« 電気機関車 EH500シリーズ 4号機 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 310F »

2015年10月 9日 (金)

西武新101系 その8 白塗りワンマン車4連 1259F

西武新101系4連の話題、今回は1259Fです。1980年9月3日、所沢車両工場で落成しました。

最大寸法  長さ 20,000 mm 高さ M1 4246 mm  M2Tc 4065 mm 幅 2881 mm
自重                    M1M2   40t      Tc      29t
定員(座席)                     168 (72)          160 (64)

主制御装置   MMC-HTB20E
制動装置                      HSC-D           HSC
補助電源装置                  INV174-A0
CP                                                         RW20
集電装置                      PT7116B   

101n_259f_130101

2013/1/1 一橋学園

101n_259f_150607_3

101n_259f_150607_6

2015/6/7 萩山

2006年3月24日、更新修繕を受けています。写真をみるとベンチレーターが2013年以降撤去されているのが分かります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 電気機関車 EH500シリーズ 4号機 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 310F »

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

B767-281様おはようございます。101系長生きしていますね。更新車は新車と比較しても、遜色がないと思います。支線で生き延びて欲しいものです。40000系の新製で、2000系初期車に廃車が出たようです。時代の流れですね。戻って101系.ラッピング車の噂出てきたようです。ではまた。失礼いたしました。

西武鉄道でもワンマン化車輌が走ってるんですか。しかも4連とは。僕の地元名鉄でもワンマン化は進んでますが基本ワンマン車輌は2両編成なので4連のワンマン車輌は確か無かったような気が・・・。4連だと車掌が乗ってたはずですが。

こんにちは。

萩山駅で この1259Fのベンチレターが撤去を見て、唖然としてしまいました!


萩山駅の改札口下に 讃岐うどん店が あったときには、よく途中下車もしました。

細井忠邦さま、おはようございます。

2000系、初期車にも廃車が出ましたか。そうですね、以前、京急の800形の話題でもありましたが、両車ともほぼお同じ頃登場しており、それだけ時間も経過していますしね。そして、新101系スペマーですか。登場したら、記録しておきたいですね。

モモのパパさま、おはようございます。

仰る通り、大抵、ワンマンは2連というケースが多いですね。西武の場合、ワンマンと言っても、多摩湖線、多摩川線などで投入されていますが、駅が無人の駅はそんなに無いので、4連でも乗客の乗り降りのチェックがしやすいようですね。

準急豊島園さま、おはようございます。

私も萩山は幼稚園の頃から使っている駅なんですが、以外と駅で降りたことは幼稚園以来無く、讃岐うどんのお店の存在も知らずに来ておりました。

以前はそんなお店があったのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武新101系 その8 白塗りワンマン車4連 1259F:

« 電気機関車 EH500シリーズ 4号機 | トップページ | 47年振りの東急世田谷線訪問 その4 デハ300形 310F »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村