« 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その8 | トップページ | 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その10 »

2015年8月17日 (月)

速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その9

今回は一畑口駅の話題です。

150804
一畑電車は,電鉄出雲市から、北松江線で松江しんじ湖温泉に向かう列車の場合、

同社のWEBサイトの路線図を見る限りではストレートに繋がっているように見えますが、一畑口駅でスイッチバックします。
なんで傾斜もない平坦線なのにスイッチバックするのか、その理由は,同線の生成にあります。
150804_2 行き止まりの線路と開きっぱなしの構内踏切
かつての一畑駅までの区間は現在、道路になっているようです。

一畑電気鉄道は1915年2月4日に雲州平田から一畑間が開業し、同駅も小境灘駅として開業しました。一畑駅は「目のお薬師様」として知られる一畑寺(一畑薬師)の最寄り駅でした。
さらに、1928年4月5日に北松江(現在の松江しんじ湖温泉)駅からの路線が開業し、小境灘駅が接続駅となりました。

150804_3 プラットホームは2本あり、列車交換が出来るようになっています。

1944年12月、戦時中の鉄材供出で小境灘~一畑間 (3.3km) が営業休止となり、1960年4月26日に正式に廃止となりました。
1952年10月1日に一畑口駅と改称されておりますが、運転形態はその後も維持されたため、現在に至るまでスイッチバック駅となっています。

150804_4
駅南に存在するシーザスクロシング 右手が電鉄出雲市方面、左手が松江しんじ湖温泉方面
150804_5
それぞれの方向の出発を現示する2灯式信号機

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その8 | トップページ | 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その10 »

」カテゴリの記事

鉄道施設」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

コメント

B767さん…おはようございます(^^)一畑電車の特急って、電鉄出雲市〜出雲大社前間のみで運行されているんすね。停車駅は大津町・川跡のみなんすね。カタカナと漢字が混じった駅名もあるんすね。【出雲科学館パークタウン前】【松江フォーゲルパーク】【松江イングリッシュガーデン前】ですか。

こんにちは~。モモパパです。
一畑口駅。
なんともいい味出してる駅ですね。
ご存知かどうか分かりませんがかの宮脇俊三さんもこの一畑口駅を絶賛しておりました。
ひなびた駅。
僕、大好きです。

一畑口駅ってスイッチバック駅だったんですか。知らなかったです。

マスダっち1971さま、おはようございます。

今回の旅ではこういった特別列車には遭遇しませんでしたが、最初に乗車した5000系などが投入されているようですね。

モモのパパさま、おはようございます。

今回は一畑駅は停車しただけで、下車はしなかったのですがそういった魅力満載の駅ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その9:

« 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その8 | トップページ | 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その10 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村