« 公園保存蒸気 D51 943 入山瀬公園 | トップページ | 1989年のDüsseldorf Airport その2 オブザベーションデッキのJu52 »

2014年5月 8日 (木)

通勤電車シリーズ 101系 その12 もとを辿れば101系のJR東海の123系

通勤電車101系シリーズ、今回は前回の記事で触れました145系・147系から再改造され、JR東海で活躍した123系です。

123_w102_070304_8

富士駅で出発を待つクモハ123-5042 W102編成 2007/3/4

身延線に123形を撮影しに出かけたのは廃止まであと十数日と迫った頃でした。
2006年9月に5041、2007年1月に5044、5145が廃車されており、残って活躍していたのは5042,5043、601、602の4両でした。

****************************************************************

123系クモハ123形は13両が改造され、JR東日本に1両、JR東海に7両、JR西日本に5両が継承されており(JR東海の2両はJR化後に改造)、JR東日本とJR西日本の車輌は1987年クモニ143形から改造された車輌であるのに対して、JR東海の車輌は1987年1月クモユニ147形より改造された40番台1988年3月クモヤ145-600番台から改造された600番台でした。

123_w103_070304_05

源道寺駅に接近するW103編成(単行ですので編成という言い方は?ですが) 2007/3/4

静岡運転所(現、車輌区)に7両とも在籍し、身延線(富士~西富士宮間、鰍沢口~甲府間)の区間輸送用に活躍しましたが、2007年3月16日のダイヤ改正で313系に置き換えられ、運用離脱し、6月までに全廃されました。

123_w103_070304_07

                  如何にも元事業用車という顔をしたクモハ123形 2007/3/4 源道寺

<40番台>

種車はクモユニ147形で、運転台直後に片開扉を設けた2扉車で、戸袋窓は廃止されました。またドア下部の張り出しが前位側(パンタグラフと逆側)にありました。1989年に集約分散式冷房装置(DC-DCコンバータ電源によるインバータ式のC-AU711D形2基)を搭載して5040番台(5041 - 5045)に改番されました。

1990年のワンマン化改造に際しては5045のみ前面に貫通扉が設置され、5145に再改番されました。

123_w103_070304_12

源道寺を後にするW103編成 2007/3/4

<600番台>

種車は牽引車のクモヤ145-601・6021988年3月に改造されました。両端部と中央部に扉を設けた3扉構造となっており、種車の前面にあった貫通扉は2両連結した時に貫通路が構成できるように改造されました。

改造当初は非冷房でしたが、1988年12月に集約分散式冷房装置(C-AU711A形2基)が搭載されました。冷房電源は電動発電機 (MG) からの供給とされたため、改番はされませんでした。1990年にワンマン運転設備が設置されました。

123_w107_070304_03

入れ違いに下りでやってきたのはW107編成 クモハ123-602 2007/3/4 源道寺

去りゆくクモハ123形を撮影するために身延線を訪問したのはこのときが1977年9月23日以来、30年ぶりのことで、1977年当時は貨物列車をEF10やEF15が牽引しており、電車はクモハユニ44、クモハ51、クハ47、そして登場して間もないクハ66などが活躍していました。沿線の宅地化と風景の変化に驚かされました。

                                 2002年 2007年の編成表データ
モハ101-149 → クモユニ147-3  → クモハ123-41 → 5041  W1  → W1
モハ101-141 → クモユニ147-1 → クモハ123-42  → 5042    W2         W102
クモハ100-139 →  クモユニ147-2  → クモハ123-43  → 5043    W3         W103
モハ101-131  → クモユニ147-4  → クモハ123-44  → 5044    W4         W104
モハ100-132  → クモユニ147-5  → クモハ123-45  → 5145    W5         W105
モハ100-806  → クモヤ145-601  → クモハ123-601 →        W6        W106
クモハ100-163 → クモヤ145-602  → クモハ123-602 →           W7        W107   
                                  と編成番号は変化していました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« 公園保存蒸気 D51 943 入山瀬公園 | トップページ | 1989年のDüsseldorf Airport その2 オブザベーションデッキのJu52 »

電車123系」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。モモパパです。
123形。
僕。
好きだったんですがね~。
あの元事業用車両然とした顔立ちが。
無くなってしまったのは寂しいですけど。

モモのパパさま、こんばんは。

123系、JR東海とJR東日本からはなくなってしまいましたが、JR西日本の車輌が本州の西の方で頑張っていますね。あとどれくらい続くかは不明ですが、置き換える車輌も登場していないのでまだ撮影機会はあるかも知れませんね。

クハ415-1901さん、こんにちは。

身延線の123系電車アルバムを拝見です。
富士ポニーと名付けられたこの電車・・・
旧塗装時代に小さかった息子と乗りました。
旧国の流れを汲む?奥が深い電車でしたが、
勇退前に一度湘南色での活躍シーンを見てみたかったです。

入山瀬のD51ですが、
あちらに出かけたときは、必ずここで休憩するようにしています。
旧客もよい感じで、
特に紅葉のころに行くと心がほっとします。

やぶおさま、こんにちは。
コメントありがとうございます。

JR東海はJR各社の中でも最も積極的に国鉄タイプの電車を淘汰していますね。123系も本来ならもっと活躍していたかも知れませんが、以外と早く廃車されてしまった感じですね。

入山瀬のD51、私もやぶおさんが掲示板にアップされたのを拝見して、是非訪問したく思いました。富士山を近くに見えて紅葉の季節も素敵でしょうね。

静岡市の公園のD51も今後どうなるか分かりませんが、是非早いうちに観察しておこうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 公園保存蒸気 D51 943 入山瀬公園 | トップページ | 1989年のDüsseldorf Airport その2 オブザベーションデッキのJu52 »

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村