« 1975/3 関門・関西へ 1 高千穂・桜島に乗って | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 2 夜行列車到着編 »

2012年11月 4日 (日)

安中貨物 同一地点 全機制覇




安中貨物列車は田端機関区のEF510-500番台15両が牽引を担当しています。

2010年12月の常磐線貨物列車に登場以来、同一地点での全機制覇を目指してきましたが、本日最後まで残っていた501号機を無事撮影出来て全機制覇になりました。

Ef510501_121104_2
EF510-501 2012/11/4

Ef510502_110218_2
EF510-502 2011/2/18

Ef510503_110702_2
EF510-503 2011/7/2

Ef510504_121007_2
EF510-504 2012/10/7

Ef510505_121011_2
EF510-505 2012/10/11

Ef510506_110206_2
EF510-506 2011/2/6

Ef510507_110116_2
EF510-507 2011/1/16

Ef510508_110118_2
EF510-508 2011/1/18

Ef510509_110207
EF510-509 2011/2/7

Ef510510_120909_2
EF510-510 2012/9/9

Ef510511_110113
EF510-511 2011/1/13

Ef510512_110220_2
EF510-512 2011/2/20

Ef510513_110219_2
EF510-513 2011/2/19

Ef510514_110612_2
EF510-514 2011/6/12

Ef510515_110628_2
EF510-515 2011/6/28

以上15機、機関車の方向はまちまち、貨車のタイプも日によって若干違いますが揃いました。

なお、15機、4種類(安中貨物、コンテナ貨物、カシオペア、北斗星)は今年5月に達成しています。

4

<2013/4/18追記> 2013年3月16日のダイヤ改正にて、JR東日本田端運転所のEF510-500番台による委託運用は終了となり、 3月16日の5781レより、仙台のEH500による安中貨物牽引がスタートしております。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

« 1975/3 関門・関西へ 1 高千穂・桜島に乗って | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 2 夜行列車到着編 »

貨物列車」カテゴリの記事

電機EF510」カテゴリの記事

コメント

ブログを始められたのですね。
安中貨物のコンプおめでとうございます!!
こうして全機15枚のお写真を拝見すると楽しいですね。
撮影を始められたのが今年の1月・・・約10か月での偉業達成ですね。
機関車の色が銀と青の両方あり、
貨車も茶色と黒の両方があって、色の組み合わせだけでも4通りあるのですね。
だからこそお写真にも変化が出て、コンプ達成に拍車がかかるのではないでしょうか。

一枚一枚にクハ415-1901さんの強い思いが込められていることに心を打たれました。

やぶお さま、こちらにもコメントありがとうございます。

確か震災前からはじめていますので、2年弱かと思いますが、その間に貨車も新しい車が導入され、EF81が復帰したことや、夏場の長期運休などもありました。

幸い、撮影場所が自宅から車で10分程度で行けることと、安中貨物の情報は北の方から掲示板で情報が発信されること、さらに最近の運用は前日田端から出た機関車がこの運用に入ることで、予定のセッティングがやりやすく達成ができたと思います。

次なる目標は府中本町で朝の2095レを15機にセットしておりますのでそちらも達成できればと思っております。
やぶおさんの掲示板でも申しましたが、15両という数は比較的チャレンジしやすい数かと思います。

ブログ開設、おめでとうございます。
サラリと拝見しましたが、圧倒的質&量で圧倒されました。今後に期待します。
私も昔の旅行等を再現しておりますが、記憶力喪失には愕然としました。
HNを拝見して、「飛行機?」と思いましたら、「プロフィール」を拝見して納得。
また、同一地点、同一列車でEF510の500番代を揃えたのは、本当に素晴らしいです。

老いて27000 様、おはようございます。

早速、メッセージありがとうございます。

あの頃撮った昔の写真を見るにつけ、そういえばこんなことがあったんだ、今、日本の在来線は長距離輸送という競争力を飛行機、高速道路(バス、マイカー)に奪われ、新幹線も伸びてすっかり様変わりしてしまったなぁと感じつつ、自分なりにあの頃の経験を残しておくべきではと思い始めました。

あの頃の稚拙な写真に、できるだけ当時のデータを加えて、高度経済成長最終期の国鉄の元気さが再現できればとも思っています。
老いて様のサイトも是非拝見したく思います。

今後とも宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安中貨物 同一地点 全機制覇:

« 1975/3 関門・関西へ 1 高千穂・桜島に乗って | トップページ | 1975/3 関門・関西へ 2 夜行列車到着編 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村