« 電気機関車 EH500シリーズ 3号機 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 309F »

2015年9月21日 (月)

西武新101系 その8 白塗りワンマン車4連 1257F

1979年夏のデビュー以来、池袋、新宿線で華々しく活躍し、現在はワンマン化、白塗装のスタイルで支線で余生を送る新101系のシリーズ、今回は1257Fです。

1980年7月13日、所沢車輛工場で竣工し、2005年9月16日、ほぼ今から10年前に更新修繕を受けています。

101n_257f_121118 1257F 2012/11/18 一橋学園

101n_257f_121118_3 同日 一橋学園~青梅街道間

101n_257f_140720 萩山駅 2014/7/20

101n_257f_150607 車内の様子 撮影日・場所は上の写真と同じ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 電気機関車 EH500シリーズ 3号機 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 309F »

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。西武鉄道の車両ってヘッドライトが運転席の下の部分。車体で言う腰の部分に付いてますね。一目見て「「あ~。西武鉄道の車両だ」って分かります。なにかこだわりでもあるんでしょうかね。

モモのパパさま、おはようございます。

そうでしたか、あのスタイルは701系から始まったものですね。湘南スタイルの2枚窓は初代501系、後の351系から始まり、501形二代目、551系、601系と受け継がれてきましたが、701系から、801系、101系であのスタイルが確立して、2000系でも腰ライトは同じですね。その後も通勤車輛はよく考えると、殆どそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武新101系 その8 白塗りワンマン車4連 1257F:

« 電気機関車 EH500シリーズ 3号機 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 309F »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村