« 江ノ電を撮る 車輌編 その3 1000形 1001F 1002F | トップページ | 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 16 D52 468号機 »

2015年7月29日 (水)

小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 3 200系250系 

東武スカイツリーライン、小菅付近の複々線を行く数多くの車輌達、今回は200系250系です。

200_120901_5 200系 りょうもう 2012/9/1 五反野

下枠交差形のパンタから200系201-206編成のどれかまではわかります。

このシリーズの番外で、7月18日にはスペーシア106編成が「日光詣」第二号としてデビューし、早速撮影しに参りましたので、100系の話題から200系の話題に移れます(笑)。

東武200系は急行列車「りょうもう」用として、それまで使用されていた1800系の置き換えのため、1991年2月1日より、運用を開始した車両です。

200系登場のきっかけは、1984年8月のダイヤ改正で赤城・伊勢崎方面への需要の増加に対して、輸送力増加を運行本数増とスピードアップで対応した場合、1800系では性能上スピードアップが困難であることが明らかだったからです。

207f_150530 200系(207F) りょうもう 2015/5/30 小菅 

こちらはシングルアーム式パンタ、HID式前照灯 さらに台車から、207編成以降の200系までは分かります。

1800系の性能、接客設備面両面で上回る車輌として、1990年11月から1998年1月にかけて200系、6両編成9本が東急車輌製造・アルナ工機で製造されました。構体は台枠より新製されましたが、台車・主電動機などの一部の主要機器は1700系、1720系の解体発生品を使用しての竣工となりました。1998年2月にさらにもう一本増備されることになりましたが、既に1700系、1720系の部品は使い尽くしていたため、主要機器を含めて完全新製となり、250系と別形式に区分されました。主要機器に関しては当時増備されていた30000系通勤形電車と同一の機器が使用され、VVVFインバーター制御、ボルスタレス台車といった構成になりました。200系は全電動車方式で250系は3M3T方式となりました。

同編成の落成で1800系は「りょうもう」運用からリタイアし、「りょうもう」は1999年3月改正で急行列車から特急列車に格上げされました。

仕様

主電動機 200系 直流直巻き方式 TDK-824A
               250系 三相かご形誘導電動機 TM-95

主電動機出力 200系 75kW   250系 190kW
歯車比  200系 3.75 (75:20)  250系  5.28 (95:18)

駆動装置 200系 可撓継手式中空軸平行カルダン
       250系 TD継手式平行カルダン

制御装置 200系 バーニヤ式電動カム軸抵抗制御・界磁添加励磁制御 VMC-HTR-10H
           東武唯一の界磁添加励磁制御方式で、回生制動と定速運転制御となっています。
       250系 IGBT-VVVFインバータ制御 VFI-HR1420 
           ソフトウエア上の調整で起動加速度、加速特性を200系に合わせています。 

台車 200系 SUミンデン式FS-370A
    250系 モノリンク式SS-151・051

制動方式 200系 回生制動併用電磁直通空気ブレーキ HSC-R
       250系 回生制動優先電気指令空気ブレーキ HRDA-2

集電装置 200系 201-206 下枠交差形PT-8002  200-2,-4,-5に1基ずつ   
                         207-209 シングルアーム式PT-7112A

       250系 251 シングルアーム式PT-7112A  -2に2基、-5に1基

補助電源装置 200系 201-206 東芝製COV018-A0DC-DCコンバータ(出力140 kW)
              207-209 IGBT素子を採用した東芝製INV114-B0静止形インバータ(SIV・出力190 kVA)

          250系 251   INV114-B0

補機類  CP 200系 201-206   静音形のHS-20C(吐出量2,130 L/min)
              207-209 電動機が交流化された改良型のHS-20-I(吐出量2,130 L/min)

         250系 251    HS-20-I(吐出量2,130 L/min)

冷房装置 集約分散式
       東芝製RPU-3002AJ(冷却能力10,500 kcal/h)を1両当たり3基搭載    

車体 全鋼製

前照灯 201-206編成 シールドビームライト 207-209、250系編成 HID式高輝度放電灯
行き先・種別表示器 201-206 幕式 207-209、250 LED

250_100508 250系 りょうもう 2010/5/8 館林

251f_150429 250系 りょうもう 2015/4/29

250系の判別はシングルアーム式パンタ、前照灯、台車の形態、そしてスカートの穴が両側にあることです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 江ノ電を撮る 車輌編 その3 1000形 1001F 1002F | トップページ | 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 16 D52 468号機 »

民鉄:東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 3 200系250系 :

« 江ノ電を撮る 車輌編 その3 1000形 1001F 1002F | トップページ | 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 16 D52 468号機 »

カテゴリー

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村