« 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 17 C61 2号機 | トップページ | パリの6つのターミナル駅巡り リヨン駅 10 SNCF BB 26000 電機 »

2015年9月10日 (木)

尾久車両センター公開 2014 その13 HMの展示 その1 「夢空間」「北陸」

2014年11月15日の尾久車両センターの公開、機関車揃い踏みのDD51895号機に関しては以前に、高崎鉄道ふれあいデーで紹介しており、「北斗星」や「カシオペア」HMマークを付けたEF510-509号機についても何度も登場しているので、このシリーズ最後の話題は展示してあった各種HMについて触れてみようと思います。

Hm_141115
イベントで展示されていた機関車の先頭を飾ったHM 「夢空間」「北陸」「ゆうづる」「はくつる」「あけぼの」「出羽」  2014/11/15 尾久車両センター

Ef81_92_910602
上野駅に到着する「夢空間北斗星」 EF81 92号機牽引 1991/6/2 ビデオ画像から

夢空間」 1988年、バブル時代を象徴するイベントとして豪華客車「オリエント急行」が走りましたが、JR東日本はそれに刺激されてか次世代寝台列車を模索すべく、展望食堂車、ラウンジカー、寝台車3両を試作しました。内装は大手デパートが担当し、1989年に落成し、横浜博覧会にて桜木町駅前で展示されました。その後、「夢空間北斗星」などで運転されましたが、車両老朽化のため、2008年3月29日発の団体臨時列車を最後に引退しました。

Hm_141115_2
車両は 
オロネ25 901 デラックススリーパー 個室寝台車 日本車輛製造製
高島屋が内装を担当 A個室3室 定員6名
オハフ25 901  クリスタルラウンジ スプレモ ラウンジカー 富士重工業製
松屋デパートが内装を担当」バーカウンター、自動演奏ピアノ装備 
オシ25 901 ダイニングカー 展望食堂車 東急車輌製
東急百貨店が内装を担当 4人用個室食堂もあり、定員22名

これらの情報に関してはこちらのサイトを参考にしました。美しい写真もあります。
現在、オシ25 901 オハフ25 901 はららぽーと新三郷に展示されています(サイト)。オロネ25 901は木場のフレンチレストラン「アタゴール」に(情報)。

いずれの場所も決して遠くはないので、近いうちに訪れてみようと思います。

Hm_141115_3

北陸」 上野~金沢間の列車としての登場は1922年で当時は普通列車773レ、772レでした。その後、601レ、602レとなり、戦時中は廃止されましたが、1947年6月、上野~金沢・新潟を結ぶ急行列車605レ、606レが登場、1948年7月の改正で上越線経由上野~金沢間急行601レ、602レとなりました。一時期は大阪まで延長運転されていたこともあったそうです。
1950年11月、「北陸」と命名、1969年10月には高崎・信越・北陸本線経由の急行「黒部」を上越線経由に変更して、吸収し2往復となりました。1号が季節列車、2号が定期列車でした。1975年3月、季節夜行急行「北陸1号」が寝台特急に格上げされ定期化、2号は「能登」に改名されました。

この改正で「北陸」「北星」が新たに20系寝台特急として登場しました。直流区間の牽引機はEF58でした。ただ、HMは両特急ともに省略されていました。

20_21
上野高架ホームで出発を待つ「北陸」 最後尾はカニ21

20_22
上野に到着した「北陸」 最後尾はナハネフ22

走行距離は517.4kmと寝台専用特急としては最短で、20系客車の陳腐化で評判が悪い時期もありましたが、1978年9月14系化され、1989年3月には個室「シングルデラックス」(オロネ14 701~703)「ソロ」、(シャワー室、ミニロビー付き:スハネ14 701~703, ソロ、シャワー室無し:スハネ14 751~759) なども連結され、ビジネス需要も増えました。

1989年3月11日の改正から1991年3月15日までの間、下り列車が6:33に金沢に到着した後、東金沢駅まで引き上げ、9:00までの間、寝台を利用出来るというチェックアウトサービスもあったそうです。東金沢から金沢までの普通列車も無料で利用出来たそうです。

14_790624
夏至のころの週末、日暮里で朝、上野に向かう14系に置き換えられた「北陸」を撮影 1979/6/24

14_810121 絵入りのテールサインになった「北陸」を撮影 1981/1/21 上野

14_090219_1
上野到着後 推進回送で尾久に引き上げる14系客車 2009/2/19 鶯谷

Ef64_1030_090127
直流区間の牽引機は長岡区のEF641000番台 2009/1/27 鶯谷

車両の老朽化や航空機、高速バスへの旅客の転移で利用率が低下し、2010年3月13日のダイヤ改正で廃止となりました。
次回は「ゆうづる」「はくつる」です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 17 C61 2号機 | トップページ | パリの6つのターミナル駅巡り リヨン駅 10 SNCF BB 26000 電機 »

催事」カテゴリの記事

客車20系」カテゴリの記事

客車14系」カテゴリの記事

客車24系」カテゴリの記事

電機EF81」カテゴリの記事

電機EF64」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
ヘッドマークですか。
ブルートレインの牽引機の前面を飾ってましたね。
この展示されてるヘッドマーク。
当時機関車が実際に掲げてたものなのでしょうか。
「北陸」「はくつる」「ゆうづる」「出羽」懐かしいです。

モモのパパさま、こちらにもありがとうございます。

恐らく、かつて田端機関区~尾久客車区が担当した列車が実際に装着したHMだと思います。

登場当時はHM付きで登場するも、そのうちに省略され、1985年頃復活という歴史もありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 40年ぶりの梅小路蒸気機関車館 17 C61 2号機 | トップページ | パリの6つのターミナル駅巡り リヨン駅 10 SNCF BB 26000 電機 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村