« ダイヤ改正 仙台EH500 首都圏運用の変化 | トップページ | パリの6つのターミナル駅巡り リヨン駅 1 »

2015年3月18日 (水)

尾久車両センター公開 2014 その4 カヤ27-501

2015年3月のダイヤ改正に関する話題は一旦、お休みにして再びいつものシリーズを続けます。

今回は2014年11月15日の尾久車両センター公開で展示されていたカシオペアE26系編成用予備電源車カヤ27-501の話題です。

27501_141115
尾久車両センター公開で展示されたカヤ27-501 2014/11/15

E26系カシオペア用の編成には本来、カハフE26形が12号車として編成に組み込まれており、従来の電源車とは異なり、ラウンジカーとしての機能も兼ね備えた車両となっています。カハフE26形にトラブルが生じた際や、検修による入場の際の代替電源車として2000年カニ24 510を種車として改造されたのがカヤ27-501です。

E26_060924
カシオペア編成の本来の電源車 カハフE26-1 2006/9/24 大宮

カニ24 510は元来、1977年9月28日「あさかぜ」「瀬戸」「安芸」の24系25形化で登場したカニ24 100番台グループで、16両が1977年から1980年にかけて新潟鐵工所および富士重工業で製造されました。それまでのカニ24に対して荷物取扱量の増加で荷重を5tとし、車体長が1m延長され、19.5mとなり、後位妻面に貫通扉が設置されました。そのうちの一両-1131990年に「北斗星」投入のため、耐雪耐寒強化工事が施工され、カニ24 510に改番されていました。

24_100
表1 カニ24 100番台16両の履歴 (国鉄型車輌の系譜シリーズ01 形式24系 イカロスMOOKを参考にしました。)

2425_801213 大ムコ時代のカニ24 113
新大阪駅に到着した24系25形使用の「明星6・彗星2号」 1980/12/13
番号は確認していませんが、カニ24 113~116の4両のどれかと思います。

2424_830102 秋アキ時代のカニ24 113
秋田駅に到着した特急「出羽」24系編成の電源車を務める姿 1983/1/2
こちらも番号は未確認ですが、101, 102, 113~116の可能性が高いです。         

E26_27501_141115_12
普段は目にすることが無いカヤ27の連結面 製造や改造を示す5枚の銘板が印象的です。 
E26系客車とは密着連結器で連結されます。

E26_27501_141115_5
台車はE26系客車は軽量ボルスタレス台車TR250形、TR251形で枕バネは空気バネなのに対してこちらはコイルバネ方式のTR66Cを履いています。

(追記)寝台特急固定編成客車の電源車はマニ20以来、TR54を履いていましたが、ディーゼルエンジンとMGの両方を搭載したカニ22が登場した際に、自重の重さに耐えるためウイングバネ式のTR66が開発されました(細井様のコメントを拝見して思い出しました)。

カヤ27化改造に当たって、発電設備が更新され、種車の荷物室は車内販売等に使用する業務用室に変更されました。E26系編成は電気指令式ブレーキを常用として装備し、牽引機関車の変化に対応して、ブレーキ指令読み替え装置を持っていますが、カヤ27形連結時はこの読み替え装置を搭載していないため、従来のCL方式(応荷重式自動ブレーキ装置)によるブレーキ方式となります。

E26_27501_070524

カヤE27-501を編成に組み込んだカシオペア 2007/5/24 石橋~自治医大

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« ダイヤ改正 仙台EH500 首都圏運用の変化 | トップページ | パリの6つのターミナル駅巡り リヨン駅 1 »

催事」カテゴリの記事

客車24系」カテゴリの記事

客車E26系」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
カシオペアの予備電源車ですか。
なかなか見る機会がありませんね。
僕は初めて見ましたヨ。
この車両が走ってるのを見たらある意味ラッキーかも。

B767−281様 お早うございます。ずいぶん春めいてきましたね。さて固定編成客車の電源車と言えば、20系のカニ21をまず思い出します。最初の電源車はマヤ20で荷物室拡大でカニ21の登場、このカニ24のケースとよく似ていますね。そう言えばパンタから集電するカニ22、あれが機関車の次位についている姿は格好良かったです。当時の技術では大型MGとディーゼル発電機の両方を搭載さぜるを得ず、重量が大きく限定運用で想起にカニ21並みのスペックになってしまったのは残念でした。その後中間のラウンジカーにパンタをつけて集電する方式もでましたね。残念ながら東海道・山陽系ブルトレの引退でこちらも過去の存在となってしまいました。日本人の生活が大きく変化した今、余裕の旅はウケる、と私は思うですが。ぜひ客車による長距離寝台列車の復活を、単なる郷愁でなく願いたいものです。通常シリーズも楽しみにしております。

モモのパパさま、こちらにもありがとうございます。
わたしも一度しか見たことありません。カニ24113もカシオペア予備に改造されたために、最後まで生き残ることになりそうですね。

細井忠邦さま、こんばんは。
わたしもコメントを拝見して以前、カニ22があまりに重いため台車を新開発のTR66に変更したことを思い出しました.早速、追記しておきました。
20系の電源車に関しては「あけぼの」でマニ20、カニ22が活躍する姿は見ているのですが、既にパンタは外されていました。EF58やEF60500番台などにカニパンSWがあったそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾久車両センター公開 2014 その4 カヤ27-501:

« ダイヤ改正 仙台EH500 首都圏運用の変化 | トップページ | パリの6つのターミナル駅巡り リヨン駅 1 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村