« 1989年のDüsseldorf Airport その32 Aeroflot Tu-154M part1 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 304F »

2015年5月23日 (土)

西武新101系 その8 白塗りワンマン車4連 1245F

西武鉄道新101系ワンマン化4連の話題,今回は1245Fです。

101n_130813
西武園線で活躍中の1245F 2013/8/13 東村山 ベンチレーターは残されています。

製造は東急車輌で竣功日は1980年4月1日でした。101系10次車として落成しました。1245Fから1253Fの5本は2010年から2011年にかけて改造がなされました。

245f_140927
多摩川線で活躍中の1245F 2014/9/14 武蔵境

245f_140927_2
多摩川線の白糸台駅は検車区も併設され列車の交換も行われています。 2014/9/27

改造に関する日付データです。

更新修繕                  2011/7/13
パンタグラフシングルアーム化     2011/7/13
ワンマン化                 2011/7/13
CP交換                   2011/7/13
SIV取付                   2011/7/13

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 1989年のDüsseldorf Airport その32 Aeroflot Tu-154M part1 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 304F »

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

b767-281様おはようございます。お馴染み多摩川線登場といった感じです。地域の小学生デザインのラッピングというのもアイディアとしてはいいですが、どうも白が似合わないと思います。黄色にしてそれに合わせたラッピング。難しくないと思いますが。この編成はベンチレータが残っていていいですね。屋根がツルりは何か間が抜けています。ではまた失礼致しました。

細井忠邦 さま、こんばんは。

確かにこの白塗りへの変化はどういった理由からなのでしょうね。
春夏秋冬はともかく、それ以外の車輌は黄色でも良かったように思えますね。

今回、多摩川線で撮影したのは土曜日でしたが、3本が運用中で、一本は白糸台で休んでいました。白になった1261Fも機会を見て撮っておかなくてはと思います。

こんにちは~。モモパパです。
西武線ワンマン車両。
4連なんですか。
こちら名鉄のワンマン車両は2連ばかりです。
主に三河線、蒲郡線を主に走ってますが。
ラッシュ時のみ車掌が乗務して4連になるそうですが。

こんにちは。
1245F、まだ坊主屋根にはなっていないのですね。


先ほどまで西武新宿線沿線に居りましたが、
N2000系、ベンチレターを削除した 坊主屋根が増えましたね!


多摩湖線は、通常ワンマン運用ですが、甲種輸送などで予備車が不足すると、
玉川上水からN2000系の4両編成が多摩湖線で代走する場合があり、
その時には車掌が乗務しているそうです。

モモのパパさま、おはようございます。

名鉄でもローカル支線ではワンマン化が進んでいるのですね。
確かに編成が長いと、運転士さんも乗客の乗り降りの管理、安全運転と業務量が
かなり増えるように思えますね。

準急豊島園さま、おはようございます。

そうですか、2000N系にもベンチレーター撤去車が現れていますか。確かに登場してかなり時間も経って、そろそろ置き換えられる時期ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武新101系 その8 白塗りワンマン車4連 1245F:

« 1989年のDüsseldorf Airport その32 Aeroflot Tu-154M part1 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 304F »

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村