« 京急ファミリー鉄道フェスタ2015 part7 3代目600形 | トップページ | 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 7 634型 スカイツリートレイン »

2015年11月 1日 (日)

江ノ電を撮る 車輌編 その7 2000形

江ノ電の車両を登場順に見ているシリーズ、今回からは2000形です。

2001_150103 2001 2015/1/3 江の島駅を出て、腰越までの路面区間に入る

2000形は老朽化が進んでいた600形の置き換え用として1990年から1994年にかけて東急車輌製造にて2両編成3本が製造されました。

2051_150524

2051 2015/5/24 峰ヶ原信号場

従来車両に較べ、前面の窓ガラスは一枚大型ガラスとし、側面窓・客用ドアのサイズも拡大されました。車体はステンレス鋼が採用され、外板は耐候性鋼板となりました。台車・主要機器は1500形に準じた構成となりました。

2052_150103 2052 2015/1/3  龍口寺の門前

2002編成はコカコーラの部分広告

室内は両車端部はクロスシート、その他はロングシートで観光・通勤通学輸送の両面に適応した車輌となっています。車内自動放送装置も導入され、当初はテープでしたが現在はデジタル方式になっています。

集電装置は江ノ電唯一の下枠交差式パンタが導入されました。

2052_150620 2052  2015/6/20 長谷~極楽寺

2003_150103_2 2003 2015/1/3 腰越~江ノ島路面区間

2003_150524_2 2003 2015/5/24 鎌倉高校前~峰ヶ原信号場 海が見える踏切

2053_150620 2053   2015/6/20  極楽寺トンネル東口

2003編成は明治の広告電車となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 京急ファミリー鉄道フェスタ2015 part7 3代目600形 | トップページ | 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 7 634型 スカイツリートレイン »

民鉄:江ノ電」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
江ノ電ですか~。
なんだか久しぶりに乗ってみたくなりましたよ。
海沿いを走る光景。
なんともいえません。
できれば旧型車輌に乗ってみたいのですが。
今、走ってますかね。

モモのパパさま、おはようございます。

現在走行中の一番古い車輌は350形1編成ですね。まだ頑張っていますね。あと12月に恒例のタンコロ祭りがあり、車庫から100形動態保存車が出て来るのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江ノ電を撮る 車輌編 その7 2000形:

« 京急ファミリー鉄道フェスタ2015 part7 3代目600形 | トップページ | 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 7 634型 スカイツリートレイン »

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村