« 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その14 | トップページ | 九州鉄道記念館訪問 その8 ED72 1号機 »

2015年8月23日 (日)

東海道新幹線開業から50年 その20 N700系 part3 1000番台 4000番台

あ昨年10月の開業50周年以来、東海道新幹線の車両を形式ごとに見て参りました。今回はN700系の改良型として登場したN700系1000番台、4000番台(通称N700A)の話題です。AはAdvancedの略だそうで、700系の老朽取替を目的にした投入となりました。

N700a_g3_150503

N700A系 G3編成 2015/5/3 東京駅

アナウンスは2011年5月で、2012年8月21日に落成第1編成が公開されました。

N700系に対する改善点は

車体,走行システム系では
1) キャリパー式車輪ディスクブレーキのブレーキディスクのボルト締結方式を遠州締結式から中央締結式に変更し,制動距離を短縮しました(効果は700系に比べ20%、N700系に比べ10%の短縮となりました)。
2) 台車振動検知システムを採用しました。
3) 車体傾斜装置の動作範囲を半径5,000m未満のカーブにまで拡大することで,乗り心地を改善しました。
4) 台車カバーをステンレス製に変更し,リサイクル性を向上させました。
5) 電動車両全車に搭載されている主変換装置を走行風を利用して半導体素子の冷却を行う走行風冷却式主変換装置(TCI101)に統一し、N700系のTCI100に比べて容積比で75%、質量比で85%となる小型軽量化が図られました。
6) モニタ中央装置と各車両のモニタ端末機を接続する通信回線伝送容量を100Mビット/secから1Gビット/secに向上させ,新たに搭載されたモニタ幹線データ記録装置に対応させました。
7) ATC情報を活用した定速走行装置を搭載しました。

N700a_g6_150712_08
N700A系 G6編成 2015/7/12 東京駅

室内では
1) グリーン車のみに採用されていた吸音床構造を普通車にも採用し、グリーン車の内壁には新たに制振パネルを搭載しました。
2) 背もたれのヘッドレストを改良しました。
3) トイレ、洗面室の照明をLED化して省電力化しました。
4) 自販機を廃止しました(2013年投入の車両から)。

JR東海の編成はG編成2013年2月8日から営業運転に投入され、2015年8月までに21編成が落成し,活躍中です。
JR西日本の編成はF編成2013年11月27日にF1編成が落成し、さらにこの8月にF2編成が登場しました。

N700a_f1_150712_12 JR西日本のN700A系 F1編成 2015/7/12 東京駅

N700a_f1_150712_32

この1000番台、4000番台として登場したN700Aは車体側面のAの字が大きく書かれたデザインであることからN700largeAと呼ばれるのに対し、N700系として登場したZ編成、N編成が同様の改造を受けてN700AとなったX編成、K編成はAの字が小さく加えられているので、N700smallAと呼ばれているそうです。現在、Z編成は全てN700A化改造を終え、X編成となり,消滅しました。N編成については1,2,3,4,5,6,8,10,12,13,14,15、16が既にK編成となっており、N7,9、11はそのままで活躍中です(2015/8/22現在)。

N700a_f1_150712_31 F1編成はG編成と走行系、内装は違いなく作られているそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その14 | トップページ | 九州鉄道記念館訪問 その8 ED72 1号機 »

新幹線電車」カテゴリの記事

コメント

B767−281様 こんばんは。なるほどラージAとスモールAですか、納得しました。(笑)N700のグリーン車のシーとはいいですね。背中にフィットする感じが最高です。一度乗ったら癖になります。Aになって乗り心地もかなり改善されましたね。しかし最初に新幹線(0系という言葉はなかったです。)に乗った時の感動に比べるともう少しです。当時歌にもなっていましたが、「すべーるようだな走るー」という感覚が忘れられません。車両だけでなく線路などハード面の問題もありそうです。今日のように「国電並みのダイヤ」で走ることになるとは予想していなかったのでしょう。申し遅れましたが、過日の関西遠征の途中、課題だったリニア鉄道館訪問を果たしました。モハ63、よくやったなと感心しました。夜分お邪魔いたしました。

細井忠邦さま、おはようございます。

わたしも昨年暮れにN700sAに初めて乗車し、その乗り心地の良さ体感しました。まさにあのような長大編成が1時間に何本もという規模で運行されているのですから凄い国ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道新幹線開業から50年 その20 N700系 part3 1000番台 4000番台:

« 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 4日目 その14 | トップページ | 九州鉄道記念館訪問 その8 ED72 1号機 »

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村