体等があります。


Hl7711-airbus-a321231-1636-190519-nrt
2019/5/19 HL7711

Hl7712-airbus-a321231-1670-190831-nrt3
2019/8/31 HL7712
Hl7713-airbus-a321231-1734-170609-nrt4
2017/6/9 HL7713
Hl7722-airbus-a321231-2041-190519-nrt6
2019/5/19 HL7722
Hl7730-airbus-a321231-2226-170609-nrt3
2017/6/9 HL7730
Hl7731-airbus-a321231-2247-170828-nrt
2017/8/28 HL7731
Hl8213-airbus-a321231-1970-110729-nrt2


2011/7/29 HL8213


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 5日 (土)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その18 エアプサンのA320

Air Busan.svg

エアプサン株式会社は韓国のLCCで、釜山を拠点とするアシアナ航空の系列会社です。2007年12月にアシアナ航空が46%、釜山市が5%、釜山の主要企業14社が49%出資し、設立されました。2008年6月11日、定期運送事業免許を取得、2008年10月27日、釜山~ソウル/金浦線を運航開始しました。
2010年3月29日釜山~福岡、同年4月26日釜山~関西線に就航、7月から成田線にもチャーター便が就航し、2011年6月23日から定期便化しました。
国際線の就航都市は
日本:釜山~札幌、成田、名古屋、関西、福岡 大邱~札幌、成田、関西、福岡、北九州 国際線の31%が日本路線
中国:釜山~青島、西安、張家界、延吉
香港:釜山~香港
マカオ:釜山~マカオ
台湾:釜山~桃園、高雄
グアム:釜山~グアム
ロシア:釜山~ウラジオストク

機材 
Boeing737 7機 
4機のBoeing737-48Eと3機の-58Eで 
カスタマコードが示すようにアシアナ航空に最初、納入された機体、2008年から2013年にかけて同航空会社に移り、2016年までに退役済み

AirbusA320 8機 HL7744, HL7745, HL7753, HL8055*, HL8065**, HL8066***, HL8309****, HL8328***** コンフィグはY162

すべてAirbusA320-232ですが、
無印 アシアナ航空に納入された機体
* LZ-MDAとしてAir Viaに納入された機体
** N676AWとしてAmerica West Airlinesに納入された機体
***N677AWとしてAmerica West Airlinesに納入された機体
****ZS-SZZとして南アフリカ航空に納入された機体
*****ZS-SZYとして南アフリカ航空に納入された機体

Hl8065-airbus-a320232-2422-190831-nrt3
2019/8/31 HL8065 AirbusA320-232 cn2422

AirbusA321 18機これらについては明日の記事で  

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 4日 (金)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その17 Air Seoul

Air Seoul
エアソウル에어서울、Air Seoul, Inc.)は大韓民国の格安航空会社(LCC)で2015年4月7日アシアナ航空により、仁川国際空港、金浦国際空港を拠点に設立されました。2015年12月28日、韓国国土交通部より運送事業免許が授与され、2016年7月11日、金浦~済州間の国内線を運航開始、同年8月30日、日本の国土交通省より、外国人国際航空運送事業の経営許可を取得、同年10月から国際線の運航が開始されました。

就航路線の6割強が日韓路線で、その状況は以下のようになっています。
大阪/関西(週21便) : 2017年9月12日就航
東京/成田(週14便) : 2017年10月31日就航
福岡 (週7便) : 2018年8月27日就航
那覇 (週5便) : 2018年10月21日就航
静岡 (週3便): 2016年10月8日就航
高松 (週7便) : 2016年10月7日就航
広島 (週3便) : 2016年10月20日就航
米子 (週3便) : 2016年10月23日就航
長崎 (週3便) : 2016年10月18日就航,2019年3月31日から6月30日まで運休予定
熊本(週2便) : 2017年10月29日就航
山口宇部(週3便) : 2016年11月28日~2017年3月25日、2017年10月30日~2018年3月24日

ただ、昨今の日韓関係の悪化は会社の経営にも良くない影響を及ぼしているのではと想像されます。

日本以外の路線は


アメリカ合衆国:グアム(週7便): 2017年9月12日就航
香港:(週7便):2017年10月31日就航
ベトナム: ダナン(週3便): 2018年5月18日就航
マレーシア: コタキナバル (週7便) : 2016年10月18日就航
カンボジア: シェムリアップ (週4便) : 2016年10月8日就航
フィリピン: カリボ(週4便): 2017年12月22日就航 (2018年4月26日から10月27日まで期間運休) となっています。

機材は AirbusA321-231が7機でコンフィグはHL7212 (AirbusA321-231WL)のみがY220、あとの6機(HL7789, HL7790, HL8255, HL8266, HL8280, HL8281)はY195です。


Hl8266-airbus-a321231-5350-190831-nrt11
2019/8/31 HL8266 AirbusA321-231 cn5350 
Hl8280-airbus-a321231-5767-190519-nrt3
2019/5/19 HL8280 AirbusA321-231 cn5767


履歴はHL7212は元CDB Aviation(中国)でそれ以外はすべてアシアナ航空の機体です。アシアナ航空はこれまで36機のA321-200を運航していますが、そのうちの16機は現役、20機が離れており、2機は中国のSichuan Airlineshesへ、11機はAir Busanへ、1機(ANAが導入した元JA101Aで売却後、-100からー200にコンバート)はオランダのAer Capへ、6機がAir Seoulに来ています。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 3日 (木)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その16 Airbus A330neoも就航中のエアカラン

Aircalin - Air Caledonie International

エアカランAircalin はフランスの海外領土ニューカレドニアの国際線用航空会社でエア・カレドニア・インターナショナル (フランス語Air Calédonie International)とも言われています。1983年8月にニューカレドニア政府の出資で設立され、オセアニア地域と日本の11都市に就航しています。

保有機材は
AirbusA320-200       2機 C8Y138もしくは150
AirbusA320neo          2機発注中
AirbusA330-200       1機 C24Y242
AirbusA330-900       2機 C26W21 Y244
デ・ハビラント・カナダDHC-6 2機 Y16

就航都市

日本       東京(成田) 大阪(関西)
オーストラリア  ブリスベン、シドニー、メルボルン
メラネシア    フィジーナンディ ニューカレドニア ヌメア バヌアツ ポートビラ
ポリネシア    ニュージーランド オークランド 仏領ポリネシア パペーテ ウォリス・フツナ 

Fohsd-airbus-a330202-cn-507-140802-nrt3
2014/8/2
Fohsd-airbus-a330202-cn-507-170503-nrt18
2017/5/3

F-OHSD AirbusA330-202 cn502 2019年8月に運航から退いた機体の旧塗装と新塗装

Fojse-airbus-a330202-510-170828-nrt2

2017/8/28 F-OJSE AirbusA330-202 cn510

Foneo-airbus-a330941-1937-190831-nrt2 Foneo-airbus-a330941-1937-190831-nrt4

そして2019年8月に納入された最新鋭のA330neo F-ONEO Airbus330-941 エンジンはRR Trent700-72
従来型のA330との識別ポイントはキャノピーの形態と翼端のウイングレットの形態でしょうか

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 2日 (水)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その15 オーロラになる前のウラジオストク航空

Vladivostok Air

このシリーズ8の記事(9/25付け)オーロラという航空会社について触れました。2013年11月にウラジオストク航空とサハリン航空が合併してできた会社ですが、ウラジオストク航空の機体は以前、成田空港で撮影しておりましたので、その歴史とともにここで紹介します。

同社は国営アエロフロート・ソビエト航空のウラジオストク支社として1932年に設立されました。1935年、同市を本部とするソビエト連邦海軍太平洋艦隊が創設され、軍港として重視されるようになり、1938年には沿海地方の州都となり、第二次世界大戦後の冷戦時代には国際都市から、外国人の居住、およびソ連国民の市外居住者の立ち入りすら禁止された閉鎖都市に変貌しました。この間、同地域の外国貿易港はナホトカが代行していました。

1991年12月、ソビエト連邦が崩壊し、閉鎖都市指定も解除されウラジオストク航空も民間旅客航空としての歴史を刻むようになりました。1994年にアエロフロート傘下の国営企業から民営化され、東アジアへの国際線運航を開始し、ロシア国内はもとより諸外国へのヘリコプターのリース、地上サービス、航空貨物、航空燃料販売等も進めていました。路線は日本、韓国(ソウル、プサン)、中国(北京、ハルビン)、香港(就航検討)、ベトナム(ハノイ)、シンガポール(就航検討)とネットワークされ、
日本へは成田国際空港、東京国際空港、関西国際空港、広島空港、岡山空港、旧北九州空港、福岡空港、大分空港、熊本空港、宮崎空港、佐賀空港、鹿児島空港、長崎空港、松山空港、徳島空港、高松空港、高知空港、仙台空港、鳥取空港、出雲空港、南紀白浜空港、石見空港、福井空港、新千歳空港、釧路空港に飛来し、1998年、新潟~ウラジオストク線を開設、2005年にはツポレフTu-204-300型を導入、さらに2007年にはAirbusA320-200型を、2009年春にはAirbusA330-300型をロシアではアエロフロートに次いで導入しました。しかし、アエロフロートのグループ再編入に伴い、オーロラに吸収される形で消滅しました。

合併時点での保有機
ツポレフTu204-300型機 : 6機
エアバスA320-200型機 : 7機
エアバスA330-300型機 : 3機
Yak-40型機 : 3機(順次退役予定)
Mi-8型機 : 11機

Vpbrb-airbus-a320212-528-110729-nrt Vpbrb-airbus-a320212-528-110729-nrt5 Vpbrb-airbus-a320212-528-110729-nrt14
2011/7/29 VP-BRB AirbusA320-212 528

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年10月 1日 (火)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その14 S7航空

250x90
S7(エスセブン)航空はロシア連邦の航空会社で1992年5月シベリア航空として設立されました。本社は当初、ノボシビルスクに置かれていましたが、後にモスクワに移転しました。拠点はノボシビルスク、イルクーツク、モスクワです。

S7は元々IATAの2レターコードでICAOの3レターコードはSBIです。2005年から航空サービス全般に関してS7 Airlinesの商標を用いています。2008年3月には子会社「グローバス(英語版)」を設立し、ロシア国内、ヨーロッパ各地への定期便、チャーター便を運航するようになりました。

2009年5月、ワンワールドに加盟を発表、2010年11月15日に正式に加盟しました。2013年1月から成田~ハバロフスク・ウラジオストック線は日本航空とコードシェア便を飛ばしています。ウラジオストック、ハバロフスク線ではアエロフロート・ロシア航空ともコードシェアを行っており、2018年就航のイルクーツク、ノボシビルスク線でも日本航空とコードシェアを行っています。

現在の運航機材は
Airbus A319-100 20機                Y144
AirbusA320-200 19機 11機発注中        C8Y150
AirbusA320neo 1機 17機発注中          C8Y156
AirbusA321-200 4機               C8Y189
AirbusA321neo                   C8Y195
Boeing737-800 13機 7機発注中 10機OPT     C8Y168
Boeing737MAX8                  C8Y168
Embraier170 17機                  Y78

Vpbog-airbus-a320214-5559-190831-nrt3 Vpbog-airbus-a320214-5559-190831-nrt6
2019/8/31 VP-BOG AirbusA320-214 5559

Vqbrc-airbus-a320214-5106-190519-nrt2
2019/5/19 VQ-BRC AirbusA320-214 5106


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年9月30日 (月)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その13 MIATモンゴル航空

MIAT - Mongolian Airlines

MIATとはモンゴル語のМонголын Иргэний Агаарын Тээвэр の頭文字で意味はモンゴルの民間航空輸送です。
社会主義国であったモンゴルにおいて旧ソ連から贈与されたY-13(ユンカースF.13)が民間・軍事供用の輸送機として1925年5月25日以来、活躍し、1946年には日本製フォッカースーパーユニバーサル(Nakajima Ki-6)7機とPo-2 1機で構成された民間航空運送隊が設立され、国内東部方面の運航が開始されました。
1956年初頭、アエロフロート・ロシア航空の援助により、An-2 5機が到着し、パイロット要員の訓練が開始、7月にはウランバートル~イルクーツク間で初飛行が行われました。1987年、アエロフロート・ロシア航空からリースしたTu-154Bを使用し、国際線の運航を開始、1992年には、かつて全日空から大韓航空に売却されたBoeing727-200を購入あるいは、寄贈され、国際線機材として投入しました。
1993年、100%株式は国が保有するものの、株式会社化され、経営の裁量権を獲得、1998年には騒音基準をクリアするためAirbusA310-300をリースで導入、2002年には老朽化したBoeing727-200の後継機としてBoeing737-800をリースで導入しました。2011年には中国東方航空のBoeing767-300ERをリースで導入、これによりアメリカ主要都市にも乗り入れるようになりました。2014年1月、全株式の49%が公開され、完全民営化が示されました。

Fleet List
Boeing 737-800 4機 C12Y150 EI-CSG EI-CXV JU-1015 JU-1088
Boeing 737MAX8 1機 C12Y150 EI-MNG 運航停止中
Boeing 767-300ER 2機 18C245Y EIーFGN 25C195Y JU-1021(唯一の自社保有機)

Eicsg-boeing-7378as-29922-571-090109-nrt
2009/1/9 旧塗装時代のEI-CSG
Eicxv-boeing-7378cx-32364-1166-190831-nr
2019/8/31 EI-CXV

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年9月29日 (日)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その12 LOT ポーランド航空 B787-9

LOT - Polish Airlines


成田空港でのLOTポーランド航空に関しては以前、2017年7月22日記事で触れました。今回はBoeing 787-8では無くBoeing 787-9による飛来もあるようなので再度、触れました。

Lot-7879-fleet
787-8は8機納入されましたが、787-9は2018年3月から2019年6月にかけて6機納入されています。

Splsb-boeing-7879-38084-694-190519-nrt5 Splsb-boeing-7879-38084-694-190519-nrt10 Splsb-boeing-7879-38084-694-190519-nrt23 Splsb-boeing-7879-38084-694-190519-nrt24
2019/5/19 SP-LSB cn38084 ln 694


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年9月28日 (土)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その11 イベリア航空 Airbus A330-200

Logotipo de Iberia.svg

イベリア航空に関しては拙Blogにおいては”西ドイツDuesseldorf空港で撮影した旅客機の話題”などで何回か触れていますが、成田便に関しては1986年にマドリード、バレンシアから南回りでムンバイ経由で就航を開始、1987年にアンカレジもしくはモスクワ経由に、1990年にモスクワのみとなり、その後、直行便化されました。まさに当時の長距離用旅客機の航続距離を反映した変化でした。しかし、経営状態の悪化などで1998年12月日本路線からは撤退しました。

イベリア航空はブリティッシュ・エアウェイズともに持株会社International Airlines Group (IAG)の統括下にあり、同社の主導で2015年頃には経営状態が改善し、同年7月31日には新機材Airbus A330-200, A350-900XWBの発注を発表、これらを使用してアジア、アフリカ、アメリカ大陸への新路線の開設が表明され、2016年10月18日、東京便週3便が再就航となりました。2018年10月21日到着便から週5便体制となりました。

IB6801 マドリード(13:00)→成田(翌日10:45)運航日:火木金土日
IB6800 成田(12:20)→マドリード(18:35)運航日:月水金土日

Iberia-a330200-fleet-list_20190927191301
イベリア航空の東京便機材、A330-200のFleet List

2013年から2014年にかけて導入された8機はコンフィグはC36Y242でした。2016年から導入された15機はコンフィグがC19Y269となり、W21Y293というタイプの機体も3機あります。

Ecmil-airbus-a330202-1694-170529-nrt2
2017/5/29 EC-MIL
Ecmki-airbus-a330202-1719-170828-nrt
2017/8/28 EC-MKI
Ecmlp-airbus-a330202-1740-190519-nrt4
2019/5/19 EC-MLP

すでにAirbusA350-900XWBも5機受領済みとのことでいずれ成田便にも就航するのではと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年9月27日 (金)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その10 Boeing 787-9 KLM

KLMオランダ航空といえば、かつてはBoeing747-400、Douglas DC-10-30、MD-11などで成田に乗り入れ、最近はもっぱらBoeing777-200ER、-300ERでしたが、747-400は 年までに全機退役する予定でそれに代わってBoeing787-9、-10さらにAirbusA350-900が導入されるといいます。またMD-11はKLMが最後まで旅客型を運航していました。

2019年5月19日の成田訪問ではBoeing 787-9に遭遇しました。


787-fleet-list
このリストのように現時点ではー9が13機、-10が1機ですが、-10は7機オーダーしています。各機体に付けられた名前が花の名前というところがオランダらしさを感じます。

Phbhe-boeing-7879-38765-412-190519-nrt3  Phbhe-boeing-7879-38765-412-190519-nrt9 Phbhe-boeing-7879-38765-412-190519-nrt19


  Phbhe-boeing-7879-38765-412-190519-nrt22 2019/5/31 PH-BHE Boeing 787-9 cn38765 ln 412



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年9月26日 (木)

2019/8/31 久しぶりの成田空港 その9 殆ど見ることが無くなったBoeing747-400 旅客型 China Airlines

以前はJALが世界最大にBoeing 747オペレーターだったこともあり、成田空港ではBoeing 747をよく見ましたが、最近は747-8を運航しているルフトハンザ・ドイツ航空も羽田に移ってしまい、旅客型は殆ど見ることが無くなってしまいました。そんな中で台湾のChina AirlinesはまだBoeing 747-400型で成田に乗り入れているようです。

China Airlines

Fleet listによると同社は60機のBoeing 747 をこれまで運航しており、その内訳は
Boeing747-100            2機 退役済み
     -200B            1機 2002年5月、金属疲労による空中分解事故 B-18255
     -200B(SF)貨物機コンバート 11機 退役済み
     -SP             4機 退役済み
     -400            1機 1993年11月香港でオーバーラン事故
     -400F            5機 退役済み
                    18機 現役 
     -400             2機 解体済み
                    12機 退役済み
                     4機 現役

China-airlines-b747400_20190925191501  
今なお現役で活躍中の China Airlines Boeing 747-400 Fleet List  

B18212 B18212-2 B18212-3    

2019/8/31 B-18212 Boeing 747-409   

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

«2019/8/31 久しぶりの成田空港 その8 ロシアの航空会社オーロラ

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村