2019年3月14日 (木)

2018年10月の関西旅行 JR王寺駅

2018年10月の関西の旅、2日目は近江鉄道、信楽高原鐡道に乗車した後、草津線、東海道線、奈良線、関西本線と乗り継ぎ、奈良から王寺に向かいました。

181006 2018/10/6 関西本線(大和路線)のホームの駅名標

181006_2 和歌山線ホームの駅名標

王寺駅はJR西日本と近鉄が乗り入れている奈良県有数のターミナル駅で、JR西日本は関西本線と和歌山線、近鉄は生駒線、田原本線が乗り入れており、田原本線の駅は新王寺となっています。同じ会社の2路線が乗り入れていますが両駅は直線距離で100m程離れており、改札は別々、駅名も違う点がユニークです。尤も、近鉄田原本線の反対側のターミナルも西田原本駅として橿原線の田原本駅から西に離れた場所に存在していますが。

王寺駅は1890年12月27日、初代の大阪鉄道が奈良~王寺間を開業した際に終着駅として開業しました。1891年2月8日には大阪鉄道は稲葉山仮停車場(現、三郷(関東には「みさと」という駅がありますが、こちらは上の写真のように「さんごう」です)まで、さらに3月1日には高田まで延伸(現在の和歌山線)ました。1900年6月6日関西鉄道が大阪鉄道の路線を承継したため、王寺駅も関西鉄道の駅となりました。その関西鉄道も1907年10月1日に国有化され、国有鉄道の駅となりました。1909年10月12日、線路名制定で関西本線所属駅となりました。

181006_4 ホームにある信貴山の鳥居のレプリカ

わたしの個人的体験では1976年3月、大学2年の春休みでしたが家族で奈良県、和歌山県を旅行し、初日は奈良市内を見学、市内の旅館の泊り、奈良から国鉄で王寺に、王寺駅で駅弁(ご飯とおかずが分けられたタイプ)を購入し、和歌山線で橋本へ、さらに高野山に向かいました。

181006_3 2018/10/6 王寺駅の電留線

王寺駅の歴史で一番印象に残っているのは1982年8月の台風10号による集中豪雨で大和川が氾濫し、構内の電留線が水没、停留中だった101系6両編成10本60両と113系40両が被災し、101系54両が廃車になったことです。このため、首都圏で廃車待ち状態だった中原電車区の101系(カナリア色)54両が急遽、関西に送られ、また車両不足に対処するため、和歌山線にはDE10牽引の50系客車列車が運転されたそうです(情報はこちら)。

201_136_181006 2018/10/6 3番線ホームの関西本線・大和路線 201系 ND612編成

105_tc5_181006_2 2018/10/6
5番線ホームで出発を待つ103系1000番台改造の105系 SW008編成

117_320_181006 2018/10/6 和歌山線方面から王寺駅に到着する117系 SG005編成
以前、和歌山の117系を紹介したときとは違い完全に単色の塗装です。

221_04_181006_2 電留線で休む221系 NA421編成

わずか1時間程度の滞在の間にJR西日本の国鉄型車両を見ることが出来るのも今の王寺駅の特徴かもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年3月 7日 (木)

2018年10月の関西旅行 JR奈良線 その1

2018年10月の関西旅行では、京都から奈良まではJR奈良線を利用し、奈良から王寺まで行き、近鉄田原本線の車両を撮影しました。そこで今回からの記事では国鉄、JR奈良線について触れてみようと思います。以前、103系シリーズで一度奈良線で活躍中の103系に触れており、そのときの内容と重複します。

奈良線、桜井線などを建設、運営した奈良鉄道の紋章

120913_2 2018/10/6 奈良線ホームの駅名標
奈良線のラインから―である茶色となっています。

奈良線は木津を起点に京都までの路線距離34.7km、部分的に複線の単線電化路線(幹線)です。駅数は両端駅を含めて19で、京都から木津方面が下りとなっており、運用は関西本線奈良駅まで乗り入れています。また、木津駅も京都府であることから奈良線とは言え、全線京都府内の路線です。

181006 2018/10/6 京都駅は8~10番線が奈良線ホームとなっています。

1879年8月18日、官営鉄道(東海道本線の一部区間)として京都~稲荷~大谷間(13.09km)が開業しました。後にこの区間は奈良線に

1895年9月5日、奈良鉄道が京都~伏見間を開業、同年11月3日、桃山まで延伸 (後にこの区間は近鉄京都線に)
1896年1月25日、玉水まで、同年3月13日木津まで、同年4月18日、奈良まで開業し全通
1897年4月1日 京都駅を七条駅に改称
1905年2月7日、路線を関西鉄道に譲渡
1907年10月1日 関西鉄道が国有化
1908年8月1日 七条駅を京都駅に統合
1909年10月12日 線路名制定で京都~木津間が奈良線、木津~奈良間は関西本線に

181006_jr

181006_jr_2 京都からJR藤森までは複線ですが、ここから先は単線となります。

1921年8月1日 京都~伏見間が廃止され、伏見~桃山間の旅客営業が廃止となり、東海道本線の京都~稲荷間が奈良線になりました。さらに稲荷~桃山間に新線が開業しました。

1928年11月15日 伏見経由の旧線の廃線跡を利用して奈良電気鉄道が京都~桃山御陵前間を開業 同年11月3日には桃山御陵前~西大寺まで開業しており、大阪電気軌道の西大寺~奈良間に乗り入れして京都~奈良間が全通しました。

奈良電気鉄道が京都~奈良間に電車を走らせてからというもの、非電化の奈良線は、運行頻度や所要時間の上で勝負にはならず、直通需要が大きく奪われました。

105_841207_2
105_841207 1984/12/1 京都駅 電化直後の奈良線電車 105系
105系オリジナル顔と常磐緩行線103系1000番台から改造されたクハ105が活躍していました。
1994年9月4日、関西空港の開港日ですが、この日で奈良線から105系は退き、桜井線、和歌山線運用のみとなりました。

113_840325 関西本線色の113系
和歌山線の運用ですが、これと同じタイプの車両が奈良線でも活躍していました。

1955年2月15日に全列車が気動車に、1975年12月19日、自動信号化、1982年3月CTC導入、1984年10月1日に漸く京都~木津間が電化されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年6月 1日 (木)

下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その4 車両検修施設

2016年10月15日土曜日、幡生駅そばの下関総合車両所で開催された「鉄道ふれあいフェスタ2016」に関しては、これまで

プロローグ 2016/10/18
その1 カープ応援ラッピングトレイン 2016/11/24
その2 EF65 1124号機 2016/12/29
その3 クモハ42001 2017/2/10                          と記事にして参りました。

105_k04_161015
105_k04_161015_3 2016/10/15 検査入場中の105系K04編成 クモハ105-18
ちなみに105系は下のように広ヒロと広セキに配置されており、K編成(K7,8以外)は広ヒロ(可部線、呉線用)です。

今回は車両検修施設の様子に触れようと思います。

ここは国鉄時代は幡生工場と言われ、現在は西日本旅客鉄道、広島支社直轄の総合車両センターです。

JR西日本における地域性を考慮した車両検修職場として金沢総合車両所、後藤総合車両所、網干総合車両所に次いで4番目の在来線総合車両所として2009年6月1日、下関地域鉄道部下関車両センター、下関車両管理室、山口鉄道部車両管理室(旧小郡運転所)が統合され発足しました。

105_k04_161015_2 クレーンによる車体吊り下げ

業務は広島支社管内および一部他支社の在来線車両(電機、ディーゼル機関車、電車、気動車、客車)の全般検査、重要部検査、交番検査、仕業検査などの検修および改造を行い、閉鎖された鷹取工場に代わってJR西日本で廃車となった車両の解体を行っています。

車両基地は下関駅の門司より、大和町2丁目15番1号にある、運用検修センター(かつての下関運転所)と新山口駅構内の東側、山口市小郡下郷124にある新山口支所(かつての小郡運転所)、そして天神川駅~広島駅間、広島市東区の広島支所(かつての広島運転所)からなります。

配置車両は

電車
下関 105系 123系 115系 42系 145系
広島 105系 113系 227系 145系

気動車
下関 キハ47形
新山口 キハ40形 キハ47形 キハ120形
広島 キハ47形 キハ120形

機関車
下関 EF65形 DD51形 DE10形

客車
新山口 12系 (近々新製された35系も加わるそうで)
広島 マニ50形

貨車
新山口 チキ5200形 ホキ800形

22161015 近ナラの221系も入場中でした。

221_161015 普段目にすることのない221系の中間連結器
221系の入場は平成25年から開始された延命工事をこちらで担当しているためかと思われます。

当日の検修庫内にはEF65、105系などの配置車両が検査を受けていましたが、関西地区で活躍する221系が検査を受けているのも見ることが出来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年10月18日 (火)

下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 prologue

毎年、鉄道の日「10月14日」の前後にはいろいろな鉄道会社が車両基地の公開イベントを開催します。わたしもこれまで関東地方を中心に各社のイベントに参加して参りました。

今年からは週末の休みが多くなったこともあり、関東地方以外のイベントにも参加してみようということで、まずは10月15日土曜日 幡生駅そばの下関総合車両所で開催された「鉄道ふれあいフェスタ2016」に参加してきました。今回の記事はまずprologueとして全体の概要を紹介し、次回から個々のトピックについて触れてゆこうと思います。

161015

まずは往路復路ですが、今回は”経費節約弾丸ツアー”で新宿~小倉の高速夜行バスを往復とも利用しました。

この4月4日に開業した新宿バスタから21:00発の高速夜行バスに乗り、当初は小倉まで乗車し、JRで幡生まで戻る予定でしたが、新山口駅にも停まるとのことで、予定を変更して、新山口駅下車、JR山陽線を乗り継いで幡生駅に向かいました。そのため、到着は1時間半ほど早くなりました。

A
B 2016/10/15 会場入口で配布されたパンフレット

Hm_161015 HM風のポスター

イベント会場では2時間ほど見学しました。

115_l08_161015 115系L-08編成

25年ぶりのリーグ優勝、そしてクライマックスシリーズファイナルも勝ち抜け、日本シリーズでは日本ハムファイターズとどういった戦いをするかが楽しみな広島カープの応援電車も展示されていました。

42001_161015 クモハ42001 

宇部線・小野田線に1957年に転属後、42005,42006とともに小野田線本山支線用として活躍、42005はJRに継承されず、42006も2000年に廃車されるも、42001は2003年3月14日の運転を最後に引退はしましたが、このように毎年のイベントでは公開されており、車籍も残っているようです。

Ef65_1124161015 EF65 1124号機

昨年のトワイライトエクスプレス引退後、山陽線関係の臨時列車牽引のためか、それまでの特急色からトワイライト塗装に変更され、話題をさらった機関車でした。関東のファンとしてはこの機関車が展示されるのもはるばる幡生まで足を運ばせた大きな動機になりました。HMは時間ごとに何種類か付け替えられていました。

227_s14_161015 227系 S14編成 RedWing

115系3000番台以来、32年ぶり(広島カープの優勝より長い)2015年3月14日のダイヤ改正より、広島地区で運行を開始した新形式です。

105_k04_161015 105系の車体つり下げ実演

下関総合車両所は他のJR工場に較べても車両の担当範囲が広く、電車、気動車は言うの及ばず電気機関車、ディーゼル機関車の検査、改修、改造を行っています。

幡生から下関、門司を経由して門司港へ、まずは平成筑豊鉄道北九州銀行レトロライン「潮風号」トロッコ列車で、九州鉄道記念館駅から関門海峡めかり駅へ、EF301号機や関門海峡の潮の流れを見た後、門司港まで引き返し、2004年10月以来の九州鉄道記念館を再訪、門司港駅周辺の門司港レトロ地域を見学した後、小倉駅へ。

小倉駅から復路の高速夜行バスに乗車し、朝10時の予定を約1時間早く9時過ぎに新宿バスタに戻りました。一橋学園の家までも40分ほどで到着しました。

ということで、
1) イベントでの展示内容 
   広島カープ応援電車 
   クモハ42001 
   EF651124号機 
   227系
   105系つりさげ など
2) レトロライン「潮風号」について
3) 新宿~小倉間の夜行高速バスの旅
4) 関門海峡、和布刈公園  などについて触れてゆこうと思います。

10月22日にはJR貨物広島車両所の公開がありますね。今年は新利府の新幹線車両基地公開に参加予定なので、来年訪問したく思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年9月15日 (木)

紀勢本線 和歌山~和歌山市間 種々の和歌山周辺で活躍中の105系編成

以前、101系の廃車発生部品を再利用して登場した車両の紹介や常磐緩行線で活躍した103系1000番台の転用の話題、奈良線の103系の話題、広島地区で活躍した105系の話題でも登場しましたが、今回の訪問で撮影した車両の写真を加えて、再度、和歌山周辺で活躍中の105系について触れようと思います。

105_tc501_120317_3 2012/3/17 高田 SW001編成 クモハ105、クハ104ともに-501の編成

2009年11月29日から運行を開始した2編成目の「旅万葉」ラッピング車です。万葉集がテーマで藤原鎌足、柿本人麻呂、額田王、大伴家持、大伴旅人、山上憶良、の画と歌が描かれています。

105_w11_120317 2012/3/17 桜井 SW011編成 クモハ105-519とクハ105-9による編成

105519_080226

1059_080226 2008/2/26 和歌山 SW011編成のオリジナル塗色時代

105_sp002_180903 2016/9/3 和歌山 SP002編成 クモハ105、クハ104ともにー504の編成

105_sp002_160903
SP002編成のクモハ105-504はダブルパンタです。

2016/9/3 和歌山 SP002編成
ここまで登場した編成は103系時代のグローブタイプのベンチレータで冷房機はクモハの屋根上とクハの床下にバス用タイプの簡易冷房装置WAU202が搭載されています。

105_sw010180903 2016/9/3 和歌山 昨日の記事で取り上げたSW010編成

この編成の冷房装置はクモハは集中式、クハは分散式です。

105sw004_160903
105sw004_160903_2 2016/9/3 和歌山 クモハ105、クハ104とも-506のSW004編成です。

NHK大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地をアピールするために2016年3月1日から運行を開始したラッピング編成です。運転は12月までだそうです。

この編成の冷房装置は両方ともAU75です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年9月14日 (水)

紀勢本線 和歌山~和歌山市間 SW010編成について

昨日の記事で紹介した紀勢本線和歌山市~和歌山間、紀伊田辺~新宮間、和歌山線、桜井線などに投入されている105系の話題です。

所属は吹田総合車両所日根野支所新在家派出所で24編成、48両が所属しています。現在、同所には105系以外に117系4両編成も5本所属しています。場所は和歌山線の和歌山~田井ノ瀬間の線路の北側にあり、かつては和歌山機関区、新和歌山車両センターと言われ、C57形,C58形蒸気機関車や特急「くろしお」用キハ80系、キハ28/58系、キハ30系が所属していました。

Swsp

図1 103系1000番台から改造のクモハ、クハで構成される105系編成(SW010)以外

Sf 図2 新造105系で構成されるSF編成

105系に関しては以前、広島可部線の話題で紹介しましたが、こちらにはクモハ105-500番台クハ104-500番台、いずれも4扉のモハ103/102-1000番台から改造されたもので、クモハは新造車に準じた運転台の取り付け(32両)、クハは電装解除、台車は101系廃車発生品のDT21T台車に交換、運転台は新造車に準じたものが取り付けられた(10両)の編成と、クモハ105-500番台とクハ103-1000番台から改造されたクハ105-0番台(14両)の編成がいます。ただ、何度か紹介しましたが、クハ105-7の編成は桜井線の踏切事故でクハ105-7が廃車となり、モハ103-385を電装解除し、クハ105-7の運転台を切り継いで製造されたクハ104-551に置き換えられています。

105_104551160903 クハ104-551を先頭にした105系SW010編成
顔はすでに亡いクハ105-7由来、その後ろにモハ102-385の車体とといったクハです。

105_104551160903_2

今回の関西訪問ではそのクハ104-551を含む編成が和歌山~和歌山市間の運用に入っていました。以上がSW,SP編成で、桜井線、和歌山線、紀勢本線(和歌山市~和歌山間)の運用に入っています。

105_104551_160903 ワンマン化対応がなされている運転席周辺

紀勢本線(新宮~紀伊田辺)間の運用には新造3扉のクモハ105-0番台、クハ104-0番台のSF編成が活躍中です。

105_104551_160903_2
105_104551_160903_2_2 また、将来起こりうるとされている南海トラフ地震による津波対策の装備が車内に備え付けられているのも印象的でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年9月13日 (火)

紀勢本線 和歌山~和歌山市間 路線の紹介

先の阪和線羽衣支線に続いて2016年9月2日から4日の関西旅行に関する記事です。

今回触れるのは紀勢本線和歌山から和歌山市までの区間です。

紀勢本線は三重県の亀山駅から新宮駅までがJR東海の管轄区間で非電化区間、新宮からはJR西日本の区間で直流電化されており、和歌山駅で阪和線に接続しています。関西地区と紀伊半島を地区を結ぶ特急も阪和線から紀勢本線に直通しています。

160903_4 和歌山駅ホーム 2016/9/3

一番奥が紀勢本線から阪和線方面、オレンジ色の駅名標が阪和線折り返しホーム、蒼い駅名標か阪和線から紀勢本線直通列車用ホーム
あと、ベンチの設置方法が関東では見られない枕木方向向きです。これは旅客のホームへの転落を防ぐためとのことです。

160903 2016/9/3 和歌山
阪和線を経由して天王寺方面に向かう列車と違って和歌山市行きの列車は最も東側の8番線から発車します。

一方、和歌山~紀和~和歌山市の区間は電化されていますが、単線で運転頻度も低く、しかも和歌山市駅構内から分界点まで約1.0kmは南海電鉄の所有であり、用地がJR西日本に貸与されています。そんなわけで、和歌山~和歌山市区間は紀勢本線の中でも”忘れられた区間”的存在かと思います。

160903_2 和歌山市方面 時刻表
和歌山線、粉河、橋本方面と同じ105系が投入されています。日中、9時台から15時台は1時間に一本です。

160903_3 運賃表

ワンマン運転で車内に運賃表がありますが、桜井線、和歌山線などと共通運用であることがわかります。

105_m82_160903 105系 M82編成
明日の記事で詳しく触れますが、この日和歌山~和歌山市間に投入されていた105系編成です。

8番線から出発した2両編成の105系は阪和線と併走し、高架橋をくぐるまでは和歌山線の線路と共用の線路を走ります。次第にカーブして、阪和線をくぐり、高架橋を上り、紀和駅に到着します。ここは1968年まで和歌山駅と称しており、現在の和歌山駅は東和歌山駅でした。

紀和駅を出ると高架線を下り、右手から南海線が合流し、分界点を通過して和歌山市駅に到着します。かつては南海線から南紀方面への列車が現在も非電化の渡り線を介して運転されていましたが、今は甲種回送でのみ使用されています。

Jr_160903 南海の南のターミナルの片隅に入線したという感じの和歌山市駅

160903_5 柵の向こうには南海加太線の電車

160903_6 本線 特急サザンの姿も

明日は車両の紹介です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年9月 4日 (日)

速報 関西方面旅行中 2 貨物列車、環状線、阪和線他

9月3日は、まず千里丘で東京方面、九州方面から関西にやってくる貨物列車、さらに大阪ターミナルに向かう列車、回送機関車の単機重連を撮影しました。

Ef66_30_160903 EF66 30 1089レで東京ターミナルから吹貨東に到着後、機関車を東京方に付け替え発車待ち

Ef66_30_160903_2 6:05 大阪ターミナルに向けて出発

Ef210107ef66_30ef210135_160903 7:09にEF210-107、-135と単機三重連1482レで戻って来ました。

Ef5108_160903 6:21 百済に向かった4070レはEF510-8の牽引でした。

Ef510508_160903 6:56 新潟からの4058レが508号機の牽引で吹貨東に到着、

Ef510508_160903_2 機回しを行い、

Ef510508_160903_3 大阪ターミナルに向けて出発

これ以外に6:01には
Ef20019ef510515ef65_2093_160903 EF200-19+EF510-515+EF65 2093による単機三重連1480レも通過しました。

その他、EF210牽引の貨物が多く通過しましたが、中でも300番台牽引の貨物、この時間帯では3050レで大阪ターミナルに向かい、その折り返しの73レ

Ef210301_160903 EF210-301

以前は京都方面からの「はるか」と大阪ターミナルからの列車が同時にやってくることはありませんでしたが、線形の改良で危うく被られるところでした。

旅客の方は、321系、207系の各停、221系、223系、225系の新快速、683系、287系、683系改造の289系など多数撮影しました。最近、連結面に乗客が転落する事故を受けて、前面にミニ壁を設置した車両を見ますが、どうもデザイン的に?ですね。

千里丘の貨物列車の通過が一段落してから、環状線に場所をかえ、まずは福島駅で撮影を試みました。面白かったのは

Boeing_777281_ja8967_160903
通常は新大阪駅上空を通過するはずの伊丹空港アプローチ機ですが、九州に台風が接近する状態のため、大阪空港のRWYが滅多にない北側からの着陸方式となり、福島上空から、空港を右下に見て、山の手前で旋回するアプローチ方式を採っているため、撮影できたのかと思われます。

103_103848_160903 103系 クハ103-848 OSAKA POWER LOOP

103_103841_160903 103系 クハ103-841 OSAKA POWER LOOP

201_20090_160903 クハ200-90 USJ

201_20190_160903 クハ201-90 USJ  4枚とも福島

福島、野田、新今宮で撮影した後、阪和線へ、

103_103800_160903 クハ103-800

103_103261_160903 クハ103-261

さらに鳳からの羽衣支線では

103_1032503_160903
片町線木津電化で登場したクモハ103-2503が3連の先頭で頑張っていました。

東羽衣から歩いて数分の浜寺公園内にある交通遊園を訪問し、保存されている

D51_469_160903
D51 469号機と

121130_160903
阪堺 モ121型130号を見学

さらに和歌山まで足を伸ばし、和歌山~和歌山市間の運用に就いていた

104551_160903 105系の珍車 クハ104-551

105_104551_160903

これまで何度か話題にしてきたクハ105-7の事故廃車で急遽、同車の運転台と電装解除されたモハ102-385から改造された車両に逢うことができました。

105_m92_160903
さらにNHK大河ドラマ「真田丸」のラッピングを施した105系SW004編成とも遭遇しました。

予想外に古い車両に遭えたり、これまでどうしても遭えなかった車両に逢え、コンプリートで来たり、実に有意義な一日でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年5月19日 (木)

広島・四国西南部旅行 広島編 その4 可部線 part2 活躍した車両たち 103系part1

2014年12月の旅行で訪問した可部線の話題、今回は同線で活躍した103系の話題です。

103_b01_040903 2004/9/3 広島
いわゆる瀬戸内色を纏った4連103系 B01編成

103_e04_040903 2004/9/3 広島 
下に記述されている2003年度、宮原からスカイブルーのまま転入した編成

103系は別のシリーズでも展開しており、広島地区の話題もいずれはと思っていましたが、こちらの話題で取り上げた方が良いかと判断し、先に触れることにしました。

まずはいつも参考にさせて頂いている毛呂信昭氏の「103系物語」から広島地区への103系投入の歴史を調べてみると、

1)1992年5~6月にかけて、奈良、日根野、淀川区から下関運転所に4連4本が転入しました。塗色は瀬戸内色となり、山陽本線広島~下関間で運転が開始されました。海田市から呉線経由で呉までの運用もありました。

2)1993年3月の改正で広島運転所に転入、合わせて宮原区から4連2本が転入し、6本で由宇~呉線経由で糸崎までの運転が開始されました。

1
1993年 ジェーアールアールのJR電車編成表による広ヒロ 103系編成表データ

6本のうち、4本は両端両渡りクハによる編成、2本はクモハ103を含む編成でサハは片町線増結編成用として登場した方向転換サハ102形5000番台を再改造した付随車サハ102形で13両改造されたうちの2両が入っていました。

3)1993年、淀川、明石区から36両が転入し、4連15本体制となり、このときはじめて臨時列車で可部線古市まで入りました。

4)1994年度には明石区から4連6本が転入しました。同年8月20日の改正から、可部まで入るようになりました。

5)1995年度、日根野区に3両、淀川区に1両、転出、宮原区から4両転入しました。1996年3月16日の改正で広島~呉間ノンストップ運用が開始されました。

6)1997年度、日根野区へ9両、宮原運転所へ1両、森ノ宮区へ1両が転出、廃車1両で12両が減少

7)2001年度、4連3本を3両化、ワンマン化改造、T'(サハ102)は運用外に。2002年3月23日の改正から、呉~広島間でワンマン運転を開始。

8)2002年度、運用外のT'3両が宮原運転所、日根野区に転出。10月5日から、山陽線瀬野まで運用開始。

9)2003年度 宮原から4連1本がスカイブルーのまま転入。

2 2002年夏 ジェーアールアール編成表データによる2002年当時の広ヒロの103系

103_d01_040903 2004/9/3 広島
クモハ103-48、WAU102冷房装置付きのD01編成

この頃の4連でAU75タイプの冷房装置搭載の編成はB編成、WAU102タイプの編成はE編成、クモハ103を含む3連編成はD編成となりました。

クモハ103-2501は片町線木津電化開業用にモハ103ー248を先頭車化改造したもので分割併合用に電連を装備し、5000番台を名乗っていました。広島転出に合わせて電連は撤去され、番号は5002から2501に、変わりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年3月25日 (金)

広島・四国西南部旅行 広島編 その4 可部線 part2 活躍した車両たち 105系

2014年12月の旅行で訪問した可部線の話題、今回は可部線で活躍を開始した105系のその後です。

105_k09_040903 2004/9/3 広島

下の変化の過程で分かるようにK9編成のクハは配置当初はクハ103-73から改造のクハ105-101でした。

105_k09_040903_4 2004/9/3 広島

国鉄時代に105系として製造、もしくは改造された車両は1987年4月の分割民営化でJRに継承されました。JR西日本へ継承されたクルマではクハ105-7が桜井線で1989年11月、ダンプカーとの踏切事故で廃車となりましたが、その分はモハ102-385を電装解除、先頭車化改造し、クハ104-551として穴埋めし、121両体制で2005年まで継続されてゆきました。

可部線の105系は下関総合車両所広島支所(広ヒロ)所属で、可部線の他、呉線、山陽本線(糸崎~三原、海田市~横川)が守備範囲となっています。

編成の歴史を各年代の編成表で見てみると

Photo 105_k13_141219
105_k13_141219_4 2014/12/19 可部

1両しかいないクハ104-600番台のK13編成

サハ103-66に新造車に準じた運転台を取り付け改造された車両です。

105_k11_141219 2014/12/19 可部

105_k12_141219_3
105_1051_k12_141219 2014/12/19 広島

クハ105-1を先頭にしたK12編成

105_k01_141219_2 2014/12/19 天神川

こちらは3扉車のグループ K1編成

105_k04_130322 2013/3/22 糸崎

糸崎で休むK4編成 あとから取り付けられたWCでクハ後方の側面の窓が潰されています。

2015年冬版のJRR編成表のデータによれば地域別車体塗色一色化も進んでおり、
K1 2011/6/27
K2 2011/5/18
K4  2013/2/19
K5  2010/3/9
K6  2010/8/17
K8  2013/5/17
K9  2013/12/3
K11 2013/10/8
K12 2012/2/16
K13 2012/5/16
K14 2012/7/9      いずれも下関で施行されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村