« 1975/3 関門・関西へ 6 みどり なは 日向 | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 8 山陽 玄海 »

2012年11月10日 (土)

1975/3 関門・関西へ 7 かもめ

山陽、九州を結ぶ昼行特急の最後はキハ82を先頭とするキハ80系気動車特急の「かもめ」です。

「かもめ」の列車名が初めて登場したのは1937年の東京~神戸間を結んだ特急「」が最初で、この列車は1943年まで運行されています。同時期に走っていた「」より30分先行し、同区間を走っていた「」より所要時間が20分ほど長くかかり、同じ時間帯を走る「富士」「」の補助的列車であったそうです。

戦後は1953年に京都~博多間の特急(5レ、6レ)として運行が開始され、所謂スハニ35,スハ44,スハフ43の片方向固定シートの特急客車を連結して運用したため、終端駅での方向転換が必要な編成となっていました。この不便を解決するために1957年にナハ11,ナハフ11に車輌が置き換えられています。

1961.10の改正でキハ82系気動車特急(京都~宮崎・長崎)となりました。このとき、ハハハシロハといわれた基本編成を2本使用したため、食堂車が2両連結される構成となっていました。

担当は向日町運転所(大ムコ)で10月の改正に向けて6月から9月にかけてキハ80系気動車が78両新製配置されました。

その内訳は
キハ82 8,  9,18,19,20,21,22,23,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37,38,39,40,41,42,43   26両
キハ80 15,16,22,23,24,27,32,33,36,37,38,39,40,41,4243,44,45,46,47,48,49,50,51,52,53 26両
キロ80 9,11,13,14,19,20,21,22,23,24,25,26,27  13両
キシ80 6, 7, 8, 9,13,14,15,16,17,18,19,20,21  13両 

で同じタイプの6両編成13本が5種類の特急で共通運用という形でスタートしました。

←長崎、宮崎、松江、青森
DcDsDdDDDc×13 所要10
白鳥(1)、かもめ(1×2)、みどり(1)、へいわ(1)、まつかぜ(1)
 大阪18002240広島
 広島7301210大阪13402235博多
 博多7251620大阪
 京都8002005長崎
 長崎9502200京都
 京都8002200宮崎
 宮崎8002200京都
 大阪8052350青森
 青森5202112大阪
 京都7301405松江15002135京都

「みどり」に関しては運転開始を12月頃として、12両を青森、秋田、長崎、宮崎に各3両ずつ組み替え用として仮配置し、初期トラブルに対処しました。また特急列車が故障した際の特発する計画として青森に3両、盛岡に2両、秋田に2両、竹下に6両、長崎に1両のキハ58系を配置しました。

1962.6.10の改正では山陽本線三原~広島間の電化完成で早くも特急「へいわ」が廃止となっています。特急「へいわ」のダイヤは151系東海道「つばめ」の広島延長に使用されました。

←長崎、宮崎、松江、青森
DcDsDdDDDc×12 所要9
白鳥(1)、かもめ(1×2)、みどり(1)、まつかぜ(1)
 大阪13402235博多
 博多7251620大阪
 京都8002005長崎
 長崎9502200京都
 京都8002200宮崎
 宮崎8002200京都
 大阪8152350青森
 青森5202107大阪
 京都7301405松江15002135京都

DcDsDdDDDc×1

1963.4.20の改正では尾久からの転入と函館への転出があり、特急「白鳥」の上野編成(信越白鳥)を大ムコが担当するようになりました。

←長崎、宮崎、松江、青森
DcDsDdDDDDc×3 所要2
白鳥(付属1)
 大阪8152035上野
 上野8502107大阪

DcDsDdDDDc×11 所要9
白鳥(1)、かもめ(1×2)、みどり(1)、まつかぜ(1)
 1962.6~と同じ

Dc×1 D×1

7月20日に向日町運転区から向日町運転所になりました。

1963.10.1の改正では編成の増強がなされると同時に、特急間で編成の差別化がなされました。

←長崎、宮崎、松江、青森
DcDsDdDDDDc×11 所要9
白鳥(1×2)、かもめ(1×2)、まつかぜ(1)
 大阪8152020上野
 上野9052107大阪
 大阪8152347青森
 青森5202107大阪
 京都8002008長崎
 長崎9502200京都
 京都8002201宮崎
 宮崎8002200京都
 京都7301405松江15002135京都

DcDsDdDDDc×3 所要2
みどり(1)
 大阪13402235博多
 博多7251620大阪

Dc×1 D×2

1964.3.20の改正に向けて車輌に新製配置が行われ、特急「まつかぜ」は特急「みどり」と共通運用化され、博多まで延長されました。

←長崎、宮崎、松江、青森
DcDsDdDDDDc×10 所要8
白鳥(1×2)、かもめ(1×2)
 大阪8152020上野
 上野9052107大阪
 大阪8152347青森
 青森5202107大阪
 京都8002008長崎
 長崎9502200京都
 京都8002201宮崎
 宮崎8002200京都

DcDsDdDDDc×5 所要4
みどり(1)、まつかぜ(1)
 大阪13402235博多
 博多7251620大阪
 京都7302055博多
 博多8202135京都

DDDc×2 所要1
まつかぜ(付属1)
 京都7301334米子15342135京都

Dc×1 D×1 Ds×1 Dd×1

1964.10.1の改正では山陽本線全線電化が完成し、初代特急「みどり」(大阪~博多)は電車化され、新たに特急「みどり」(新大阪~熊本・大分)が新設されました。特急「まつかぜ」編成のみ単独運用となりました。

←長崎、宮崎、青森
DcDsDdDDDDc×12 所要10
白鳥(1×2)、かもめ(1×2)、みどり(1)
 大阪8152020上野
 上野9052107大阪
 大阪8152347青森
 青森5202107大阪
 京都8002008長崎
 長崎9502200京都
 京都8002201宮崎
 宮崎8002200京都
 新大阪10302135熊本
 熊本8301935新大阪

DcDsDDDDc×2 所要2
みどり(付属1)
 新大阪10302110大分
 大分9101935新大阪

DcDsDdDDDc×3 所要2
まつかぜ(1)
 京都7302055博多
 博多8202140京都

DDDc×2 所要1
まつかぜ(付属1)
 京都7301333米子15342140京都

Dc×1 D×2 Ds×2 Dd×1

1965.10.1
の改正前には大量の新製配置が行われ、特急「かもめ」の宮崎発着の編成を鹿児島本線経由で西鹿児島発着に変更、食堂車も西鹿児島編成のみ連結とし、宮崎編成は「いそかぜ」に改称(これが後に「日向」に)。「いそかぜ」は大阪~宮崎・佐世保(筑豊本線経由)として運行。特急「みどり」の熊本編成は熊本電化で電車化され特急「つばめ」となり、新大阪~佐世保・大分となりました。「信越白鳥」が「はくたか」として独立し、金サワ受け持ちとなりました。

←長崎、宮崎、新潟
DcDsDdDDDDc×7 所要6
かもめ(1)、みどり(1)、いそかぜ(1)
 京都8002250西鹿児島
 西鹿児島7102209京都
 新大阪10302050大分
 大分9151940新大阪
 大阪7402125宮崎
 宮崎8552236大阪

DcDsDDDDc×7 所要6
かもめ(付属1)、みどり(付属1)、いそかぜ(付属1)
 京都8002015長崎
 長崎9402209京都
 新大阪10302151佐世保
 佐世保8151940新大阪
 大阪7401751大分
 大分12212236大阪

DcDsDsDdDDc×3 所要2
白鳥(1)
 大阪8002335青森
 青森4402040大阪

DcDsDdDDDc×2 所要2
まつかぜ(1)
 京都7302055博多
 博多8202150京都

DDDDc×6 所要5
まつかぜ(付属1)、白鳥(付属1×2)
 京都7301334米子15362150京都
 大阪8001640新潟
 新潟11452040大阪
 大阪8002335青森
 青森4402040大阪

Dc×3 D×5 Dd×1

1965.11.1 新たに特急「やくも」を担当することになりました。車輌の落成の関係から11月になりました。

←長崎、宮崎、新潟
DcDsDdDDDDc×9 所要8
かもめ(1)、みどり(1)、いそかぜ(1)、やくも(1)
 京都8002250西鹿児島
 西鹿児島7102209京都
 新大阪10302050大分
 大分9151940新大阪
 大阪7402125宮崎
 宮崎8552236大阪
 新大阪12002022浜田
 浜田8201632新大阪

DcDsDDDDc×7 所要6
かもめ(付属1)、みどり(付属1)、いそかぜ(付属1)
 1965.10~と同じ

DcDsDsDdDDc×3 所要2
白鳥(1)
 1965.10~と同じ

DcDsDdDDDc×3 所要2
まつかぜ(1)
 1965.10~と同じ

DDDDc×6 所要5
まつかぜ(付属1)、白鳥(付属1×2)
 1965.10~と同じ

Dc×2 D×4 Dd×1

1966.10.1の改正

DcDsDdDDDDc×9 所要8
かもめ(1)、みどり(1)、いそかぜ(1)、やくも(1)
 京都8002250西鹿児島
 西鹿児島7102209京都
 新大阪10302045大分
 大分9151940新大阪
 大阪7402125宮崎
 宮崎8552236大阪
 新大阪12002022浜田
 浜田8201632新大阪

DcDsDDDDc×7 所要6
かもめ(付属1)、みどり(付属1)、いそかぜ(付属1)
 京都8002010長崎
 長崎9402209京都
 新大阪10302151佐世保
 佐世保8151940新大阪
 大阪7401754大分
 大分12212236大阪

DcDsDsDdDDc×3 所要2
白鳥(1)
 大阪8002335青森
 青森4402040大阪

DcDsDdDDDc×3 所要2
まつかぜ(1)
 京都7302055博多
 博多8202151京都

DDDDc×6 所要5
まつかぜ(付属1)、白鳥(付属1×2)
 京都7301334米子15372151京都
 大阪8001641新潟
 新潟11452040大阪
 大阪8002335青森
 青森4402040大阪

Dc×2 D×4 Dd×1

1967.10.1の改正 この改正の前に和歌山、鹿児島に転出がありました。日豊本線新田原~幸崎電化で特急「みどり」(新大阪~大分)が電車化されました。

←長崎、宮崎、新潟
DcDsDdDDDDc×7 所要6
かもめ(1)、いそかぜ(1)、やくも(1)
 京都8002252西鹿児島
 西鹿児島7102210京都
 大阪7402123宮崎
 宮崎9052236大阪
 新大阪12002022浜田
 浜田8201632新大阪

DcDsDDDDc×5 所要4
かもめ(付属1)、いそかぜ(付属1)
 京都8002010長崎
 長崎9402210京都
 大阪7401855佐世保
 佐世保11152236大阪

DcDsDsDdDDc×3 所要2
白鳥(1)
 大阪8002335青森
 青森4402040大阪

DcDsDdDDDc×2 所要2
まつかぜ(1)
 京都7302055博多
 博多8202151京都

DDDDc×6 所要5
まつかぜ(付属1)、白鳥(付属1×2)
 京都7301334米子15372151京都
 大阪8001641新潟
 新潟11452040大阪
 大阪8002335青森
 青森4402040大阪

Dc×2 D×3 Dd×2

1968.10.1の改正で運転区間は京都~長崎・佐世保へ、西鹿児島編成は「なは」に、「いそかぜ」の佐世保編成が「かもめ」に。

←長崎、宮崎、新潟
DcDsDdDDDDc×7 所要6
かもめ(1)、なは(1)、やくも(1)(臨時+1)
 京都8001948長崎
 長崎10102226京都
 大阪7402120西鹿児島
 西鹿児島8552236大阪
 新大阪12002022浜田2100526新大阪
 浜田8201633新大阪2106538浜田

DcDsDDDDc×5 所要4
かもめ(付属1)、日向(1)
 京都8001938佐世保
 佐世保10302226京都
 大阪7402108宮崎
 宮崎9052236大阪

DcDsDsDdDDc×3 所要2
白鳥(1)
 大阪8302340青森
 青森4402003大阪

DcDsDdDDDc×2 所要2
まつかぜ(1)
 京都7252051博多
 博多8202152京都

DDDDc×6 所要5
まつかぜ(付属1)、白鳥(付属1×2)
 京都7251333米子15362152京都
 大阪8301643新潟
 新潟11352003大阪
 大阪8302340青森
 青森4402003大阪

Dc×2 D×3 Dd×2

1969.10.1 の改正 信越本線直江津~宮内間の電化完成、北陸本線糸魚川~直江津間の複線電化完成により、特急「はくたか」は上越線経由となり、485系電車となりました。

←長崎、宮崎、新潟
DcDsDdDDDDc×7 所要6
かもめ(1)、なは(1)、やくも(1)
 京都8001948長崎
 長崎10102223京都
 大阪7402120西鹿児島
 西鹿児島8552236大阪
 新大阪12002022浜田
 浜田8201633新大阪

DcDsDDDDc×5 所要4
かもめ(付属1)、日向(1)
 京都8001938佐世保
 佐世保10302223京都
 大阪7402108宮崎
 宮崎9052236大阪

DcDsDsDdDDc×3 所要2
白鳥(1)
 大阪8402340青森
 青森4552003大阪

DDDDc×5 所要4
白鳥(付属1×2)
 大阪8401643新潟
 新潟11472003大阪
 大阪8402340青森
 青森4552003大阪

DcDsDdDDDc×2 所要2
まつかぜ(1)
 京都7252050博多
 博多8202152京都

DDDc×3 所要2
まつかぜ(付属1×2)
 1968.12~と同じ

Dc×1 D×1 Dd×2

1970.3.1の改正 特急「つばさ」の181系化で捻出された80系により、「やくも」編成が増強されました。

←長崎、宮崎、新潟
DcDsDdDDDDc×5 所要4
かもめ(1)、なは(1)
 京都8001948長崎
 長崎10102223京都
 大阪7402120西鹿児島
 西鹿児島8552236大阪

DcDsDDDDc×5 所要4
かもめ(付属1)、日向(1)
 京都8001938佐世保
 佐世保10302223京都
 大阪7402108宮崎
 宮崎9052236大阪

DcDsDsDdDDDc×5 所要4
白鳥(1)、やくも(1)
 大阪8402340青森
 青森4552003大阪
 新大阪12002022浜田
 浜田8201633新大阪

DDDDc×3 所要2
白鳥(付属1)
 大阪8402340青森
 青森4552003大阪

DDc×4 所要4
白鳥(付属1)、やくも(付属1)
 大阪8402340青森
 青森4552003大阪
 新大阪12002022浜田
 浜田8201633新大阪

DcDsDdDDDc×2 所要2
まつかぜ(1)
 1969.10~と同じ

DDDc×3 所要2
まつかぜ(付属1×2)
 1968.12~と同じ

Dc×1 Ds×1 Dd×1

1970.10.1の改正 鹿児島本線全線電化完成で「有明」は583系に置き換えられました。

DcDsDdDDDDc×5 所要4
かもめ(1)、なは(1)
 京都8001948長崎
 長崎10102218京都
 大阪7402117西鹿児島
 西鹿児島9002236大阪

DcDsDDDDc×5 所要4
かもめ(付属1)、日向(1)
 京都8001938佐世保
 佐世保10302218京都
 大阪7402108宮崎
 宮崎9052236大阪

DcDsDsDdDDDc×5 所要4
白鳥(1)、やくも(1)
 大阪8402335青森
 青森4552003大阪
 新大阪12002022浜田
 浜田8201633新大阪

DDDDc×3 所要2
白鳥(付属1)
 大阪8402335青森
 青森4552003大阪

DDc×4 所要4
白鳥(付属1)、やくも(付属1)
 大阪8402335青森
 青森4552003大阪
 新大阪12002022浜田
 浜田8201633新大阪

DcDsDdDDDc×2 所要2
まつかぜ(1)
 京都7202050博多
 博多8202158京都

DDDc×3 所要2
まつかぜ(付属1×2)
 京都7201333米子15372158京都
 京都7201333米子15372158京都

Dc×1 Ds×1 Dd×1

1972.3.15の改正

←長崎、宮崎、新潟
DcDsDdDDDDc×7 所要6(臨時+1)
かもめ(1)、なは(1)、まつかぜ(1)、あさしお(臨時1)
 京都7301912長崎
 長崎10302225京都
 大阪7252109西鹿児島
 西鹿児島9052243大阪
 京都7202050博多
 博多8152150京都
 京都8261226鳥取15321934京都

DcDsDDDDc×7 所要7
かもめ(付属1)、日向(1)、まつかぜ(1,付属1)、はまかぜ(2)
 京都7301848佐世保
 佐世保10502225京都
 大阪7252042宮崎
 宮崎9302243大阪
 京都7201210鳥取12461704大阪18002217鳥取
 鳥取6301044大阪12101624鳥取16552150京都
 新大阪9251417倉吉14421940新大阪

DcDsDsDdDDDc×3 所要2
白鳥(1)
 大阪9102350青森
 青森4551930大阪

DDDDc×3 所要2
白鳥(付属1)
 大阪9102350青森
 青森4551930大阪

DcD×3 所要2
白鳥(付属1)
 大阪9102350青森
 青森4551930大阪

D×1 Ds×1 Dd×1

1972.10.2の改正 特急「あさしお」を担当することに

←長崎、宮崎、鳥取
DcDsDdDDDDc×10 所要9
かもめ(1)、なは(1)、まつかぜ(1)、あさしお(4)
 京都7301904長崎
 長崎10392225京都
 大阪7252109西鹿児島
 西鹿児島9052243大阪
 大阪8002050博多
 博多8152117新大阪
 京都8521225城崎12551545京都16352155米子
 米子7001221京都13091557城崎16271959京都
 京都9201352倉吉14151851京都

DcDsDDDDc×8 所要7
かもめ(付属1)、日向(1)、まつかぜ(1,付属1)、はまかぜ(2)
 京都7301848佐世保
 佐世保10502225京都
 大阪7252042宮崎
 宮崎9302243大阪
 大阪8001210鳥取12441705大阪18002219鳥取
 鳥取6301044大阪12101626鳥取16562117新大阪
 新大阪9251426倉吉14451944新大阪

DDDc×3 所要2
あさしお(付属3)
 京都8521225城崎12551545京都16352155米子
 米子7001221京都13091557城崎16271959京都

D×1 D×1 Ds×1 Dd×2

1973.10.1 特急「なは」が電車化

←長崎、宮崎、鳥取
DcDsDdDDDDc×10 所要9
かもめ(1)、日向(1)、まつかぜ(1)、あさしお(4)
 京都7301914長崎
 長崎10382224京都
 大阪7252035宮崎
 宮崎9302243大阪
 大阪8002050博多
 博多8152117新大阪
 京都8521226城崎12551546京都16332155米子
 米子7001222京都13081557城崎16271957京都
 京都9201352倉吉14151851京都

DcDsDDDDc×6 所要5
かもめ(付属1)、まつかぜ(1,付属1)、はまかぜ(2)
 京都7301850佐世保
 佐世保10502224京都
 大阪8001210鳥取12441705大阪18002220鳥取
 鳥取6301046大阪12101626鳥取16562117新大阪
 新大阪9251426倉吉14451945新大阪

DDDc×5 所要4
あさしお(付属3)、日向(付属1)
 京都8521226城崎12551546京都16332155米子
 米子7001222京都13081557城崎16271957京都
 大阪7252035宮崎
 宮崎9302243大阪

D×1 Ds×2 Dd×2

1974.4.25の改正 日豊本線南宮崎電化で特急「日向」が電車化

←長崎、宮崎、鳥取
DcDsDdDDDDc×8 所要7
かもめ(1)、まつかぜ(1)、あさしお(4)
 京都7301914長崎
 長崎10382224京都
 大阪8002050博多
 博多8152117新大阪
 京都8521226城崎12551546京都16332155米子
 米子7001222京都13081557城崎16271957京都
 京都9201352倉吉14151851京都

DcDsDDDDc×6 所要5
かもめ(付属1)、まつかぜ(1,付属1)、はまかぜ(2)
 京都7301848佐世保
 佐世保10502224京都
 大阪8001210鳥取12441705大阪18002220鳥取
 鳥取6301046大阪12101626鳥取16562117新大阪
 新大阪9251426倉吉14451945新大阪

DDDc×3 所要2
あさしお(付属3)
 京都8521226城崎12551546京都16332155米子
 米子7001222京都13081557城崎16271957京都

Dc×4 D×2 Ds×2 Dd×5

といったわけで、1975.3.10の改正で廃止されるまで「かもめ」は小倉駅で下り列車の分離、上り列車の結合を行っておりました。

82_750305_2d
13:51、長崎発の2Dかもめが8番線に到着
82_750305_4002d
13:54、佐世保発で筑豊本線経由の4002Dかもめが7番線ホーム中程に停車
82_750305
2Dの編成がドアを閉め、門司方面に出発し、折り返し、7番線に進入して、400D編成と合体

82_750305_2d_2
14:00に2Dとして出発

1975.3.10の改正 新幹線博多開業 山陽昼行特急全廃 特急「かもめ」の廃止

←博多、姫路
DcDsDdDDDDc×3 所要2
まつかぜ(1)
 大阪8002050博多
 博多8152117新大阪

DcDsDDDDc×11 所要10(臨時+1)
まつかぜ(1,付属1)、あさしお(4)、はまかぜ(2)(臨時+1)、おき(3)
 京都8521226城崎12551547京都16332159米子
 米子6001057小郡15092013米子
 米子7001222京都13081556城崎16272000京都
 京都9201352倉吉14141853京都
 大阪8001210鳥取12441707大阪18002222鳥取
 鳥取6201049大阪12101630鳥取17002117新大阪
 新大阪9251516米子16032109小郡
 小郡12181847鳥取
 鳥取7211402小郡
 小郡9051400米子14302024新大阪
 新大阪10051339城崎16372012新大阪

DDDc×4 所要3
あさしお(付属4)
 京都8521226城崎12551547京都16332159米子
 米子7001222京都13081556城崎16272000京都
 京都9201352倉吉14141853京都

Dc×3 Ds×2 Dd×10

以上、特急「かもめ」の歴史に関してはWikipediaの記事を、キハ80系の配置、編成、運用に関しては「キハ80系の動き 配置および編成・運用の移り変わり 向日町」のデータを参考に纏めました。<2013.3.1 車輌配置データを加えて大幅改訂しました>。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

« 1975/3 関門・関西へ 6 みどり なは 日向 | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 8 山陽 玄海 »

旅行・地域」カテゴリの記事

気動車キハ82形」カテゴリの記事

コメント

管理人様、おはようございます。

「特急:かもめ」の記事、興味深く拝見(拝読)させて頂きました。
歴史ある特急だったのですね。編成が長くてスピードは速いし、撮るのが難しい列車でした。撮りながら編成中央部分に先頭車同士の連結部分があるのを知ってましたが、撮影には至りませんでした。が、今、こうして管理人さんがお写しだった事を知り、自分で釣り上げられなかった大物を魅せて貰えた気分です。
二度と撮れない銘シーンの公開、ありがとうございました。

ゴンパパ様、こんにちは。

コメントありがとうございます。

最初の頃のblog記事にも書きましたが、「かもめ」を京都駅で偶然見かけたのが私の鉄道写真趣味に繋がるきっかけだったように思います。

所謂、サンロクトウの改正で、キハ82による分割併合型の特急がたくさんデビューしましたが、西日本では「かもめ」が最後まで残りましたね。他に北海道では「おおぞら」、東北では「やまばと」などに多層立てがあったように思いますが、分割併合シーンを追っかけたのは「かもめ」だけでした。もっとも、この改正後、少し経って長崎、佐世保線で「かもめ」「みどり」が復活しましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1975/3 関門・関西へ 7 かもめ:

« 1975/3 関門・関西へ 6 みどり なは 日向 | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 8 山陽 玄海 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村