« 1975年 新潟の旅 23 碓氷峠の補機 EF63 その2 | トップページ | 1975年 新潟の旅 23 碓氷峠の補機 EF63 その4 »

2013年8月 2日 (金)

1975年 新潟の旅 23 碓氷峠の補機 EF63 その3

EF63形、今回は第二次車です。

Ef63_14
麓側に14号機繫いだEF63重連

番号   メーカー      予算            製造初年     廃車

14 - 17 東芝       昭和40年度第2次民有       1966年    1986年(14・余剰廃車)
                                                                           1997年
     
      
18, 19 川崎車両
     川崎電機   昭和41年度第2次債務       1967年     1997年            

20, 21   川崎重工業  昭和43年度第4次債務       1967年    1997年
      富士電機

14号機から21号機までで、1966~67年に製造されたグループです。

Ef63_14_3
上記の重連がEF62が本務機を務めるサロンエクスプレス「そよかぜ」と3重連を構成して碓氷峠を下る

外観上の最大の変化は尾灯で先行試作車・1次形と異なり外周に赤色円板を装備しない形状へ変更されました。

Ef63_16_000000_2
EF63 16+6の重連が189系特急「あさま」をエスコートして碓氷峠を下る 熊の平

Ef63_19
こちらは19号機他の重連にエスコートされた489系特急「白山」

運転台上の水切り形状、屋根上の避雷器の位置が中間に統一されました。車体塗色も当初から「青15号(青色)」と「クリーム1号(クリーム色)」の塗り分けになりましたが、14・15の落成時はクリーム色の塗装範囲が若干他機と異なっていたそうです。 16以降は非常用蓄電池搬入口上部に製造当初から水切りを追加、20・21では主電動機送風機が変更され低騒音化が図られました。

Ef63_20_000000
20号機 熊の平

Ef63_21_000000
21号機 軽井沢

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« 1975年 新潟の旅 23 碓氷峠の補機 EF63 その2 | トップページ | 1975年 新潟の旅 23 碓氷峠の補機 EF63 その4 »

」カテゴリの記事

路線について」カテゴリの記事

電車183/189系」カテゴリの記事

電機EF63」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1975年 新潟の旅 23 碓氷峠の補機 EF63 その3:

« 1975年 新潟の旅 23 碓氷峠の補機 EF63 その2 | トップページ | 1975年 新潟の旅 23 碓氷峠の補機 EF63 その4 »

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村