« 公園保存蒸気 D51 946 湯本 石炭・化石館 | トップページ | 西武鉄道 HSCブレーキ化・冷房改造 4 701系 (765F~783F) »

2014年2月 1日 (土)

西ベルリンの思い出 Dan-Air London Boeing 727 その1

西ベルリンのテーゲル空港で撮影した旅客機のシリーズ、今回からDan Air Boeing 727のシリーズとなります。

Gbhne_cn_21676_1417_boeing_7272j4ad
G-BHNE  (cn 21676 1417) Boeing 727-2J4Adv 1989/4/15 TXL

まずは

Dan-Airの歴史から見て行こうとおもいます。

19535、サウスエンド空港をベースとするDouglas DC-3 (G-AMSU) 1機で創業されました。同機は、元々は同空港をベースとし、1952に創業したチャーター航空会社Meredith Air Transportの保有機でした。創業者はDavies and Newman1922以来、ロンドンにおいて船舶の仲介業を営んでいました。Davies and NewmanMeredith Air Transportの資金援助も行っており、同社が経営難に陥った際に、Douglas DC-3を買い取り、さらにサウスエンドと西ベルリン・テンペルホーフ空港との間の6ヶ月間のチャーターフライトの権利も手にしたようです。

Davies and NewmanからDANとし、Dan Air Services Limited 1953521、資本金5000ポンドでスタートしました。Dan Air Londonと胴体に大書されているのはDanish(オランダ)の航空会社と誤解されるのを避けるためだそうです。

包括的ツアーチャーター便、短距離定期便、大西洋横断便、事前予約チャーター便(Advanced Booking Charters)、石油産業サポート飛行を運航し、ロンドン・ガドヴィック空港、西ベルリンテーゲル空港等をハブ空港としました。

Gbhne_cn_21676_1417_boeing_7272j4_2
G-BHNE

ガラスが反射して見苦しい写真ですが。

運航機材では、世界最大のコメット(de Havilland Comets)フリートを有し、最後までコメットを運航した会社となりました。その数は1966から197649機でした。もっとも全てが飛行に供されたのではなくスペアとして部品取り役だった機体もありました。198011に最後の1機が引退しています。コメット自身、世界初のジェット旅客機でありながら、相次ぐ空中分解事故で大改修を余儀なくされ、その間にBoeing 707Douglas DC-8といったアメリカ製の第二世代ジェット旅客機が台頭し、多くの航空会社が手放したことで、安価に入手できたこと、さらにBAC1-11-500Boeing 737-200が中古市場に乏しかったことも要因と考えられます。

また、Airspeed AS 57 Ambassadorの最後のオペレーターでもあり、19719Jersey—Gatwick間の定期便で引退しています。

イギリスはBoeing 727のライバル機であったトライデント(Hawker Siddeley Trident)を製造していましたが、Dan-AirBoeing製3発機のイギリス初のオペレーターであり、1973413にかつてJALが導入していたBoeing 727-100タイプ 3機を導入しました。英国航空局の要求に基づいて失速防止装置が装着されていました。1973から1978にかけて独自に発注した8機のB727-100シリーズでは後部胴体両側に非常脱出口が装備され、”stick-pusher”と呼ばれた失速防止装置も装備されました。その費用は一機あたり、10万ポンドでした。

さらにBAC1-11HS-748を運航しました。そして19835にはBAe 146を短距離路線に就航させました。

運航機材をリストすると

Airbus A300 B4

Airspeed Ambassador

Avro York

BAC One-Eleven 200/300/400/500 series

BAe 146-100/300

Boeing 707-320/320C

Boeing 727-100/200 Advanced

Boeing 737-200/200 Advanced/300/400

Bristol Freighter

de Havilland Comet series 4/4B/4C

de Havilland Dove

de Havilland Heron

Douglas DC-3

Douglas DC-4

Douglas DC-7

Handley Page Dart Herald

Hawker Siddeley 748 series 1/2

Nord 262

Piper Apache

Vickers Viscount series 700/800.

DAN AirはBoeing 707, 727, 737を運航しましたが、自社で製造発注した機体は無かったようで、Boeing 社からのカスタマーコードは与えられ無かったようです(あくまで調べた限りですが)。

1989年頃から、経営が悪化し、さらにイギリスのツアー会社の経営一体化の波に乗り遅れたことがひとつの原因となり、もうひとつはフリートが多種多様にわたり、老朽化しAir Europeなどの競争他社に較べ見劣りし、199211British Airwaysに公称1ポンドで売却となり、39年の歴史に幕を降ろしました。

テキストはWikipedia の記事を参考に纏めました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« 公園保存蒸気 D51 946 湯本 石炭・化石館 | トップページ | 西武鉄道 HSCブレーキ化・冷房改造 4 701系 (765F~783F) »

旅客機 Boeing 727」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。モモパパです。
コメット。
短期間の間に大事故を頻発させましたね。
その間に他のメーカーの台頭を許してしまった。
せっかくの世界初のジェット機だtったのに。

モモのパパさま、おはようございます。

産業革命、コメット、ビートルズ イギリスという国はほんとうに世界を驚かすものを出す国ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西ベルリンの思い出 Dan-Air London Boeing 727 その1:

« 公園保存蒸気 D51 946 湯本 石炭・化石館 | トップページ | 西武鉄道 HSCブレーキ化・冷房改造 4 701系 (765F~783F) »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村