« 1975/3 関門・関西へ 11 関西編1 | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 13 関西編3 »

2012年11月15日 (木)

1975/3 関門・関西へ 12 関西編2

前回は客車列車の到着をアップしましたが、今回は電車・気動車編と参ります。
当然のことながら、前日、小倉で見た面々が再登場となりますが。
485_4810_750305大ムコ481/5系、0番台による西鹿児島行き特急「なは」

ロール式HM表示方式ですが、文字が結構内側にあるせいか写真写りもあまり芳しくありません。もっとも、最近のHM表示すら無い特急車両よりは良いと思いますが。「なは」という愛称は寝台電車特急に引き継がれました。

485_481300_750306既に「日向」の表示は無かったのか、昨日小倉で見た「なは」に使用の300番台クハ

昨年4月の改正で電車特急になったものの、この改正で11ヶ月の短い生涯を閉じる宮崎行き電車特急「日向」
82_750306_3「かもめ」としての活躍もあと僅か

1961.10のダイヤ改正以来、14年の長きに渡って関西と九州を山陽本線を介して結んできたキハ82DC特急もあと数日でその歴史を閉じることに。大阪駅でのDC特急の発着は37年経った今日も続いています。

485_481200_750306_2_2大分、宮崎特急としての「みどり」もあと数日。

みどり」という愛称は1976.7の長崎本線・佐世保線電化開業で佐世保線特急に復活します。

581_750306_1151系特急として登場して以来、岡山開業でも生き残り、本数を毎年増やして来た「しおじ」も今回ついに全廃に。

581/3系の間合い運用としては改正後も「しらさぎ」「有明」は残りますが、山陽本線昼行特急は消えゆく運命に
581_750306京都・新大阪~西鹿児島間を結んだ「きりしま」

名称は消えますが、列車は「なは」と名前を変え、さらにブルートレイン化されて存続
485_4810_740929_2クハ481 0番台赤スカートの「雷鳥」

「雷鳥」自身は改正で消える特急ではありませんでしたが、大ムコの481/5系のうち、481系や485系の初期車として増備された車輌がこの改正で鹿カコに転属となり、赤スカートクハの「雷鳥」も改正後は見られなくなりました。それを知らずに3月の旅行では撮影していなかったので1974.9.29に撮影した写真をここに載せます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

« 1975/3 関門・関西へ 11 関西編1 | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 13 関西編3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車481/483/485/489系」カテゴリの記事

気動車キハ82形」カテゴリの記事

電車581/583系」カテゴリの記事

コメント

クハ481は関西を中心に活躍していたのですね!
一度リバイバル運転やイベントなどで復活して欲しいです!
この車両は芦屋駅(ちなみに僕の地元です)にも乗り入れていたのでしょうか?
この系統の車両はなかなかレアな車両だと噂されていたので・・・。

アニメ版両津勘吉さま、こちらにもありがとうございます。

クハ481に関しては485系の先頭車として、四国以外、いろいろなところで活躍していました。485系の電動車は481,483,485と交流周波数に対応して進化しましたが、クハ481に関してはボンネット、貫通タイプ、非貫通タイプと進化しただけでした。

特に赤スカートのクハ481は最初、北陸、山陽、九州で活躍し、1975年の新幹線博多開業で鹿児島に転属、その後。九州で一生を終えたものと、1985年の改正で常磐線特急で関東に戻ったクルマがいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1975/3 関門・関西へ 12 関西編2:

« 1975/3 関門・関西へ 11 関西編1 | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 13 関西編3 »

カテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村