« EV-E301系に乗りに烏山線を訪問 part2 | トップページ | 通勤電車シリーズ 101系 その7  スカイブルー(青22号)塗色 »

2014年3月26日 (水)

公園保存蒸気 C56 126 小淵沢小学校

久しぶりの公園保存蒸気シリーズとなりますが、今回は昨年大晦日、中央本線小淵沢を訪問した際の話題です。

C56_126_131231

C56 126号機 小淵沢小学校 2013/12/31

小淵沢と言えば,小海線、小海線と言えばC56 ポニーの愛称で親しまれた機関車ですから、C56がこのあたりで多く保存されているのが良く理解できます。

C56_126_131231_8

この機関車の最大の特徴はなんと言っても集煙装置ではないでしょうか。
一方で、ナンバープレートはレプリカのようですが。

C56_126_131231_11

公園保存蒸気としてC56を見るのは実は初めてですが、特徴的な集煙装置、角形で大型のデフレクター、そしてC56の特徴とも言える切りかかれたテンダーと言い,いい味を出しています。

C56_126_131231_15

キャブサイドには三菱神戸造船所のプレートが

C56_126_131231_18

後方からのショット 3軸のテンダーと切り欠きの様子が分かります。

C56_126_131231_2

説明板

この機関車の履歴をいつものように機関車表(沖田祐作氏)から

C56126     三菱重工業神戸造船所=224          1938-03-16 S37.60t1CT(1067)
   車歴;1938-03-16 製造→ 納入;国鉄;C56126→ 配属[達220];札幌局→
      1938-03-16 使用開始→ 配置;岩見沢→1941-00-00 現在;深川→1941-08-23 薩摩大口→
      1949-06-21 鹿児島→1949-12-17 延岡→1951-04-26 飯山→1961-00-00 現在;飯山→
      1965-00-00 現在;松本→1971-00-00 現在;上諏訪→ 長野→1973-02-28 浜田→
      1975-02-17 廃車[工車1377];浜田→
      1975-00-00 保存;山梨県小淵沢町「中央公民館」;C56126

1938年に三菱重工神戸造船所で製造されて、北海道に配置、10年あまりの後今度は鹿児島に転属し、その後、長野で活躍し、最後は浜田に移っています。結構、日本中、いろいろな場所で活躍した機関車だったようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« EV-E301系に乗りに烏山線を訪問 part2 | トップページ | 通勤電車シリーズ 101系 その7  スカイブルー(青22号)塗色 »

蒸機C56」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。モモパパです。
小海線といえばC56。
高原のポニーと呼ばれてましたね。
僕、この形の集煙装置初めてみました。
デカイですね~。
小海線ではこの形の集煙装置が主流だったのでしょうか。
個人的にはせっかくのC56の均整の取れた外観を崩してるように感じるのですが。

モモのパパさま、こんばんは。

わたしもこんな大きな集煙装置は初めて見ました。

確かにでかいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園保存蒸気 C56 126 小淵沢小学校:

« EV-E301系に乗りに烏山線を訪問 part2 | トップページ | 通勤電車シリーズ 101系 その7  スカイブルー(青22号)塗色 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村