« 通勤電車シリーズ 103系 34 常磐緩行線1000番台の改造、快速線へ その1 | トップページ | ご苦労様でした トワイライトエクスプレス part13 オハネフ25形 »

2015年11月12日 (木)

豊田車両センターまつり プロローグ

2015年11月7日は「豊田車両センターまつり」に行ってきました。

昨年11月8日西武トレインフェスティバル2014 in 横瀬に参加した際に、帰りの中央線の車窓から豊田センターの公開を知り、今年はこちらに参加することにしました。

Photo
まず驚いたのが電車基地の公開というよりはどこかで開かれるロックコンサートのポスターかというノリの案内でした。151107 入り口から見た豊田センターの収容線 2015/11/7

かつて、私が小学生の頃は中央線快速電車101系の電車区といえば、東ミツ(三鷹電車区)と東ムコ(武蔵小金井電車区)でした。

豊田電車区は1962年に着工、1963年には電留線が完成、1965年10月1日、武蔵小金井区の派出となり、1966年11月10日、区として発足しています。私は当時小学校5年生でした。その頃から、101系に東トタと表記された車両が増えてきたのを記憶しています。発足当時は460両収容で東洋一の規模だったようです。

その後、1974年には橋本に相模線車両用の派出所が出来、1996年には相模線の車両は国府津区に、橋本派出所は大船電車区へ。2004年3月13日には武蔵野線の車両が京葉車両センターに移管され、中央快速線唯一の車両基地になりました。2007年11月25日、豊田車両センターに改称され、武蔵小金井電車区が豊田車両センターの派出所になっています。

配置車両は今年4月1日現在で、電車707両、貨車9両です。内訳は

189系 M50, M51,M52編成 18両
201系 1両
E233系 
T1~T42 10両貫通編成 
H42~H59 6+4両編成 H59編成はこの春に青659 青459編成からH59編成に
青660~670 460~467

貨車 ホキ800形 バラスト輸送・散布用

Dsc05971          センターの表札

Dsc05972          エントランス

その後、中央快速線の主力も103系201系E233系と変化しましたが、ラインカラーはオレンジで、ポスターのオレンジ基調もそれを意識してのものでしょう。

20151107_1 20151107_2
オレンジへのこだわりはこちらにも出ていますが、

豊田センターに保管されているクハ201-1の撮影体験、工場内の展示物(パンタ、輪軸など)、洗浄線乗車体験、そしてなんと言っても収容線に並んだ車両群が興味を惹きました。

151107_2 検修庫内のクハ201-1 保留車とE233系編成 左からH56, T34, T26 庫外はT20編成

因みに今回の公開で収容線に並んだ編成は 北側から

E233系 H48編成、青664編成、H53編成、T11編成、T39編成、青661編成、青662編成、青463編成、T20編成
E231系 A520編成
189系 M52編成、N102編成
211系 N323編成、N603編成
651系 K105編成

庫内
E233系 T26編成 T34編成 H56編成、青467編成
クハ201-1
でした。

M52n102_151107
個人的にはこれまで青梅線などを訪問してもなかなか撮影が出来なかったE233系青編成が一気に撮影出来たことが収穫でした。また昨年12月にグレードアップあずさ色に塗色変更されたM52編成の車内を観察できたのも収穫でした。

Img_2669
最後にぐるっと外を回って敷地外から展示車両の様子を撮ってみました。何回かに分けてトピックをレポート致します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 通勤電車シリーズ 103系 34 常磐緩行線1000番台の改造、快速線へ その1 | トップページ | ご苦労様でした トワイライトエクスプレス part13 オハネフ25形 »

催事」カテゴリの記事

電車E233系」カテゴリの記事

電車183/189系」カテゴリの記事

コメント

B767-281様おはようございます。
地元です。^_^この日は651系の臨時電車がトタに入っていくのを目撃致しました。その昔は青梅線の73形やクモヤ90など旧形国電もいて、賑やかでした。その頃は普通の日でも気軽に入れて貰えました。また時効ですが、ちょっと入って撮影してもお咎め無しでした。良い時代だったと思い出しています。大変失礼致しました。

細井忠邦 さま、おはようございます。

早速、コメントありがとうございます。わたしもトタは細井さんの地元と思いつつ今回は入場致しました。
展示車両を見ている最中に横田基地に向かってアプローチして行く機体も何機かあり、なるほどここではこれくらい低空を飛ぶのかとも感じました。

わたしも大学生の頃、近くの三鷹電車区や遠征して福島機関区などよく見ましたが当時は本当におおらかでしたね。
コメントの切れたところはこちらで修復しておきました。

こんにちは~。モモパパです。
豊田車輌センター祭りにお出かけなされたんですか。
いろんな車輌が間近で見られて迫力いっぱいだったことでしょうね。
僕的に気になったのが「あずさ」のヘッドマークをつけた車輌。
僕。
こんなカラーリングの「あずさ」。
観た覚えがないです。
単なる知識不足でしょうが。

モモのパパさま、こちらにもありがとうございます。

この「あずさ」はグレードアップあずさ塗装と言い、JR化されたのち、中央高速の高速バス対抗として189系を改造した編成に適用された塗装でした。昨年12月にM52編成がこの塗装で復活しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊田車両センターまつり プロローグ:

« 通勤電車シリーズ 103系 34 常磐緩行線1000番台の改造、快速線へ その1 | トップページ | ご苦労様でした トワイライトエクスプレス part13 オハネフ25形 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村