« 1974,1975 北海道へ 4 721系 その2 | トップページ | 1974,1975 北海道へ 5 ED76 500番台 »

2013年3月25日 (月)

1974,1975 北海道へ 4 731系

北海道初の通勤形電車として1996年から運用に就いているのが今回ご紹介する731系です。

1968年から札幌都市圏の近郊輸送に使用されていた711系電車の老朽取替とスピードアップを目的として導入された、JR北海道では初の本格的な通勤形車両です。1996年12月24日に営業運転を開始しました。

711系電車721系電車のデッキ付き・クロスシート構造ではラッシュ時の乗降に時間を要し、特に片側2扉構造の711系はダイヤ遅延の大きな原因となっていたほか、国鉄末期からの新駅増設により平均駅間距離が短くなったため、性能不足と老朽化が目立つようになってきていました。そこで731系電車では、オールロングシート、デッキを廃止した客室構造、キハ201系気動車との協調運転機能など、従来の北海道仕様の車両にはない数々の新機軸が盛り込まれました。鉄道友の会より1997年度ローレル賞を受賞しています。

1999年までに3両編成19本(57両)が製造された後、2006年に3両編成2本(6両)が一部仕様を変更して増備されました。製造メーカーは川崎重工業と日立製作所の2社です。721系電車・733系電車・735系電車・キハ201系気動車と相互に連結することが可能で、キハ201系との併結では現在日本で唯一の電車と気動車による協調運転が行われています。

車体は軽量ステンレス製で、車体傾斜装置を持つキハ201系気動車と共通の構体を用いているため、車体断面は上方窄まりの台形断面となっています。片開き式の客用扉(有効幅1,150mm)を片側3箇所に設けました。車体側面の帯色は萌黄色(ライトグリーン)+赤です。

先頭車は高運転台構造として視認性を向上し、衝撃吸収構造を採用しました。前面中央部が前方に突出する独特の形状をもち、冬季対策として全6灯の前照灯(腰部の2灯はHIDランプ)、スノープラウ兼用の大型スカート、高速ワイパーを装備しています。正面貫通扉には、増解結時間短縮のため自動幌が採用されました。また、運転台には721系や785系などと同様の左手操作式ワンハンドルマスコンを搭載し、モニタ装置はタッチパネル式のカラー液晶ディスプレイとなりました。

運転台正面窓(助士席側のみ)・側面窓はポリカーボネート製で、冬季間に車体に付着した氷塊が走行中に落下し、跳ね上げたバラストが窓を破損させる事故を防ぎます。前面上部の種別表示器・側面の行先表示器はともに幕式で、2007年には前面種別表示の英字併記・側面行先表示の列車種別併記などのデザイン変更がなされました。

<制御方式・ブレーキ・台車>

主回路の制御方式はVVVFインバータ制御で、制御素子にIGBT を採用しました。主電動機は新開発のかご形三相誘導電動機 N-MT731形 (定格出力230kW) を中間電動車のモハ731形に搭載しました。両端に制御車クハ731形を連結し、編成はクハ731-100+モハ731-100+クハ731-200の3両を1単位として構成されています。

ブレーキ装置は電気指令式空気ブレーキ(応荷重装置付き)です。電力回生ブレーキを併用するため、屋根上に発電ブレーキ用の抵抗器は装備しません。基礎ブレーキ装置は両抱き式踏面ブレーキで、制輪子はJR北海道苗穂工場製の特殊鋳鉄制輪子を使用しており、凍結した線路上でも最高速度から600m以内での停止が可能です。パンタグラフは当初、721系と同一の下枠交差型を搭載しましたが、後に着雪防止対策として、全車がシングルアーム型(N-PS785形)に交換されました。

台車は軸梁式、ヨーダンパ付のボルスタレス台車(N-DT731・N-TR731形)で、床面高さを下げるため車輪の直径を小さくし、810mm径としています。

2006年製の G-120・G-121編成は一部仕様が変更され、バリアフリー対応として従来の和式トイレに代わって車椅子対応の大型洋式トイレを設置したため、クハ731形の後位客用扉が中央寄りに移されました。パンタグラフは当初からシングルアーム式を搭載し、主変換装置の仕様も変更されています。

731_g101_100624
731系 G-101編成 2010/6/24 南千歳

731_g102_020827_2
731系 G-102編成 2002/8/27 札幌 まだパンタグラフが下枠交差の頃の写真

731_g103_100626
731系 G-103編成 2010/6/26 恵庭

731_g104_080321
731系 G-104編成 2008/3/21 平和 731系同志の併結

731_g105_080322
731系 G-105編成 2008/3/22 上野幌

といった具合に今のところG-107編成以外はすべての写真を撮っておりますが、残念なことにキハ201系との併結シーンはまだ撮っておりません。

731_g115_100626
731系 G-115編成 721系との併結シーン 2010/6/26 北広島

731_g120_080321_2
731系 G-120編成 2006年に増備された2本のうちの1本 2008/3/21 上野幌

731_g121_100626_3
731系 G-121編成 2006年に増備された2本のうちの1本 2010/6/26 サッポロビール庭園

以上、731系でした。721系に較べると編成番号の構成なども極めてシンプルでわかりやすいです。さらに札沼線の電化開業などで733系、735系がデビューしていたことは今回の緒調査で初めて知りました.また北海道に行く機会があればその際に撮影したく思います。今回もWikipediaの記事を参考に纏めました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

« 1974,1975 北海道へ 4 721系 その2 | トップページ | 1974,1975 北海道へ 5 ED76 500番台 »

電車731系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1974,1975 北海道へ 4 731系:

« 1974,1975 北海道へ 4 721系 その2 | トップページ | 1974,1975 北海道へ 5 ED76 500番台 »

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村