« 近江鉄道ミュージアム訪問記 その4 | トップページ | EF200形電機 12号機 »

2014年9月14日 (日)

特急「北近畿」 その20 485系から183系へ part19

JR西日本で活躍した485/9系改造の183系の話題、最後はC編成の話題です。

183_c32_101210_2 C32編成 北近畿 2010/12/10  島本

C編成の構成は
←京都・東舞鶴 クハ183+モハ182+クモハ183 で2009年冬の編成表によると、6本存在し、

C31                      705        201      201
C32                      709        202      202
C33                      706        203      203
C34                      707        204      204
C35                      710        205      205
C36                      708        206      206     となっていました。

183_c34_100708 C34編成のクモハ183-204 2010/7/8 新大阪

これらの編成は1991年に「スーパー雷鳥」の七尾線乗り入れに際して吹田工場・松任工場でモハ485形の前位に切妻貫通型運転台を設置し、クモハ485-201~207に改造し、3両の付属編成化したものです。車両後位車端には電話室も設置されました。室内は指定席仕様として座席床面を7cm嵩上げし、フリーストップリクライニングシート設置し、クモハの定員は60名となりました。

     クモハ485-200/モハ484  ←  モハ485/484
            201/321                     219/321
                     202/322                     220/322
                     203/332                     235/332
                     204/333                     236/333
                     205/343                     246/343
                     206/344                     247/344
                     207/608                     239/608      

1997年3月22日の改正で「スーパー雷鳥」用の付属編成は一部「しらさぎ」に転用されることになり、米原駅で増解結が行われるようになりました。このときに-201,203,204の3編成が転用され、旧国鉄特急色に準じた塗装変更を受けました。2001年にスーパー雷鳥が廃止となり、しらさぎの従来編成がスーパー雷鳥編成に置き換えられた際に、クモハ485-200台のユニット組み合わせも交換されています。
その「しらさぎ」も2003年の改正(3月15日4往復を683系化、7月19日完全に683系化)で全車運用から外れ、この時点でクモハ485-205が廃車となり、他の6両が交流機器使用停止措置を受けて、クモハ183-201~206 に改造されました。
クハ183-700番台(交流機器を完全撤去)はB編成に701~704が組み込まれており、残りがこちらのグループに組み込まれています。

183_c33_060619 C33編成 2006/6/19 千里丘

2003年に転入した時点では
Mc183-201-M'182-201(484-322)-Tc183-204(481-235)
           202           202      -318             202      -222
           203           203      -344             203      -227
           204           204      -336             206      -263
           205           205      -325             205      -254
           206           206      -316             201      -201   といった構成だったようです。

最後は駆け足になりましたがこれにてJR西日本の183系シリーズは終わりです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 近江鉄道ミュージアム訪問記 その4 | トップページ | EF200形電機 12号機 »

電車183/189系」カテゴリの記事

コメント

B767ー281様こんにちは。ちょっと遅れたコメントになります。北近畿はだいぶ前城崎温泉方面へ旅行のさい利用したことがあります。西日本は今でも103系をはじめとする国鉄継承車を沢山使っていますが、逆に言えばきちんと保守すれば長持ちすると言うことだと思います。過日引退した秩父鉄道の1000系、言わずと知れた元101系ですが現場の方々の話では、故障してもどこが悪いかわかるとのこと。それに対して最近のハイテク電車は機器がブラックボックスになっており、丸毎取り替えるようなことになるそうです。技術の進歩は大切ですが、人間的と言う面から考えるとちょっと寂しい気がいたします。旅客機の世界も似ているようで、例の787のトラブルのようなことが起きてしまうと厄介になります。またまた戯れ事でお邪魔いたしました。

細井忠邦さま、こんにちは。

まさに同じことは今のクルマにも言えますね。昔は修理工場で部品ひとつひとつを手作業で治していましたが、今はメーカーに持って行ってチップを交換して治す時代のようですね。先日、今年で13年目になる愛車クレスタの車検の際にそんな話をディーラーの方と話していました。

さらに昔の国鉄電車は通勤、近郊、特急と用途は別でも基本部分は共通であったため、いざ新規に開発となると時間がかかったという話もよく聞きますね。

そのうちに人間もips細胞から作った臓器を交換しながら生きながらえて行く時代になるのでしょうか(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特急「北近畿」 その20 485系から183系へ part19:

« 近江鉄道ミュージアム訪問記 その4 | トップページ | EF200形電機 12号機 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村