« 尾久車両センター公開 2014 その12 EF65 1115号機 | トップページ | 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 初日 »

2015年8月 1日 (土)

パリの6つのターミナル駅巡り リヨン駅 9 SNCF BB8500 電機

パリのターミナル巡り、相変わらずリヨン駅ですが,今回はSNCFのBB 8500電機です。

8641_090312_gare_de_lyon 8641号機 2009/3/12 Gare de Lyon

面白いことに妻面の表記は旧表記、側面の表記は40:貨物輸送部門(Fret)を頭に付けた表記となっております。

BB8500形はAlsthomがSNCF用に製造したシリーズのうちの直流用バージョンで、交流25kV用BB17000形、交直流用BB25500形とは姉妹機の関係です。以前、紹介したBB7200BB15000、BB22200の関係と同じです。

1964年から1974年にかけて146機が製造されました。このうちの31両が前回紹介したBB88500形に生まれ変わりました。

番号によって仕様が異なっており、
                      8501-8536          8537-8587      8588-8646
全長          14.70m             14.94m           15.57m
機関車重量    78t                      79t                80t

主電動機    2×660 TAB A1    2×TAB 660B1

最高速度    100 もしくは 140km/h  (ギヤ比の設定による)
最大出力    2,610 kW                2,940 kW  
最大牽引力   323 kN   もしくは 197kN  (ギヤ比の設定による)

愛称       Danseuses (Dancers)

Bb408604_fret_070603_montpllier モンペリエ駅に到着する旅客列車 2007/6/3

機関車の所属は40から貨物部門、塗装もグリーンのFret (貨物)塗装、でもなぜか牽引している列車は旅客列車でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 尾久車両センター公開 2014 その12 EF65 1115号機 | トップページ | 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 初日 »

海外の鉄道」カテゴリの記事

電気機関車」カテゴリの記事

コメント

ヨーロッパの鉄道。日本みたいに電車が走り回ってるわけじゃないんですね。通勤列車も機関車牽引なのでしょうか。
面白いことに日本の高速鉄道新幹線は電力分散型。
一方ヨーロッパの高速鉄道は高馬力の機関車牽引型が主流とか。
ここでも文化の違いがあるものなんですね。

モモのパパさま、こちらにもありがとうございます。

まだ、紹介しておりませんが、パリ近郊のRER線というのには、日本のような電車が結構走っています。しかもオール二階建てのような車両が多く結構輸送力はあるようです。もちろん、古めかしいステンレスボディの車両もありますが。その辺、リヨン駅や別のターミナル駅編で登場の予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリの6つのターミナル駅巡り リヨン駅 9 SNCF BB8500 電機:

« 尾久車両センター公開 2014 その12 EF65 1115号機 | トップページ | 速報版 2015夏の旅行 広島・山口・島根編 初日 »

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村