« 通勤電車シリーズ 103系 1 基本番台 山手線 その1 | トップページ | 上毛電鉄 700型電車 その6  716-726編成 »

2014年6月21日 (土)

1989年のDüsseldorf Airport その7 タイ航空のDC-10 

1989年5月の西ドイツ、Düsseldorf空港で撮影した旅客機のシリーズ、今回は日本でもおなじみのタイ国際航空(Thai Airways International) DC-10です。

Hstma_cn_48267_434_mcdonnell_dougla
HS-TMA  McDonnell Douglas DC-10-30ER cn 48627/ ln 434 1989/5/5 DUS

1987年12月1日に納入された機体でタイ国際航空では9機活躍したDC-10の中の一機でした。後年、Northwest 航空に売却されN238NWのレジが付与されました。

いつものように航空会社の歴史から見てみますと、設立は1959年で資本金200万バーツを国内航空会社タイ航空(Thai Airways Company)(70%)とスカンジナビア航空(SAS)(30%)の合弁事業として設立されました。

1960年5月1日から国際線運航を開始し、東京/羽田線をはじめアジアの9都市への路線を就航させています。

1971年にオーストラリアへ、1972年にヨーロッパはコペンハーゲンへ、1980年には成田経由でロサンゼルスへへ就航し、ネットワークを拡充しています。

1977年にタイ政府が全株式を取得したものの、SASとも引き続き密接な関係を維持しています。1988年4月1日にタイ航空と合併し、株式を一部公開して半官半民事業会社となりました。

1997年には エア・カナダ、スカンジナビア航空、ルフトハンザドイツ航空、ユナイテッド航空と共に航空連合「スターアライアンス」を立ち上げ、創立メンバーに名前を連ねました。

2006年9月28日、バンコク・スワンナブーム国際空港が開港し、それまでのドムアン空港から本拠地を移転しました。

バンコク/ドムアン空港には2001年、2002年に出張で訪れた際に、当時のタイ国際航空の航空機を撮影しているので、今回はこのくらいにしておきます。

最後にタイ国際航空で活躍したMcDonnell Douglas DC-10のリストです。

Thai_dc10

データは Thai Airways International Fleet Details and History  を参考に作成しました。

HS-TG*とHS-TM*のシリーズのレジが付与された9機(6機は通常の-30型、3機は-30ER型)が活躍していたことが分かります。

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村に飛ぶことができます。

« 通勤電車シリーズ 103系 1 基本番台 山手線 その1 | トップページ | 上毛電鉄 700型電車 その6  716-726編成 »

旅客機 Douglas DC-10/MD-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1989年のDüsseldorf Airport その7 タイ航空のDC-10 :

« 通勤電車シリーズ 103系 1 基本番台 山手線 その1 | トップページ | 上毛電鉄 700型電車 その6  716-726編成 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村