« 電気機関車 EH500シリーズ 6号機 | トップページ | 隅田川貨物駅フェスティバル 1 EF65 2089 »

2015年11月16日 (月)

新京成サンクスフェスタ in くぬぎ山 1 8000形

2015年10月24日に参加した「新京成サンクスフェスタ」、最初は車輛展示の中では最古参の新京成8000形に触れようと思います。

8510_8814_8918_151024 展示車両群の中では現役最古参の8510編成が展示されていました。 2015/10/24 くぬぎ山車両基地

807_151024
8000形の登場は1978年のことで1970年登場のモハ250形・サハ550形1971年800形 (上の写真)以来で新京成としては初のオリジナル設計でした。
1985年
までに6両編成9本が製造されました。

8501_151024

8501のナンバーの先頭部カットモデルが基地内にありました。

このちょっと愛嬌のある形態から「習志野の狸」あるいは「くぬぎ山の狸」と呼ばれています。新京成としては800形に対して全ての面で優れている車輛ということで8000形としたそうです。

←京成津田沼        松戸→

Tc1    M1     M2    M1    M2   Tc2         導入    製造   改造      廃車

8501-8001-8002-8003-8004-8502     1978/12   日本車輛          2012/1

8503-8005-8006-8007-8008-8504     1979/11       〃             2011/3
         PT     CP    PT    CP
BAT  RHEO MG  RHEO MG  BAT       (抵抗制御車)
      

8507-8013-8014-8015-8016-8508    1982/7         〃            2012/10

8515-8029-8030-8031-8032-8516    1985/6         〃            2013/2
         PT    CP    PT     CP   
BAT CHOP MG CHOP MG   BAT   (チョッパ制御車)
                                      VVVF化
8505-8009-8010-8011-8012-8506    1981/6        〃    2010/2    2014/1
8509-8017-8018-8019-8020-8510    1983/6        〃    2008/3
8511-8021-8022-8023-8024-8512    1984/3        〃    2009/2
8513-8025-8026-8027-8028-8514    1985/1        〃    2010/8
8517-8033-8034-8035-8036-8518    1985/9        〃    2010/11
        PT     CP    PT     CP
BAT VVVF MG  VVVF MG   BAT

BAT:蓄電池
PT パンタグラフ
RHEO 主抵抗器

編成番号は松戸方先頭車の番号をとって8502, 8504 ・・・と呼ぶそうです。

18m級普通鋼製車体で、側扉は両開き3カ所で、制御方式は最初は抵抗制御で1981年製造の3次車8506編成から界磁チョッパ制御方式で製造されました。2008年から界磁チョッパ制御編成はVVVF制御方式に改造されました。

抵抗制御1C8M        8502、8504編成
界磁チョッパ制御1C8M   8508、8516編成
VVVFインバータ制御1C4M x 2群 8506, 8510, 8512, 8514, 8518編成

電動機は
抵抗制御編成は直巻、界磁チョッパ制御は複巻方式の直流電動機 
三菱電機製 110kW 端子電圧375V (国鉄のMT55と同性能)
VVVF制御編成は東芝製全閉自冷式かご形三相誘導電動機
出力160kW、端子電圧1,100V、相電流117A、回転数1,585rpm、周波数80Hz、すべり0.85%

駆動方式はWN平行カルダン方式で歯車比は82:15 = 1:5.47でした。

8517_140510 8517 2014/5/10 新鎌ヶ谷 

ブレーキ方式は 電空併用電磁直通ブレーキ。発電ブレーキ装備車はHSC-D、回生ブレーキ装備車はHSC-Rです。
台車は住友金属工業製ペデスタル(軸ばね)方式軸箱支持+外吊り方式枕ばね(コイルばね)台車(電動車 (M):FS329S2型およびFS329S4型・付随車 (T):FS329S1型およびFS329S3型)です。補助電源は90kVA MGです。

8518_151024 8518 2015/10/24 京成津田沼 
千葉中央方面から新京成に直通車

廃車の既に始まっており、2011年N800形N828編成の増備により8504編成が8000形として初めて廃車になりました。その後、8502編成が2012年1月に、8508編成が2012年10月に、8516編成が2013年2月に廃車となり、新京成の車輛は全てVVVF制御車となりました。

8506編成が故障のため、2014年1月に廃車となり、VVVFインバータ車輛として初の廃車となり、制御装置は8900形の機器更新に転用されました。

新京成では昨年のコーポレイトカラーの導入で続々とピンクに塗り替えられた車両が登場していますが、果たして8000形はどうなるのか興味深いです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 電気機関車 EH500シリーズ 6号機 | トップページ | 隅田川貨物駅フェスティバル 1 EF65 2089 »

私鉄」カテゴリの記事

催事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです。
新京成8000系は最古参の車輌なんですか。
とてもそうは見えないです。
こちらの名古屋の「名鉄」でも最古参車輌は6000系となってしまいました。
僕が小学生の頃デビューした車輌ですから。
ブルーリボン賞を取った車輌でした。
その所以はデビューしたころはバスのようなちっちゃい座席をクロスシートにして座席の向きも斬新な配置でした。今じゃすべてロングシートに改造されてますが。
僕が小学生の頃は6000系に乗るとなるとがっかりしてました。
当時はまだまだ旧型車輌全盛期。
吊り掛けモーターの音を聞くのが好きでしたから。

モモのパパさま、こちらにもありがとうございます。

人生長く生きてくると自分がよく知っている、デビュー当時から知っている車両が最古参に成り、引退して行く時代が来ますね。名鉄でも同じように新陳代謝が進んでいるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新京成サンクスフェスタ in くぬぎ山 1 8000形:

« 電気機関車 EH500シリーズ 6号機 | トップページ | 隅田川貨物駅フェスティバル 1 EF65 2089 »

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村