« 2013 夏 新潟の旅 13 EF510 基本番台 9号機 | トップページ | 西ベルリンの思い出 TWA Boeing 727-31 N844TW »

2013年10月26日 (土)

公園保存蒸気 D51 296 府中市郷土の森公園

全国の公園に静態保存されている蒸気機関車を訪ね歩くシリーズ、今回は都電のときにも出てきましたが、府中市郷土の森公園に保存されているD51 296号機です。

D51_296_130813_4
2013年8月13日に訪問しました、後方にはEB10 1号機も保存されています。

D51_296_130813_3
前照灯は補助灯付きでライトの中心の高さが合わせてありました。

D51_296_130813_6
キャブ前方の窓は旋回窓となっており、ナンバープレートは赤プレートでした。

この機関車の履歴は機関車表(沖田祐作氏による)によりますと

D51296     川崎重工兵庫工場=2204   1939-10-18(10/13?) S77.60t1D1T(1067)
車歴;1939-10-18(10/13?)製造→ 納入;国鉄;D51296→
配属;新潟局→1939-10-28 配置[新鉄達889];
秋田→1939-11-15 使用開始→1943-10-10 坂町→1945-07-01 借入;
上田→1945-10-19 返却→1946-02-01
直江津→1953-11-14 重油併燃装置取付(長野工場)→1961-12-10
旋回窓取付→1967-11-19 長岡運転所→1969-08-16
新鶴見→1970-10-18(10/19?)青森→
1972-03-27 廃車;青森→
保存;東京都府中市「府中市民健康センタ- 交通遊園」;D51296

1939年製造で、豪雪地帯で勤務した際に旋回窓が装備され、一時期新鶴見配置もありましたが、最後は青森で1972年に廃車になっています。

D51_296_130813_7
炭水車のライトもこの機関車でも撤去されていました。重油併燃装置付きだったようですが、展示状態では重油タンクは見えませんでした。

D51_296_130813_10
キャブ内も立ち入り可能で、逆転機などのハンドルも残されています。

D51_296_130813_12
焚き口の扉は自動で開く仕掛けがなされています。

D51_296_130813
D51 296号の説明板 総走行距離は242万kmとのことです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« 2013 夏 新潟の旅 13 EF510 基本番台 9号機 | トップページ | 西ベルリンの思い出 TWA Boeing 727-31 N844TW »

蒸機D51」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園保存蒸気 D51 296 府中市郷土の森公園:

« 2013 夏 新潟の旅 13 EF510 基本番台 9号機 | トップページ | 西ベルリンの思い出 TWA Boeing 727-31 N844TW »

カテゴリー

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村