« 2013 夏 新潟の旅 12 EF81 723 | トップページ | 西ベルリンの思い出 パンナムのB727 N4752 »

2013年9月11日 (水)

公園保存蒸気 C58 407号機 大塚台公園

これまで都電の保存車両について、触れてきましたが、王子の飛鳥山公園や府中の郷土の森公園のように都電の車体だけでなく、蒸気機関車や電気機関車の静態保存がなされている場所もあります。そこで、このシリーズでは全国に保存されている蒸気機関車について触れて行こうと思います。

まずは、都電荒川線向原駅そばの大塚台公園に保存されているC58407号機です。

C58_407_130817_3
立派な屋根と柵に囲われて保存されているC58407号機。 2013/8/17 大塚台公園 地図はこちら Yahoo地図

大塚台公園の南側の入口は都電荒川線の大塚駅前~向原間の線路に面しており、C58407号機の姿も都電の車窓から見える場所にあります。

8809_130817_5
大塚台公園そばを行く8809号 2013/8/17

何とか上手く撮影すれば保存されている蒸気機関車と現役の都電のツーショットが撮れるのではと思いましたが、今回は断念しました。

C58_407_130817_2
説明板によると、汽車会社の製造で新規配属から廃車になるまで終生、北海道内で活躍したようです。

沖田祐作氏の機関車表のデータも載せておきます。

C58407     汽車製造大阪工場=2543   1946-12-29 S58.70t1C1T(1067)
車歴;1946-12-29
製造→ 納入;国鉄;C58407→ 配属[達21];札幌局→1946-12-29 竣工→
配置;苗穂→1949-03-01 現在;苗穂→1956-04-01 現在;苗穂→1956-01-00 函館→
      1964-04-01 現在;五稜郭→1973-08-12 苗穂→1974-03-20
廃車;苗穂→保存;東京都豊島区「大塚台公園」;C58407

C58_407_130817_14
デフレクターの前部分は当時の北海道スタイルで垂直に切り落とされていました。

C58_407_130817_5
また炭水車も通常のスタイルとはかなり違って容量が増量されているように思えました。

キャブのナンバー下にはちょっと恐ろしい形をしたタブレットキャッチャーの姿も見えます。車両自身は北海道のSLらしい特徴を残した貴重な鉄道遺産だと思います。

ただ全体を見た印象ではかなり各所に錆が出ており、塗装の剥げ落ちも目立ってきています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« 2013 夏 新潟の旅 12 EF81 723 | トップページ | 西ベルリンの思い出 パンナムのB727 N4752 »

路面電車」カテゴリの記事

蒸機C58」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園保存蒸気 C58 407号機 大塚台公園:

« 2013 夏 新潟の旅 12 EF81 723 | トップページ | 西ベルリンの思い出 パンナムのB727 N4752 »

カテゴリー

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村