« EF200形電機 14号機 | トップページ | 郡山車両基地まつり 2014  その3 展示車両 485系 ジパング »

2014年10月 2日 (木)

東海道新幹線開業から50年 その1 1964年夏の家族旅行

昨年の11月は1963年11月22日第35代アメリカ合衆国大統領John Fitzgerald Kennedy暗殺事件から50年にあたり、あの事件に関するいろいろなドキュメンタリーが放映されていました。そして今年は1964年10月1日の東海道新幹線開業、さらには10日の東京オリンピック開幕から50年ということで既にいろいろなイベントが開催され、テレビでは特別番組などが放映されています。

私は、1964年当時、小学校3年でした。父の実家が秋田県の能代市、母の実家が山口県の萩市だったため、小学校の奇数学年の夏休みは萩へ、偶数学年の夏休みは能代へ里帰りの家族旅行を経験しました。

東海道新幹線が開業する直前の1964年7月の夏休みは東京発12:30の客車急行33レ「雲仙・西海」で東海道、山陽筋を下り、一路萩へと向かいました。当時の時刻と編成はこちらに掲載されています。
編成は
「西海」 東京~長崎 1~6号車 スロ51 ナハネ11 オシ17 ナハ ナハ ナハフ
「雲仙」 東京~佐世保 7~12号車 ナハフ スロ54 ナハネ11 オハ スハフ スハフ 
下り方に オユ マニ マニ(米軍専用荷物 東京発月・水・金 佐世保発 火・木・土) 
オユは東京~鳥栖 12号車は東京~下関 だったようです。

厚狭駅で下車した際に15両の客車の後何両かがホームからはみ出し、ホームでないところに飛び降りたのを憶えているので、乗車したハコ(当時は客車のことをこう呼んでいました)は「雲仙」の後から2両目のスハフあたりだったのではと思います。今から思えば食堂車や寝台車も連結されていた編成ですが、列車は大変な混雑で自由席の座席を確保するために東京駅では乗車前から並んだと思います。

因みに当時の東海道新幹線開業前の東京駅発の名古屋以西に向かう優等列車を当時の時刻表データに基づいて表1に纏めてみました。

119645small 表1 1963年10月改正(1964年10月改正前の大きな改正)ダイヤによる東海道本線名古屋以西に向かう優等列車(特急、急行、準急)の発車時刻

太字が特急、細字は急行、青字は準急です。このなかには「第2ひびき」のように5月にしか運転されなかった不定期列車も含まれています。

意外と11時台の列車がなかったりしますが、夜行列車の頻発ぶりには驚かされます。

東京駅で駅弁「幕の内弁当」と冷凍みかんを購入し、真夏の昼下がりの東海道を下りました。車窓には10月に開業予定の新幹線の工事が着々と進んでいるのが見えました。名古屋での停車時間に「きしめん」を購入し、そのときのどんぶりが長く実家にあったのを憶えています。どんぶりといえば帰りの「出雲」でも出雲市で購入したそばのどんぶりが家にありました。当時は、駅そば・うどんを購入するとどんぶりが付いてきました。

京都では叔父がわざわざホームまで見送りに来てくれ、窓越しに対面したのを憶えています。そして、大阪、神戸は夜となり、岡山は深夜、夜が白みはじめたのが徳山を過ぎたあたりだったかと思われます。

長大編成の客車列車がカーブにさしかかる度に、前方や後方を見るのが楽しみでした。前方では真っ黒な巨体の蒸気機関車が列車を牽引していました。恐らくC59C62だったとおもいます。蒸機が牽引しているので窓は暑くても開けるなの世界でした。山陽本線の全線電化は1964年7月25日、横川~小郡の電化で完成しているはずですが、乗車日が25日以前だったのか、電化後も蒸機の運用が続いたのか、牽引機は間違いなく蒸機でした。そして、5:49定刻に厚狭に到着しました。

ここから美祢線で北上し、山陰本線の長門市(以前は正明市:しょうみょういち)まで気動車に乗りました。2両編成のキハ17だったのか、煙突からの発熱で車内はかなり温度が高かったように思います。切符は周遊券でしたが、券面の地図ではまだ正明市となっていました。長門市からは仙崎への支線が出ており、車両はレールバスのキハ01系でした。後日、青海島観光で仙崎に行く際に乗車しました。

萩では青海島観光の他、菊ヶ浜での海水浴、松陰神社、毛利家の墓所がある東光寺、日本一小さい火山という笠山見物などで過ごし、帰りは山陰本線を東上し、浜田から急行「出雲」で東京に向かいました。

急行「出雲」の当時の編成がこちらに記載されています。山陰本線はまさに一日中、海岸を走っているという感じで、夕暮れ時に余部の鉄橋を通過したのも憶えています。

2022レとして浜田からは スハフ スハ スハ スロフ53 の4両編成で出発し、
出雲市で東京寄りに オロネ10 オハネ17 ナハネフ10 の3両を増結し、さらに京都で大阪発の急行「金星」 ナハネフ10 スハネ30 x 4 オハネ17 ナハネフ10 を併結し、22レとして東京に向かう列車でした。浜田 13:55発、出雲市15:52、 京都23:45 東京着 9:36でした。(時刻データはこちら

50年前の夏休みの旅行、当時写真は親が撮ってましたが、鉄道関係のものはありません。

1964年10月、東海道新幹線の開業後の最初の日曜日、晴海埠頭で開かれた自動車ショー改め東京モータショー(第11回)のついでだったと思いますが、父親に連れられ東京駅の新幹線ホームに行きました。そのときに父が撮影したのがこの写真です。

0_641001 1964年10月4日 東京駅

新幹線開業前までは試作のA編成やB編成を本などで見ており、営業用編成を間近で見た際に、一番驚いたのはスカートの排雪フィンと排障器の「いかつさ」でした。

開業直後の東海道新幹線はいわゆる1-1ダイヤ、1時間あたりひかり1本、こだま1本で,東京~新大阪間、「ひかり」は4時間、「こだま」は5時間かかっていました。東京駅は2面3線の使用でホームは17~19番線でした。東海道新幹線に初めて乗車したのは、1966年夏休みの萩旅行(小学校5年)だったと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« EF200形電機 14号機 | トップページ | 郡山車両基地まつり 2014  その3 展示車両 485系 ジパング »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

客車」カテゴリの記事

新幹線0系」カテゴリの記事

コメント

B767−281様 お早うございます。それにしても全盛期の東海道線の列車達、蒼々たるメンバーですね。私の記憶では、新幹線の開業前東京駅で行われた一般公開に行った記憶がおぼろげ乍らあります。実際に乗車したのは、同じ官舎にいた友達が大阪へ引っ越し、夏休みに一人でひかり、に乗車したのが初めてです。(小4の夏休み。東京まで両親が送り、新大阪で先方様がお出迎え)車内では3人がけの通路側となり、お隣の出張族とおぼしき方にえらく感心されコーラをおごってもらいました。その後は大阪万博見物で、叔父貴に連れられ従兄弟とともに出かけたのが2回目の乗車です。その時はあまりに混んでいたのでこだま でした。いずれの乗車時にも速いと言うより、とにかく揺れない電車だな、という印象が強かったです。その後仕事その他でたびたび利用するようになり、ダイヤの過密化とともに揺れが恐い時期がありました。今はN700に乗るとだいぶ揺れはおさまった印象です。それにしてもあれから50年。時の流れは早いものですね。またまた失礼いたしました。

ケネディ暗殺、私が5歳でしたが、あの日のことを よく覚えています。

朝早くから 家族でテレビを見ていました。


もう1つ記憶にあるのは、チャーチルの国葬を とてもよく覚えています。


新幹線が開通して50年ですね。

実は、我が家は新幹線を建設するために立ち退きをしたそうです。

東海道新幹線に乗るたびに 私が赤ちゃんだったとき、このあたりに家があったのかと思います。

細井忠邦さま、おはようございます。

新幹線開業前の公開に行かれましたか、私は当時、東村山に住んでいましたが、新幹線開業前の東京駅のホームに立った経験は萩旅行の列車に乗るくらいで、それもピンポイント、ホームをぶらぶら、列車見物といったものではなく、ああもう少し早く生まれていたらと後悔しております。

準急豊島園 さま、おはようございます。

ケネディ暗殺は日本でも勤労感謝の日の朝、アメリカとの最初の衛星中継で飛び込んできたニュースとして衝撃的でした。

チャーチルの国葬というのも今ではあまりニュースとして聞きませんがありましたね。国葬と言えばもう少し後ですが日本でも吉田茂元首相の国葬がありました。

こんにちは~。モモパパです~。
今年は東京オリンピックから50年。
そして新幹線開業から50年と話題目白押しですね。
僕は新幹線開業時は生まれてませんが・・・。
新幹線に初めて乗ったのはおぼろげな記憶を辿ると幼稚園の頃だったかな。
名古屋から静岡まで乗ったはずです。
静岡で行われた母親の妹(叔母)の結婚式の写真が残ってるので。

B767しゃん、おはようございやす(^^)お邪魔致しますよm(_ _)m新幹線で思い出しました。ワタシにとっては…ちと苦い思い出です。今から28年前の1986年頃、ワタシが中3の時です。0系が全盛の時でした。100系もチラホラでした。修学旅行が奈良・京都でした。修学旅行の初日、名古屋まで新幹線に乗りました。東京駅を発車して、品川辺りで早くも乗り物酔いでダウンしてしまい、名古屋に着くまで何度もトイレに駆け込み…ゲロゲロでした。おかげで名古屋に着いた時点でワタシは死んでいました。挙句にクラスの友達の男子から「ゲロタンク」という皮肉なニックネームまで付けられてしもうた。おかげで母ちゃんが作ってくれたお弁当は全然食べられずゴミ箱行きに…母ちゃん…ごめん!!m(_ _)m名古屋から大和八木まで近鉄特急でしたが、ほぼ死んでましたね、ワタシ。その大和八木から今度は観光バスでした。観光バス特有の車内の匂いも苦手なもんで、もうゲロッパでした。修学旅行は2泊3日でしたが、1日目が悲惨でしたね(^◇^;)チャンチャン

モモのパパさま、おはようございます。

幼稚園のときにはじめて新幹線にご乗車されましたか、私もお話を聞いてある珍事を思い出ししました。

京都に従姉妹がいたのですが、その従姉妹たちが小学校と幼稚園の時だったか、東京に遊びに来て、帰る際に二人だけで新幹線に乗るということになりました。母と東京駅まで送り、指定席の座席に座らせて、母がおりてきてそれではバイバイとなったときに母が切符を持たせるのを忘れて降りてきてしまい、気がついたときにはドアが閉まって,発車してゆきました。

慌てて,駅の事務所に行き,事情を説明して事なきを得ましたが、あのときは窓を境に両側で一瞬凍りついたお別れになりました。

マスダっち1971さま、おはようございます。

修学旅行で列車酔いでしたか、道中が長く,集団行動で一人だけ予定変更とは行かないだけに大変でしたね。

私の時代は中学校は155系の「ひので」,高校は新幹線でした。おそらく、同じような経験された仲間もいたと思います。

B767しゃん、おはようございます(^^)またお邪魔致しますよm(_ _)mごめんなさいm(_ _)mちと訂正がありまんねん。中3の修学旅行の時、ワタシ…新横浜に到着した時点でもうダウンしてた(^◇^;)品川辺りではまだ大丈夫でした。新横浜を発車して、次の名古屋までが…もう悲惨でしたね。何度も何度もトイレに駆け込んで…ゲロッパでした(^◇^;)

マスダっち1971 さん、おはようございます。

人間一度,船酔いモードになると何をやっても受け付けない状態になるのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道新幹線開業から50年 その1 1964年夏の家族旅行:

« EF200形電機 14号機 | トップページ | 郡山車両基地まつり 2014  その3 展示車両 485系 ジパング »

カテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村