2019年3月 7日 (木)

2018年10月の関西旅行 JR奈良線 その1

2018年10月の関西旅行では、京都から奈良まではJR奈良線を利用し、奈良から王寺まで行き、近鉄田原本線の車両を撮影しました。そこで今回からの記事では国鉄、JR奈良線について触れてみようと思います。以前、103系シリーズで一度奈良線で活躍中の103系に触れており、そのときの内容と重複します。

奈良線、桜井線などを建設、運営した奈良鉄道の紋章

120913_2 2018/10/6 奈良線ホームの駅名標
奈良線のラインから―である茶色となっています。

奈良線は木津を起点に京都までの路線距離34.7km、部分的に複線の単線電化路線(幹線)です。駅数は両端駅を含めて19で、京都から木津方面が下りとなっており、運用は関西本線奈良駅まで乗り入れています。また、木津駅も京都府であることから奈良線とは言え、全線京都府内の路線です。

181006 2018/10/6 京都駅は8~10番線が奈良線ホームとなっています。

1879年8月18日、官営鉄道(東海道本線の一部区間)として京都~稲荷~大谷間(13.09km)が開業しました。後にこの区間は奈良線に

1895年9月5日、奈良鉄道が京都~伏見間を開業、同年11月3日、桃山まで延伸 (後にこの区間は近鉄京都線に)
1896年1月25日、玉水まで、同年3月13日木津まで、同年4月18日、奈良まで開業し全通
1897年4月1日 京都駅を七条駅に改称
1905年2月7日、路線を関西鉄道に譲渡
1907年10月1日 関西鉄道が国有化
1908年8月1日 七条駅を京都駅に統合
1909年10月12日 線路名制定で京都~木津間が奈良線、木津~奈良間は関西本線に

181006_jr

181006_jr_2 京都からJR藤森までは複線ですが、ここから先は単線となります。

1921年8月1日 京都~伏見間が廃止され、伏見~桃山間の旅客営業が廃止となり、東海道本線の京都~稲荷間が奈良線になりました。さらに稲荷~桃山間に新線が開業しました。

1928年11月15日 伏見経由の旧線の廃線跡を利用して奈良電気鉄道が京都~桃山御陵前間を開業 同年11月3日には桃山御陵前~西大寺まで開業しており、大阪電気軌道の西大寺~奈良間に乗り入れして京都~奈良間が全通しました。

奈良電気鉄道が京都~奈良間に電車を走らせてからというもの、非電化の奈良線は、運行頻度や所要時間の上で勝負にはならず、直通需要が大きく奪われました。

105_841207_2
105_841207 1984/12/1 京都駅 電化直後の奈良線電車 105系
105系オリジナル顔と常磐緩行線103系1000番台から改造されたクハ105が活躍していました。
1994年9月4日、関西空港の開港日ですが、この日で奈良線から105系は退き、桜井線、和歌山線運用のみとなりました。

113_840325 関西本線色の113系
和歌山線の運用ですが、これと同じタイプの車両が奈良線でも活躍していました。

1955年2月15日に全列車が気動車に、1975年12月19日、自動信号化、1982年3月CTC導入、1984年10月1日に漸く京都~木津間が電化されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年2月 1日 (金)

2018年10月の関西旅行 JR西日本編5 草津線

2018年3月、10月、11月と関西旅行しましたが、9月の旅行では近江八幡に泊り、JR草津線、JR関西本線、近江鉄道、信楽高原鉄道、JR奈良線、伊賀鉄道などにも乗車しました。今回からの記事ではこれらの鉄道について触れようと思います。

120315 2012/3/15 柘植駅駅名標と草津線113系

160902 2016/9/2 草津駅駅名標

草津線は三重県の柘植駅(関西本線)から滋賀県の草津駅(東海道本線)を結ぶ路線距離36.7km、駅数11(起終点駅を含む)の全線単線の電化路線(幹線)です。


関西鉄道の紋章

開業は1889年12月15日で大津と名古屋を結ぶ関西鉄道の最初の路線として草津~三雲間が開業しました。1890年2月19日には三雲~柘植間が開業し、全通しました。1898年4月19日、加茂~大仏間が開業し、こちらが本線となり、柘植~草津間は支線となりました。

D51_403_160902_6 2016/9/2 手原稲荷公園に保存されているD51403号機

1969年11月23日、東海道本線の複々線化に際して草津駅のアプローチに乗り越え交差が完成しました。1972年それまで活躍していたD51,C57,C58などの蒸気機関車が引退し、無煙化が完成しました。その後、DD51が投入され、気動車が走っていましたが、1980年3月3日に全線電化されました。電化以前は気動車以外に、蒸気機関車やディーゼル機関車牽引の客車列車が走っており、それらは東海道、関西本線に直通していました。

同線の優等列車は歴史を遡ると1953年3月に姫路~鳥羽間を1往復する快速列車が嚆矢となり、1955年には京都~鳥羽間の準急「鳥羽キハ55系も走り出し、1963年10月には「志摩」と改称、快速も「志摩」に統合され、1966年3月には急行に格上げされました。しかし、ライバル近鉄が1966年12月から京都~伊勢間の京伊特急を走らせ始めると、乗客は近鉄に流れ、国鉄としては有効な対策が打てず、1986年11月のダイヤ改正で「志摩」は廃止されました。

113700_740929 1974/9/29 京都
湖西線開通間もないころ、投入された113系700番台

113_l3_101207 2010/12/7 桂川 113系L3編成 カフェオレとカボチャの混色編成

113_l17_160902 2016/9/2 手原 113系L17編成

それ以来、草津線の列車は各駅停車のみとなり、車両は吹田総合車両所京都支所(かつての向日町)の113系、117系、221系、網干総合車両所本所の223系1000番台、2000番台、225系などが活躍しています。

湖西線開業、草津線電化時に投入された113系700番台、2700番台が依然として主力として活躍しています。塗色はカフェオレから上の写真のような地域一色になってきています。またL6編成は2017年2月からSHINOBI-TRAINとして忍者の里を意識したラッピング塗装となっています。私も9月の旅行で目撃しましたが、記録は出来ませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年1月 9日 (水)

41年ぶりの身延線甲府~富士間の旅 その6 41年間の変化

8回に渡り、1977年9月の身延線の旅で撮影した電機、旧形国電の写真等を紹介して来ましたが、あれから41年の間に身延線がどう変わったかについて最後に触れたく思います。

113_770923_2
113_770923_2_2 1977/9/23 道源寺
グリーン車2両が連結された113系フル編成が通過するシーン
西富士宮付近の留置線に停められていた編成が本線運用に復帰するシーンだったのでしょうか?

まず、施設に関してですが、身延線と言えば創臨と呼ばれた創価学会関連の団体臨時列車が有名で日蓮正宗の総本山である大石寺への参拝のため、富士宮駅に向かう列車が多く運行され、富士駅~富士宮駅間は1974年9月27日に複線化され、西富士宮駅手前まで引き上げ線が設置されていましたが、1991年に日蓮正宗が創価学会を破門したことで、臨時列車の運行も法華講連合会によるものだけとなり、本数も大幅に減少しました。引き上げ線も廃止され、2008年から2012年にかけての高架化事業で線路は完全に撤去されました。

甲府機関区配属のED17、EF10、EF15などにより牽引されていた貨物列車、その多くは製紙原料のチップなどを富士市に輸送するものでしたが、2001年3月31日をもって廃止となりました。また、静岡運転所所属のEF64 2号機とレール運搬用チキ5500形による工事用臨時列車(工臨)が運転されていましたが、これも2008年4月からの名古屋車両区所属の事業用気動車キヤ97系の運用開始で置き換えられ消滅しました。

1152000_b02_050821 2005/8/21 島田 身延線で活躍した115系2000番台

旧形国電に関しては、二代目62系を除いて1981年8月31日に営業運転が終了し、115系2000番台に置き換えられました。115系2000番台は当初、身延カラーのエンジに白帯で登場しました。

二代目62系1984年には運用から退き、1986年までに廃車されています。

123_w102_070304_8 2007/3/4 富士

1987年3月21日の国鉄最後のダイヤ改正にて荷物電車等から改造された123系が投入されました。

JR東海における国鉄型の淘汰は早く、2007年3月18日に115系、123系の運用が終了しました。
1999年6月1日313系の営業運転が開始されました。3100番台が投入されたのは2006年8月7日からでした。

比較的近年の話題では2011年9月22日に沿線を襲った台風15号による豪雨で盛土が崩壊し、西富士宮~甲府間が不通となり、代行バスの運転なども行われました。完全に復旧したのは半年後の2012年3月17日でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2017年8月10日 (木)

名古屋~亀山間 関西本線 その1 電化前後

名古屋から亀山に至る関西本線は名古屋~桑名~四日市間では近鉄名古屋線との競争で大きく水を開けられ、河原田で分岐し、亀山を経由せずに津方向に向かう伊勢鉄道線(旧国鉄伊勢線)は建設時の目的から大きく外れて第三セクター化されと、今回、乗車してみていろいろ問題を抱えている路線と感じました。

まずは開業から電化完成までの歴史です。

1888年3月1日関西鉄道の設立が認可、本社は四日市でした。

1889年12月15日、草津~三雲間が開業

1890年2月19日、三雲~柘植間が開業、現在の草津線が開通。12月25日、柘植~四日市間が開業。

1894年7月5日、四日市~桑名仮停車場間延伸開業

1895年5月24日、桑名仮停車場~桑名間開業、名古屋~前ヶ須(弥富)間開業、11月7日、弥冨~桑名間開業で草津~名古屋間全通。

1907年10月1日、鉄道国有化法で国有化。

1959年9月26日、伊勢湾台風で甚大な被害を被る。

1971年4月25日、名古屋~亀山間でSL運行終了。

1979年8月1日、名古屋~八田間電化。

1982年5月17日、八田~亀山間電化。

私が最初に関西本線の列車の写真を撮影したのは1975年1月2日に大垣行き夜行で名古屋遠征を敢行したときで、

10_1_750102
当時、旧型客車列車は当たり前のようにどこでも見ることが出来たので、編成全体は撮らなかったのですが、番号がナハフ10の1番で珍しかったので撮影したのと、

43_17_750102_2
かつて東海道で特急列車に使用されたスハ44系の一族だったので撮影したのがこのピンボケのスハフ43 17です。

スハフ43 10番台(11-24)は特急運用から一般運用に格下げされる際に不足気味になる緩急車のためにスハ44を改造したもので、同時に座席の回転化・室内灯の蛍光灯化・客ドアの交換・アルミサッシ化等が行 われています。

当時の客車は亀山区所属かと思われますが,1975/4/1時点での配置を見ると

オハ35 111, 441, 442, 459, 610, 616, 618, 729, 1025, 1143,
オハ41  407, 408, 409, 410
オハ46  17, 507
ナハフ10  1
オハフ33  1, 4, 6, 8, 10, 11, 12, 110, 112, 169, 367, 428, 436, 566
オハフ45  107
オハフ61  1516,1518, 1520, 1521, 1522, 1523
スエ71  4, 16, 31   

でした。スハフ43 17は1975年3月で廃車されたようです。

その後、出張等で名古屋に行った際にも撮影はしていますが、特に関西本線を意識して撮ってはいませんでした。

113_750102 1975/1/2 名古屋駅で撮影した中央西線用113系 神嶺区

165_8012081980/12/8 名古屋 165系

名古屋~亀山間電化後、国鉄末期までは113系165系が投入されたようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年9月 3日 (土)

速報 関西方面旅行中 1 京都鉄道博物館他

9月2日から2泊3日の予定で、関西方面を旅行しています。

今回は4月にオープンした「京都鉄道博物館」、EF81が引退し、JR東日本田端からEF510-500番台全機が移籍した富山機関区EF510の活躍、103系、201系が最後の活躍をし、いよいよ323系が登場した大阪環状線や103系、205系が頑張っている阪和線の様子を記録しておこうとおもいます。

2日は、東京から名古屋まで新幹線、名古屋から大垣、米原と乗り継ぎ、草津線の手原駅そばに保存されているD51403号機を見学し、午後から京都鉄道博物館をゆっくりと見学しました。

7854006_160902_2
東京~名古屋間の新幹線は出たところ勝負で乗った「のぞみ5号」でしたが、今年4月に落成したJR西日本のN700A(large)F6編成でした。 名古屋駅 写真は全て2016/9/2撮影

311g1313j7_160902_2
名古屋から大垣まで乗車したJR東海の快速は311系G1編成313系J7編成の混成でした。 大垣駅

160902_6 いつも大垣での接続待ちで眺めるだけでまだ乗車していない養老鉄道

313_z2_160902_2
大垣から垂井経由の関ヶ原越えはZ2+Z14?編成の313系2連併結編成でした。 米原駅

113_l3_160902
草津線は今では他の会社では見ることが出来ない113系が草餅見たいな塗色で頑張っていました。 草津駅

D51_403_160902_2
草津で乗り換えたのは一駅先の手原駅そばの稲荷公園に保存されているD51403号機を見学するためで、前回2014年の訪問の際には台風の接近で断念した場所でした。

160902_7 JR西日本がこれまで大阪弁天町の交通科学博物館、梅小路蒸気機関車館、そして機関区などで保管していた車両を纏めて公開し、JR東日本の(大宮)鉄道博物館、JR東海のリニア・鉄道館と匹敵する鉄道博物館として開いただけあって、展示物の充実度は見事でした。展示物に関しては別の記事で紹介する予定です。

8630_sl_160902_2
梅小路蒸気機関車館としては1974年2014年に続いて3度目になりますが、前回は台風でSLスチーム号は運休中で、今回初めて動態保存機が動くところを見ることが出来ました。

D51200_160902 梅小路整備工場内で整備中のD51 200 蒸気ドームのカバーが外されています。

D51_200_160902 炭水車は建物の外に

新たに「SLやまぐち号」や「SL北びわこ号」牽引機に抜擢され、現在修復中のD51200号機のエンジン部は扇形庫横の建物内で整備中、炭水車は野外に出されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2016年4月13日 (水)

広島・四国西南部旅行 広島編 その4 可部線 part2 活躍した車両たち 3 113系

2014年12月の旅行で訪問した可部線の話題、今回は可部線で活躍した113系の話題です。

113_p06_141219_3 113系 P-06編成 2014/12/19 梅林

いわゆる広ヒロ、下関総合車両所広島支所の113系はP01~P14編成とF08, F10, F13編成から構成されています。活躍範囲は、山陽本線、呉線、可部線です。

Table1_2

広ヒロ 113系 編成表 2015年冬 JRR編成表データから

P10,P12編成はM'がダブルパンタなのに対して、それ以外の編成はシングルパンタです。

基本番台0番台のクハ111-253,260、モハ113/112-328 は昭和51年度第2次債務による1000番台、700番台のあとから製造されたいわゆる0'番台グループです。

2000番台はシートピッチ改善タイプで昭和52年度本予算から昭和56年度本予算まで
モハ113/112-2001~2124    クハ111-2001~2076 2101~2165 サハ111-2001~2025までが製造されました。

7500番台
はJR西日本において1991年から221系が投入されたことで、向日町、宮原、網干、日根野区(いずれも当時)在籍の113系の高速化工事、最高速度を100km/hから110km/hに上げる工事が行われました。高速域からの減速力強化で台車に増圧装置および応荷重装置を取り付け、制輪子の交換が行われました。2000番台を高速化して+5000さらにブレーキてこ比変更によるブレーキ強化を行って+500となり、7500番台となりました。

113_p01_130322 P01編成 2013/3/22 海田市

113_p01_150802 P01編成 塗色が末期色に 2015/8/2 新山口

113_p05_141219_0 P05編成 2014/12/19 向洋

113_p10_130322 P10編成 2013/3/22 海田市
ダブルパンタでも実際に上げているのは一方です。

113_p11_130322 P11編成 2013/3/22 海田市

113_p12_130322_2 P12編成 2013/3/22 海田市
こちらも同じです。

113_p13_141219 P13編成 2014/12/19 海田市
こちらは広島塗色でした。

113_p14_150802 P14編成  2015/8/2 新山口

拙blogではまだ111系、113系についてきちんと触れてきませんでしたが、思わぬことから113系の歴史を振り返る機会ができました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2012年12月26日 (水)

1977/3 山陰、九州、そして瀬野八へ 18 瀬野八を行く電車

当時の山陽本線、広島付近では80系、113系がローカル電車として活躍していました。

今回は貨物列車撮影の合間で撮った電車の写真を載せます。
80_86300_770319_2
全金製のクハ86300代を先頭とする80系の編成でなんと10両以上繋がっています。広島地区は1985年のダイヤ改正で全国に先駆けて広島City電車が導入され短編成のフリークエントサービスが取り入れられましたが、それまではこういった電車が走っていたのですね。

113_770319_2
こちらは湘南塗装の113系6連ですが、ついつい113と云ってしまいますが、1977年3月当時の配置表では広ヒロにはモハ113ユニットは配置されておらず、モハ111ユニットが30ユニット配置されています。

113_111476_or_477_770319_2
そしてこちらは同じく111系の編成ですが、上の写真と見較べて気がつかれた方もいらっしゃるかと思いますが、塗り分け線の位置が高い!! そうです、横須賀線の塗り分けの位置でオレンジと緑を塗り分けてしまった珍塗装の編成です。クハ111-476、477の編成だと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2012年12月 2日 (日)

1976/3 関西へ 5 関西本線 

阪和線の旧形、新性能、気動車と来たので、貨物列車にしようかあるいは関西本線の電車に使用か迷いましたが、旅客を先に済ませておこうと云うことで関西本線にしました。

関西本線といえば本来は名古屋から亀山、奈良を経て湊町(JR難波)に至る路線ですが今回の対象は通勤電車が走る加茂までの区間です。といっても1976年3月や1981年頃の旅で訪れたのは奈良までで写真に出てくるのは、天王寺、久宝寺、奈良などです。

例によって、Wikipediaの関西本線の記事から、今回の対象区間の歴史を抜粋しますと、

1888年3月1日:大阪鉄道に免許交付。
1889年5月14日:大阪鉄道 湊町駅 - 柏原駅間が開業。
1890年9月11日:柏原駅 - 亀瀬仮停車場間が延伸開業。12月27日:奈良駅 - 王寺間が開業。
1891年2月8日:王寺駅 - 稲葉山仮停車場間が延伸開業。
1892年2月2日:亀瀬仮停車場 - 稲葉山仮停車場間が延伸開業し、湊町駅 - 奈良駅間が全通。
1900年4月23日:関西鉄道への路線の譲渡の契約が成立。6月6日:大阪鉄道が関西鉄道に路線を譲渡。
1907年10月1日:関西鉄道が国有化。
1909年10月12日:国有鉄道線路名称制定により、名古屋駅 - 奈良駅 - 湊町駅間が関西本線となる。
1952年9月1日:貨物支線(阪和貨物線)八尾駅 - 竜華操車場 - 杉本町駅間 (11.3km) が開業。
1956年3月15日:貨物支線 浪速駅 - 大阪東港駅間 (3.0km) が開業。
1965年3月1日:阪和貨物線 八尾駅 - 杉本町駅間が旅客営業開始。名古屋駅 - 東和歌山駅間に阪和貨物線経由で気動車特急「あすか」が運転開始。
1967年10月1日:特急「あすか」が廃止。
1973年10月1日:奈良~湊町間電化開業 101系運用開始
1982年8月1日:台風10号と集中豪雨の影響により、王寺駅・王寺機関区が浸水する被害を受ける。首都圏から急遽、廃車予定だった車輌を送り込み。
1983年3月:103系転入開始。
1985年1月:101系の置き換え完了
1986年11月1日:竜華操車場が信号場に変更され竜華信号場が開設。
1989年3月11日:大阪環状線に直通する区間快速(環状線内各駅停車)が運転開始。大阪環状線との直通運転を夕方以降にも拡大。郡山駅・大和小泉駅停車の快速および和歌山線・桜井線直通の快速が区間快速に変更。4月10日:大和路快速で221系電車が運用開始
2003年4月1日:日本貨物鉄道の第二種鉄道事業(木津駅 - 平野駅間 40.6km、竜華信号場 - 杉本町駅間 10.5km)が廃止。
2004年7月1日:貨物支線(阪和貨物線) 八尾駅 - 杉本町駅間が休止。
2008年3月15日:おおさか東線の開業により奈良駅 - 尼崎駅間をおおさか東線・JR東西線経由で運転する直通快速が運転開始。
2009年3月14日:名古屋駅 - 亀山駅間で日中の快速が増発。3月31日:貨物支線(阪和貨物線) 八尾駅 - 杉本町駅間 11.3kmが廃止。

といったようになります。

101系の投入は1973年10月1日のことで、大阪環状線に大阪の国電としては最初の冷房付き103系72両を投入し、そこから捻出された同数の101系を関西線に転出させたのでした。72両は6両編成12本に組成され、塗色もオレンジ色からウグイス色に黄色の警戒色に変更されました。
101_760300

101_760300_2
二枚の写真はまだ竜華操車場のあった頃の久宝寺駅 1976/3
最後尾のクモハ100のパンタはPS13形です。

101_791223_2

1979/12/23 天王寺 尾灯の形からこのクモハは1960年以降のタイプと分かります。

101_811202_3_3

1981/12/2 今からちょうど31年前ですね。

101_811202_4

1981/12/2 外板にかなり疲れの見えるクモハ101 天王寺駅 

これら1981年以前に撮影した101系クモハの写真を見ると、後部標識灯の形から1960年以前の製造車輌であることが推察されます。12/3のBlog記事にある大阪地区の新製配置車輌はすべて1960年以降の車輌なので、城東線で101系が走り始めた時に、関東から転属したクモハであることが想像できます。

1982年8月1日の深夜から未明にかけて台風10号が渥美半島付近に上陸し、静岡県を直撃し、東海道線の富士川橋梁の流出、関西線では王子駅付近を流れる葛下川が氾濫し、同駅が冠水したため.留置中の113系40両と101系60両が床上まで冠水してしてしまい、101系は使用不能となってしまいました。その頃、首都圏では101系から201系への置き換えの最盛期で廃車予定の101系を急遽、冠水車の代替とすることになりました。具体的に検討してみると同じATSのB形でも50Hzと60Hzで周波数が違っていたり、車内天井に貼ってある路線図を剥がさなくてはならなかったりと結構作業は大変だったようです。それでも8月7日に第一陣が武蔵小金井から西下、以降9月30日までに47両、計54両が首都圏から転属し、片町線から6両103系の置き換えで捻出された101系が投入され60両を補充することが出来たそうです。冠水した101系は機器が砂を被ったりしており、手の施しようがなく廃車となりましたが、113系40両は車齢も新しかったため復旧されたそうです(鉄道ピクトリアルNov 2002 No.724 特集101系電車 の記事を参考に記述しています)。

冠水事故廃車車号

形式

Mc      11, 28, 29, 50, 83, 84, 86, 88, 100, 103
M'c     11,27, 28, 29, 83, 87, 88, 91, 100, 151
M       14, 21, 27, 28, 29, 81, 83, 84, 87, 180
M'      14, 20, 21, 28, 29, 48, 80, 81, 82, 84
T       41, 42, 45, 54, 60, 64, 67, 75, 78
T'      41, 42, 45, 54, 60, 64, 72, 75, 76, 78, 79

鉄道ピクトリアル誌 1987.11 No487 <特集>101系通勤形電車 より
1984.12.3 103系と共存の時代  天王寺駅

1982年の冠水事故で比較的古い車輌が廃車になり、首都圏から車齢の若い車輌が転入したのは、標識灯の形態にも現れています。そして103系の時代へ。

101_103_841203_3

103_841203_2

1984,12.3 スカイブルー2つ目クハ冷房付き

103_841207_2_2
1984/12/7 湊町終点で折り返す冷房付き103系

ウグイス色の2つ目の冷房付き103系を見たときは、1973年から1974年初め頃まで、山手線に在籍した最初の量産冷房車を思い出しました(黄色の警戒色はありませんでしたが)。

103_870204_3_2
1987/12/4 この当時はまだ、非冷房の車輌も残っていたようですね。 天王寺

103_870204_2

同日 東海道線からの転属直後なのかスカイブルーの車輌も走っていました。

一方、快速には春日色の113系が
113_7603_7
1976/3 113系 関西線 新快速 大きめのHM 
113_791223
1979/12/23 大阪駅環状線ホームに入線中の関西線新快速 HMは小型に

113_841203_2

1984/12/3 奈良駅にて

あれから30年以上の月日が流れていますが103系はまだ頑張っています。大阪環状線の103系も関西線を走っているようですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2012年11月30日 (金)

1976/3 関西へ 3 阪和線2 新性能電車編

阪和線の続きで、今回は新性能電車で行きます。

阪和線の歴史によると阪和線から旧国が消えたのは1977年4月のことで、今回の76年3月の訪問は、ぎりぎり最後の瞬間に間に合ったという感じでした。

ネットサーチで偶然見つけた「国電写真館 4Doors」さんのサイトの情報によると、 ”阪和線では1968(昭和43)年から103系が使用されている。関西地区では103系の初投入線区であった。”とのことですので既に44年間に渡って103系は同線で働いているのですね。

今でもその姿が見られる車輌なので、あまり写真を載せても意味は無いかも知れませんが、非冷房、未更新の車輌などを中心に、

103_801213

非冷房編成 天王寺にて 1980/12/13
103_801213_2改造冷房編成 天王寺にて 1980/12/13
103_801213_3高運転台編成 1980/12/13 鳳

103_801213_4羽衣支線の103系 1980/12/13 鳳

いずれも1976年3月ではなく、1980年12月の撮影ですが、両年の間で劇的変化は無かったのではと思います。

続いて「新快速」の113系です。こちらは1972年3月15日の改正で天王寺~和歌山間に設定され、途中停車駅は鳳のみというかなり思い切った列車で、同じ改正で東海道・山陽に設定された新快速ブルーライナーと同じカラーリングでぶっ飛ばしていた電車です。
113_7603_6ちょっと色がブルーからグリーンに変色していますが熊取を通過する新快速
113_7603_3こちらは鳳を通過する新快速

これらは新造車ではなかったものの阪和線では初めての冷房車であったそうです。さらに鳳電車区には関西線用の通称「春日塗り」の新快速も配置されていたため、阪和線内で赤い新快速も見ることが出来ました。
113_7603_4
赤い塗色は春日大社の鳥居の赤ということで通称「春日塗り」の113系 和歌山

このHMは上に折り曲げると新快速のマークが出てきたようです。

113系のブルーライナー塗色は「阪和色」(半賄賂と変換されて笑ってしまいましたが)として定着して2012年4月の団臨運転まで残ったようですが、新快速は客足が伸びず、1977年には和泉砂川、熊取を停車駅に追加したものの効果があまり見られず、紀勢本線電化の1978年10月2日のダイヤ改正で快速に統合される形で廃止されてしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2012年11月25日 (日)

1975/10 真鶴~湯河原へ 10 113系について

今回は113系です。

113
SM分離前の東京駅で並ぶ湘南電車と横須賀線電車

当時、東海道線で活躍した113系大船電車区静岡運転所が担当受け持ち区でした。大船電車区(現 鎌倉車輌センター)の車輌は1980年の東海道線・横須賀線分離(SM分離)により国府津電車区に移管されました。

一方、静岡運転所には1962年111系登場時から配置されており、113系については後に関東地区の他、大鉄局から転属車を迎え、1976年には新製冷房車が投入、1979年には2000番台も投入され、80系を淘汰しました。

新製時から同区に配置された113系は、汚物処理装置、行先表示機(ともに準備工事)は、取り付けられていませんでした。またサハ111が配置されていなかったために上り方のクハ111が多く配置されていました(クハをサハの代用とした為)。

国鉄時代はグリーン車2両を含む11両編成のT編成、ローカル用6両編成のS編成、4両編成のL編成がそれぞれ活躍していました。冷房車(冷房改造車を含む)は、ほとんどがT編成に組み込まれたため、ローカル用は非冷房車が中心の組成でした。また、ローカル用6両編成と4両編成はそれぞれ併結の上グリーン車無しの10両編成や12両編成で1986年3月まで東京駅へ乗り入れていました。

T編成は老朽化したグリーン車が多数配置されていたこともあり、1981年にはサロ110形1200番台最終装備車が、1983年からはサロ110形改造車が多数配置されました。

113110351_860816
静シスの表記が見えるサロ110-351 東京 1986/8/16

113ts110501ts11035__2

サロ110-501と350

サロ110-501は165系の普通車サハ165-7を改造したもの。-350代はサロ481、489からの改造

113_110350

サロ110-356

サロ110-356はサロ489-10からの改造

やはり、このタイプのサロは言うなればお金がないための窮余の策といった感じで、編成美的には「ゲテモノ」でしたね。

1986年3月211系がデビューすると113系冷房車が当所へ転入し、ようやくローカル用車両の冷房化が進みました。ローカル用の非冷房車は房総地区との転配属が盛んに行われており、湘南色とスカ色の混色編成もよく見られました。1986年10月まで6両編成の下りのクハ111の前に飯田色のクモユニ147が連結され熱海ー浜松間で飯田色、湘南色、スカ色の3色で運用される事もありました。

1986年11月に11両のT編成全車が国府津電車区へ転出し、それと引き換えに田町電車区と国府津電車区から付属編成の4両編成が17編成が転属し新しくT編成となりました。

111系は末期は編成を短縮され専ら静岡局管内の普通列車用となり、1984年から廃車が開始され、民営化直前の1987年3月までに全車廃車されています。

(Wikipediaの記事から)

113_2
113_790519
113系 東京駅にて横須賀線と共存していた頃
113_000000

113系 品川
113_f57_750300
113系 横浜

113_751009
113_751009_2

なぜか、上り下り別の列車で撮影した写真ですがよく見ると中間にスカ色の車輌を挟んだ混色編成でした。

今ではE231系やE233系3000番台、1編成ずつ、編成番号で識別できるので全て写真に記録していますが、この頃は113系を1編成ずつ記録しようとは思いませんでした(笑)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

クルーズトレイン スポーツ ディーゼル機関車 ディーゼル機関車DD13/DD15 ディーゼル機関車DD16 ディーゼル機関車DD50 ディーゼル機関車DD51 ディーゼル機関車DD54 ディーゼル機関車DE10/DE11/DE15 ディーゼル機関車DF200 ディーゼル機関車DF50 ニュース ハイブリッド機関車 ハイブリッド気動車 バス 三セク鉄道 事件・事故 事業用車 催事 地下鉄車両 大相撲 客車 客車12系 客車14系 客車20系 客車24系 客車50系 客車E26系 新交通システム 新幹線0系 新幹線電車 旅客機 旅客機 Airbus A220 旅客機 Airbus A300 旅客機 Airbus A310 旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321 旅客機 Airbus A330 旅客機 Airbus A340 旅客機 Airbus A350 旅客機 Airbus A380 旅客機 Boeing 707 旅客機 Boeing 727 旅客機 Boeing 737 旅客機 Boeing 747 旅客機 Boeing 757 旅客機 Boeing 767 旅客機 Boeing 777 旅客機 Boeing 787 旅客機 Douglas DC-10/MD-10 旅客機 Douglas DC-8 旅客機 Douglas DC-9/MD-80 series/MD-90/Boeing 717 旅客機 Lockeed L-1011 Tristar 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 書籍 東京メトロ 東京都営地下鉄 民鉄:京成グループ 民鉄:京浜急行電鉄 民鉄:京王電鉄 民鉄:南海電鉄 民鉄:名古屋鉄道 民鉄:大井川鐵道 民鉄:小田急電鉄 民鉄:東急電鉄 民鉄:東武鉄道 民鉄:江ノ電 民鉄:相模鉄道 民鉄:西日本鉄道 民鉄:西武鉄道グループ 民鉄:近畿日本鉄道 気動車 気動車1000形 気動車2000形 気動車キハ100系 気動車キハ110系 気動車キハ11形 気動車キハ120形 気動車キハ126系 気動車キハ141形 気動車キハ150形 気動車キハ181系 気動車キハ183系 気動車キハ185系 気動車キハ187系 気動車キハ189系 気動車キハ201系 気動車キハ20系 気動車キハ25形 気動車キハ261系 気動車キハ281系 気動車キハ283系 気動車キハ32形 気動車キハ35系 気動車キハ40系 気動車キハ45系 気動車キハ56/57/58系 気動車キハ75形 気動車キハ81形 気動車キハ82形 気動車キハ85系 気動車キハE120系 気動車キハE130系 海外の鉄道 特急電車 私鉄 蒸機8620 蒸機9600 蒸機C10 蒸機C11 蒸機C12 蒸機C50 蒸機C51 蒸機C53 蒸機C55 蒸機C56 蒸機C57 蒸機C58 蒸機C59 蒸機C60 蒸機C61 蒸機C62 蒸機D50 蒸機D51 蒸機D52 蒸機D60 蒸機D62 蒸気機関車 貨物列車 路線について 路面電車 軽便鉄道 近郊形電車 通勤電車 連絡船 鉄道以外の博物館・展示施設 鉄道博物館 鉄道施設 電機ED16 電機ED60/ED61/ED62 電機ED70 電機ED71 電機ED72 電機ED73 電機ED74 電機ED75 電機ED76 電機ED77 電機ED78 電機ED79 電機ED91 電機EF10 電機EF12 電機EF13 電機EF15/EF16 電機EF18 電機EF200 電機EF210 電機EF30 電機EF510 電機EF53/EF56/EF59 電機EF55 電機EF57 電機EF58 電機EF59 電機EF60 電機EF61 電機EF62 電機EF63 電機EF64 電機EF65 電機EF66 電機EF70 電機EF71 電機EF80 電機EF81 電機EH10 電機EH200 電機EH500 電機EH800 電気機関車 電車101系 電車103系 電車105系 電車107系 電車113系 電車115系 電車117系 電車119系 電車121系 電車123系 電車125系 電車143系 電車151/161/181系 電車153系 電車155/159/167系 電車157系 電車165/169系 電車183/189系 電車185系 電車201系 電車203系 電車205系 電車207系 電車209系 電車211系 電車213系 電車215系 電車221系 電車223系 電車225系 電車227系 電車251系 電車253系 電車255系 電車281系 電車285系 電車301系 電車303系 電車305系 電車313系 電車323系 電車371系 電車373系 電車381系 電車401/403/421/423/415系 電車417系 電車419系 電車451/453/455/471/473/475/457系 電車481/483/485/489系 電車581/583系 電車651系 電車681系 電車683系 電車70/72系 電車7000系 電車701系 電車711系 電車713系 電車715系 電車719系 電車721系 電車731系 電車781系 電車783系 電車785系 電車789系 電車80系 電車811系 電車813系 電車817系 電車883系 電車_旧形国電 電車BEC819系 電車E127系 電車E217系 電車E231系 電車E233系 電車E235系 電車E257系 電車E259系 電車E351系 電車E353系 電車E501系 電車E531系 電車E653系 電車E655系 電車E657系 電車E721系 電車E751系 電車EV-E301系 電車EV-E801系 電車クモハ42 電車クモハ52

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村