« 東海道新幹線開業から50年 その19 N700系 part2 | トップページ | 保存施設と車両 名鉄旧美濃駅 part3 »

2015年7月14日 (火)

九州鉄道記念館訪問 その7 クハネ581-8

2004年10月の九州鉄道記念館訪問の記録、今回はクハネ581-8です。

5818_041017_4
1967年10月改正で登場し、1975年3月の新幹線博多開業の改正で廃止された世界初の寝台特急「月光」の姿で保存されているクハネ581-8   2004/10/17 九州鉄道記念館

581/3系の制御車はクハネ5811967年9月に1~8の8両、1,2,7,8が日本車輛、3,4が近畿車輛、5,6が川崎車輌で製造されました、その後、1968年3月から9月までに9~37までが製造、さらに39~41が1969年2月に製造されました。多くは門ミフに新製配置されましたが、10~17、22~26は盛アオに新製配置されました。41でクハネ581の製造は打ち切られ,以降はクハネ5831970年6月から1972年3月にかけて1~30まで製造されました。

715_715_860218_2
クハ715 1986/2/18 長崎本線のある駅

このクハネ581-81984年1月13日、小倉工場でクハ715-1に改造され、長崎地区などで近郊型電車として活躍しました。715系改造にあたり、4両編成12本が必要とされクハネ581 10両、モハネ581/580ユニット12組、サハネ581 14両が種車となり、クハネ581はクハ715、サハネ581の2両がクハ715と同じ長崎・早岐向きクハ714に、残りの12両が鳥栖・佐世保向きクハ715-100番台に改造されました。

5818_041017_3
サイドの表示窓には月光 (登場時)の案内幕が,1972年3月の新幹線岡山開業以降は岡山~博多・西鹿児島間に

581_750305_1d 1975/3/5 早朝 5:19 下関駅に到着した下り「月光2号」岡山発博多行き
東京から急行「高千穂・桜島」で下関に4:18に下関到着後、撮影したもの

581/3系電車は「月光型」と呼ばれましたが,その月光は登場から8年弱で廃止されました。
5818_041017_9
内部も公開されていますが、それは715系電車の車内でした。

5818_041017_8 運転台も見ることができます。

5818_041017
車体標記はクハネ581となっていますが、クハ715としての検査標記かと思われます。所属も581/3系時代は門ミフ→大ムコでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 東海道新幹線開業から50年 その19 N700系 part2 | トップページ | 保存施設と車両 名鉄旧美濃駅 part3 »

鉄道博物館」カテゴリの記事

電車581/583系」カテゴリの記事

電車715系」カテゴリの記事

コメント

b767ー281様こんばんは。西日本の博物館に寝台車そのものが残るようなのであえて突っ込みませんが、近郊形そのままの中身でも残したのは偉いど思います。毎度のことながら、電車は最小限の編成で保存するべき、だと思います。夜分失礼致しました。

細井忠邦さま、おはようございます。

よく考えてみると、581/3系としては、現在
JR九州>昼行寝台電車の外観で近郊型改造のスタイル
JR西日本>「きたぐに」残存で寝台電車のスタイルで
JR東日本>1編成6両現役

となっているのですね。581/3系の場合、昼夜の内装の変化やモハのパンタ下の構造なども是非後世に残して欲しいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州鉄道記念館訪問 その7 クハネ581-8:

« 東海道新幹線開業から50年 その19 N700系 part2 | トップページ | 保存施設と車両 名鉄旧美濃駅 part3 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村