« 西ベルリンの思い出 Air Berlin N67AB | トップページ | 日本海縦貫線の昼の女王 特急「白鳥」 その2 1982年11月の改正から2001年3月の廃止まで »

2013年11月14日 (木)

西武鉄道 赤電の時代 551系 その3 571系の独立と終焉

「西武の赤電」を懐かしむシリーズ、今回は551系の3回目です。

571_800710_3
571系 2連 1980/7/10 多摩川線 中間車として増備され、最初は501系に組み込まれ、続いて551系6連化で551系と手を組んだものの、最後は独立して571系となった車両

1975年から701系、801系については冷房装置を新設し、ブレーキもそれまでのシステムから電磁直通ブレーキ(HSC)化する改造が施行され体質改善が図られました。これは411系にもおよび、旧性能車の2両編成が不足を来す事態となりました。

1978年9月から1979年3月にかけて、そのバランスを取るために経年の浅かったモハ571形、サハ1571形に運転台を取り付け、先頭車化する工事が施行されました。

新設された運転台側前面は411系(2代)同様の切妻形状とされましたが、前面左側窓上に埋込型の行先表示幕を装備したことが特徴となりました。これは411系(2代)を改造した401系(2代)と同一の意匠であり、車体側に行先表示幕を設置した例は旧性能車では唯一となりました。また、これも旧性能車では唯一となる起立形状とされた運転台パネルやスイッチ配置等にも401系(2代)の意匠が反映されています。前照灯は竣功当初からシールドビーム2灯であったものの、部品共通化の観点から従来車のシールドビーム2灯化に使用されたものと同一品を前面幕板部に装備しています。

1571_800710
クハ1571 1980/7/10 白糸台 台車は赤電の場合、701系のクハより前の付随車両は終生、TR11系でした。

なお、同改造に際して電動車の台車がFS40に統一されたほか、モハ579(クモハ579)は主電動機をMT15系に換装され、性能の統一が図られました。

これら改造に伴ってモハ571形は車番はそのままにクモハ571形と改称し、サハ1571形はクハ1571形1572 - 1580(偶)へ改称・改番され、新たに571系と新規系列に区分されて551系より独立しました。

551系 廃車の発生

4両固定編成という特性上、比較的晩年まで本線系統で多く運用された551系でしたが、非冷房の旧性能車であることがネックとなり、1984年に初の廃車が発生しました。廃車となったのは前述空気バネ台車化の対象外とされ、最後までTR14A・11A台車を装備した559・561編成で、同年3月28日付で除籍されました。

次いで、451系全廃に伴い余剰となったクハ1651形(601系の記事で触れますが、601系のモハが新性能化された際にクハが2連化されたもの)とクモハ551形を編成して短編成化を実施することとなり、新たに2両編成が3本誕生し、主に多摩川線で運用されることとなりました。

同編成替えによって余剰となったクモハ555・サハ1555 - 1558の5両は1984年5月29日付で全車廃車となりました。

4両編成のまま残存した551・553編成はいずれも新宿線系統に配属され、拝島線における区間運用や西武園線等の支線区で運用されましたが、1985年3月に553編成が、同年10月には551編成が相次いで廃車となり、551系の4両編成は消滅しました。

一方、571系は前述の通り旧性能車編成の増結目的で誕生したものの、1980年代以降の旧性能車大量淘汰によって旧性能車の本線系統における運用そのものが激減したことから、後年は狭山線・西武園線等支線区における運用が主となったのち、前述556 - 558編成と前後して多摩川線へ転属しました。

571_2
一見すると451形かと思わせるスタイルですが、埋込式行き先表示で571形と分かります。1980/7/10 白糸台 台車がFS40であることがわかります。

終焉

晩年の551系・571系両系列は、前述の通り主に多摩川線で運用され、1980年代における多摩川線は多摩湖線と並んで旧性能車(赤電)の最後の牙城となりました。なお、同線においては編成がほぼ固定化されていたことから、551系・571系ともに常時先頭に出る先頭車の電気連結器が撤去されていたことも特徴でした。

1571_800606
クハ1571形 池袋線での珍しい出会い 1980/6/6 保谷

しかし、1987年より本線系統で余剰となった401系(2代)および701系によって多摩川線の冷房化促進・新性能化を実施することとなり、同年10月には検査期限の迫った551系558編成および571系575編成が代替廃車となりました。翌1988年には残る551系556・557編成および571系571・573・577・579編成も順次運用を離脱し、同年2月から3月にかけて除籍となり、551系・571系は形式消滅しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« 西ベルリンの思い出 Air Berlin N67AB | トップページ | 日本海縦貫線の昼の女王 特急「白鳥」 その2 1982年11月の改正から2001年3月の廃止まで »

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

B767-281さん、こんにちは(^^)571系って…確か551系の6両固定編成から中間の2両編成を抜いて登場した車両でしたね。初めて見た時、正面が401系と同じで驚きました。登場当初は、新宿線では…あまり見かけなかったような。もっぱら池袋線で走っていた覚えが。晩年は、多摩川線で運用されていたんですね。

マスダっち さん、こんばんは。

コメントをありがとうございます。

わたしも571系は池袋線で1度見ただけで、あとは多摩川線でした。

新宿線では見た憶えがありません。あの頃は本当に赤電の2連を見なくなっていたように感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道 赤電の時代 551系 その3 571系の独立と終焉:

« 西ベルリンの思い出 Air Berlin N67AB | トップページ | 日本海縦貫線の昼の女王 特急「白鳥」 その2 1982年11月の改正から2001年3月の廃止まで »

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村