« 公園保存蒸気 C12 29 大宮 山丸児童公園 | トップページ | 西武鉄道 赤電の時代 701系 その3 »

2013年12月23日 (月)

西ベルリンの思い出 BA British Aerospace ATP G-BTPA etc

西ベルリンのテーゲル空港で撮影した旅客機のシリーズ、今回はBritish Aerospace が製造したATPです。

Gbtpa_cn_2007_british_aerospace_atp
G-BTPA cn 2007 British Aerospace ATP 1989/4/8 TXL

我が国ではあまりなじみの無いタイプですが、1910年1月1日に創設された世界初の航空機会社Avro(アブロ)が開発したターボプロップ機Avro748もしくはHawker Siddeley 748 (後日、Dan Airの時に紹介予定)の発展形として当時、低騒音で燃費の良い短距離用ターボプロップ機の市場が拡大するとの予想のもとに改設計されたものです。我が国のYS-111980年代に再設計されたと思えばよいかと思います。

改良の項目は、胴体の延長、主翼や機首部分の再設計、エンジンの換装(ロールスロイスDartsからP&W PW126)、プロペラを4枚羽根から6枚羽根などにしたことです。定員はシート配置により、64名から72名でした。

初飛行は1986年8月6日で、1988年ブリティッシュ・ミッドランド航空の路線に就航しました。このクラスにはデ・ハビランド・カナダDHC-8パンナムエクスプレスの時に紹介したATR42などの先行ライバル機が存在したため受注が振るわず、1996年に通算64機で製造が打ち切られました。

Gbtpa_cn_2007_british_aerospace_a_2
G-BTPA  前脚が長く胴体が少し前上がりなのが特徴です.。 1989/4/8 TXL

2001年には貨物機転用のプロジェクト(ATPF)も開始され6機がコンバートされ、West Air Swedenで活躍を始めました。同タイプの初飛行は2002年7月10日でした。

2011年11月の時点で40機が現役で活躍しており、West Air Sweden (12), Atlantic Airlines (12), NextJet Sweden (4), Deraya (2) Air Go Airlines (1)となっており、NextJet Swedenの1機のみが旅客用として現役です。

派生型として、ATPのプロトタイプG-PLXI (ser no 2001)を改造し、1994年5月10日に初飛行したJetstream61があり、量産型4機 (cn 2064-2067)の製造が進められましたが、ATR72への生産参加で1995年1月26日にキャンセルとなりました。その他、対潜哨戒機用としてMaritime ATP, 早期警戒機ATP-AEWなども提案されましたが、計画で終わりました。

Gbtpa_cn_2007_british_aerospace_a_3
G-BTPA なんといっても最大の特徴は6枚羽根のプロペラかと思います。

過去に保有した航空会社は以下の通りです。

Air Wisconsin
Asian Spirit
Biman Bangladesh Airlines[2]
British Airways
British Midland
British World Airlines
Loganair
Manx Airlines
Merpati
SATA Air Açores
Sun Air of Scandinavia
Aireuropa Express
United Feeder Service

これらの中でBritish AirwaysとManx Airlinesの機体は撮影しています。

Gbtpc_cn_2010_british_aerospace_atp
手前がG-BTPC (cn 2010)奥がG-BTPA 1989/6/25 TXL

British Airwaysとしては当時、ブレーメン線、グラスゴー線、ハノーファー線、マンチェスター線、ミュンスター・オスナブルック線、シルト線など、ロンドン線、フランクフルト線、ミュンヘン線などに較べて乗客が少ない線にATPを投入していたと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« 公園保存蒸気 C12 29 大宮 山丸児童公園 | トップページ | 西武鉄道 赤電の時代 701系 その3 »

旅客機」カテゴリの記事

コメント

航空機にもお詳しいんですね。
今は県営名古屋空港になってますけど中部国際空港が出来るまではよく名古屋空港に撮影に出かけてたのを思い出します。
ちなみに名古屋空港で中華航空の墜落事故があった日にも撮影に出かけてました。
事故は生では見ませんでしたけど・・・。

モモのパパさま、こんばんは。

今回もコメントありがとうございます。
わたしも名古屋空港(小牧)は何度か撮影に行きましたし、当時nifty serveのPATIOでご一緒だったスポッターの皆さまのオフ会に参加したこともありました。

南側のRWYエンドに連れて行って戴きそこから写真を撮ったものでした。

中華航空の事故は私も憶えていますが、福岡のインドネシアガルーダの事故と並んであの当時、衝撃的でしたね。
実はまだセントレアになってからは行っていないんです。
今回のBAeATPも登場した頃は大きな期待感をもって迎えられましたが、競争相手が強すぎたのか尻すぼみに終わってしまいましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西ベルリンの思い出 BA British Aerospace ATP G-BTPA etc:

« 公園保存蒸気 C12 29 大宮 山丸児童公園 | トップページ | 西武鉄道 赤電の時代 701系 その3 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村