« 通勤電車シリーズ 103系 36 常磐快速線103系の活躍 終焉まで | トップページ | 通勤電車シリーズ 話題のE531系 その1 変則K404編成 »

2015年12月19日 (土)

豊田車両センターまつり その2 189系 M52編成 グレードアップあずさ塗色

れ2015年11月7日の豊田車両センターの公開、今回は昨年11月の大宮入場で往年の特急「グレードあずさ」塗装になった189系M52編成の話題です。

189_m52_151107_5 M52編成 2015/11/7 豊田車両センター

M52編成は2002年から田町車両センターに配置されていた全車189系で構成された8M2T編成H102編成2013年8月29日に長野車両センターに回送され、編成からモハ189/188ユニット-19,21の4両を抜かれ、6両編成となり、9月2日に豊田車両センターに回送されM52編成となったものでした。M52編成として原色で活躍したのは僅かで、11月には大宮センターに入場、1990年代のグレードアップあずさカラーに化粧直しし、12月から活躍の毎日です。私も、12月6日に四方津で、そして今年6月には北鎌倉で撮影しました。

<新宿
    Tc            M M'                 M M'               Tc
クハ189-509 モハ189/188-38 モハ189/188-41 クハ189-11

から構成されており、新宿より先頭車のクハ189-509のみがグレードアップ改造工事施工車であり、それ以外の車両はグレードアップシート交換車です。

今回のイベントでは足回りと一部車内を見学する機会がありました。

189系の走行システムは横軽協調運転の設備以外は183系1000番台と同じですが、運転台下のMG用冷却風取り入れ口のスリットの面積が大きい点が外観上の違いとなっています。

189_m52_151107_6 189系の特徴となっている大きなスリット

183_om102103_110521_2 2011/5/21 大宮

OM103編成、両先頭車とも改造車でしたが、クハ183-1527のスリットはこのようなサイズでした。

189_m52_151107_23
まず、足回りから
台車は183系基本番台はダイヤフラム式空気バネ、ウイングばね式軸箱支持のDT32E(電動車)、TR69E(付随車)でしたが、1000番台では耐寒耐雪強化でDT32I、TR69Iとなりました。189_m52_151107_19
基礎ブレーキ装置はDT32Iは片押し式踏面式で、TR69Iはディスク式です。

189_m52_151107_3
CS15系 主制御器の箱

手前のMMCOSは主電動機解放器で一部の主電動機が故障した際にその主電動機を主回路から切り離し、残りの主電動機で運転できるようにするための機器です。

189_m52_151107_24
GSと書かれた箱はGround Switchで、電気をレールに逃がすスイッチです。

189_m52_151107_2
断路器 主電動機に流れる電流を制御する装置で、主電動機の直並列切り替えなどを行って、力行時の電圧、電流を制御します。

189_m52_151107_15
MS Main disconnecting Switch BS Bus disconnecting Switch で検査時や主回路の異常時に電気を切るためのスイッチが納められています。

189_m52_151107_21
AVR Automatic Voltage Regulator でMGで発電された電気の電圧と周波数を一定に制御します。

189_m52_151107_13
MGで発電された三相交流を整流し、直流に変換します。

189_m52_151107_4
ブレーキ制御装置 空気ブレーキ用の機器や弁、コックなどが纏められています。189_m52_151107_22
保安装置関連では東中野追突事故から装着された地上子からの情報を車両がパターン化するATS-P関連機器が装備されています。

189_m52_151107_8
汚物処理装置

続いて車内です。

189_m52_151107_6_2
車内は前述のようにグレードアップシートに交換されています。

189_m52_151107_4_2
しかし、6号車以外はグレードアップ改造はなされていません。

生憎、新宿寄りの6号車は入場出来ませんでしたが、グレードアップ改造車は元々どうなっていたかというと、

・ 座席部分の床を170mm嵩上げしてセミハイデッキ化
・ 窓を100mm上方へ拡大し内窓キセをFRP製に変更
・ 座席の交換
・ 普通車は背面テーブル付リクライニングシートへ取り替えてシートピッチを910mm→960mmまたは970mmに拡大し定員は各車両4名減
・ グリーン車はシートピッチはそのままにC席を独立させた1+2配置の3列式とし従来より座面横幅の広いシートに交換→定員36名に変更
・ 荷棚は100系新幹線と同型の読書灯付
・ 仕切ドアを自動ドアに改造し上部に案内表示器を設置
・ グリーン車に当初は百円硬貨専用→テレホンカード式の公衆電話を新設
・ グリーン車のトイレ・洗面所をリニューアル
・ 車内チャイムを「鉄道唱歌」から「信濃の国」「雪山讃歌」「武田節」「ちょっとだけストレンジャー」の4曲に変更
・ 指定席車両が対象で、自由席車は外部塗装を変更して座席表地のモケットとカーテンを指定席車と同色のものに交換した程度
・ 「あずさ」は4号車指定席を閑散期には自由席で運用することもあったため該当車は、指定席改造のほか座席取付部にレールを設置しシートピッチを変更可能にした。

とのことです。

189_m52_151107_5_2
洗面所は昔ながらのスタイルです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 通勤電車シリーズ 103系 36 常磐快速線103系の活躍 終焉まで | トップページ | 通勤電車シリーズ 話題のE531系 その1 変則K404編成 »

催事」カテゴリの記事

電車183/189系」カテゴリの記事

コメント

B767-281様こんばんは。つまるところ抵抗制御車は保守が簡単だから生き残ったのでしょうか?車体の造りも走行距離からみても生き残ってしかるべき201系は、やはりシステム的にかなり特殊だったのでしょうか?基本文系のわたくしには謎が深まるばかりです。閑話休題、この系列もやはりオリジナル塗装が一番似合いますね。

細井忠邦さま、こんばんは。

電子部品のメンテなどからすれば抵抗制御車は今の主流のVVVF車に較べると保守は楽そうですね。モーターのブラシ交換は大変かと思いますが。

私としては1990年代、旅客機趣味に夢中で撮り逃がしていたこのあずさカラー復活してくれて良かったです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 通勤電車シリーズ 103系 36 常磐快速線103系の活躍 終焉まで | トップページ | 通勤電車シリーズ 話題のE531系 その1 変則K404編成 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村