« 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 14 D51 1号機 | トップページ | あじさいの季節 いざ,鎌倉へ »

2015年6月20日 (土)

尾久車両センター公開 2014 その10 485系 ジパング

2014年11月15日の尾久車両センター公開の話題、今回は485系改造のジョイフルトレイン「ジパング」です。

485_141115_8
ジパング車内見学にならぶ人々の列 2014/11/15 尾久車両センター

この車輌、2014年9月6日の「郡山車輌基地まつり」でも展示されており、改造の経緯等については既に紹介しています。今回は車内見学の機会がありましたので、そちらを重点的にレポートします。

485_141115_14
クハ485-704の側面に表示されたジパングのロゴ

Zipanguとは中世の中国語で日本国を発音した音が語源で、Japan/Japon/Giappone/Yaponiya などの日本を意味する言葉の語源と考えられています。マルコポーロがヨーロッパに戻った際に日本のことをCipangu (あるいはChipangu)と紹介したのも有名です。

485_141115
車内ですが、1,4号車が展望車、2,3号車が普通車で、1号車に乗るとすぐに上の写真のような数面のディスプレイがあり、沿線の観光地紹介がなされます。展望車の連結面側がこういった通路になっています。

485_141115_3
座席は外向きにセットされており、窓際にはテーブルも用意されています。

485_141115_6
展望車らしく座席からも前方がよく見えるように工夫されています。

485_141115_8_2
運転台の計器類は種車(クロ485-4←クハ481-34)の計器がそのまま引き継がれています。

クハ481-341969年7月に東急車輌で製造、向日町に配置され、山陽・九州・北陸特急で活躍、1975年3月の改正で鹿児島に転属、「有明」、「にちりん」などで活躍後、1985年2月に勝田に転属、常磐線特急「ひたち」で活躍しました。1997年9月定期運用から離脱、12月に新前橋に移り、「やまなみ」の種車となりました。九州時代と最晩年のひたち塗装時代の写真は「ボンネット特急の世界へようこそ」のサイトにあります。

485_141115_14_2
1号車 展望車内

485_141115_16
一方、2,3号車普通車は従来の485系のスタイルでシートはこのようなモケットのシートに置き換えられています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 14 D51 1号機 | トップページ | あじさいの季節 いざ,鎌倉へ »

催事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾久車両センター公開 2014 その10 485系 ジパング:

« 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 14 D51 1号機 | トップページ | あじさいの季節 いざ,鎌倉へ »

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村