« 4扉車 西武2000系 1 その登場の頃 | トップページ | 東武ファンフェスタ 2015 プロローグ »

2015年12月 8日 (火)

San Diego Lindbergh空港でのSpotting 14 Boeing 767 Delta Airlines

毎年1月に開催されるゲノム、遺伝子関係の学会参加で2000年代に入ってからSan Diegoにはよく出張し、そのついでに空港でのスポッティング、市内でのTrolleyなどの鉄道の撮影をしました。
空港で撮影した旅客機の写真、アメリカのメジャーキャリアの写真は他の空港でも撮影しているので避けてきましたが、ネタも底をついてきましたので今回からは既に他空港の写真で紹介済みのメジャーキャリアの写真を紹介しようと思います。

最初はデルタ航空のBoenig 767-300です。

N129dl_boeing_767332_cn_24079_ln209
N129DL Boeing 767-332 cn 24079 ln 209 2003/1/13 SAN         

デルタ航空はジョージア州アトランタ (Hartsfield–Jackson Atlanta International Airport)に本拠地を置く航空会社です。航空連合ではスカイチーム(他にAir France -KLM, Alitalia, Virgin Atlantic, Virgin Australia)の創設メンバー、中心的な航空会社でもあります。日々5400便を運航し、六大陸の64カ国、334を目的地とするネットワークを構築しています。ローカルサービスは傘下のDelta Connection が担当しています。

                Delta logo.svg

1924年5月30日Huff Daland Dusters, Incorporated という作物の散布作業会社としてジョージア州Maconで設立し、1928年9月13日、買収により、ルイジアナ州モンローに移転しDelta Air Serviceと改名しました。
社名はミシシッピーデルタに由来するそうです。1929年6月17日から旅客サービスを開始し、1941年アトランタに移転しました。世界で6番目に古い航空会社であり、現存するアメリカの航空会社としては最長の歴史を持つ会社です。ちなみにデルタ航空の歴史において吸収されたWestern航空1926年に、Northwest航空1927年に旅客サービスを開始していました。

デルタ航空の86年間の歴史は合併に次ぐ合併の歴史でもあり、それを見てみると

1) Chicago and Southern Air Lines 1933年に設立 1953年統合 1953年に合併し、2年間Delta-C&Sの社名が使われました。

2) Northeast Airlines 1931年に設立 1972年統合

3) Northwest Airlines 1926年に設立 2010年統合 Northwest Orient Airlinesの時代もありました。
4) Republic Airlines 1979年に設立 1986年に Northwestが統合

5) Hughes Airwest 1968年 Air Westとして設立 1970年にHughes Airwestに 1980年 Republicと統合
6) Bonanza Airlines 1945年に設立 1968年にAir Westと統合

7) Pacific Air Lines 1941年に設立 1968年にAir Westと統合

8) West Coast Airlines 1941年に設立 1968年にAir Westと統合

9) North Central Airlines 1944年にWisconsin Central Airlinesとして設立 1952年に改名 1979年にRepublic Airlinesと統合
10) Southern Airlines 1944年に設立 1979年にRepublic Airlinesと統合

11) Pan American World Airways 1927年に設立 1991年の倒産時にDeltaが資産とルート権を購入
12) Atlantic, Gulf, and Caribbean Airways 1927年に設立 1928年にPan AMと統合

13) American Overseas Airlines 1937年に設立 1950年にPan AMと統合

14) Aviation Corporation of the Americas/American International Airways 1926年設立 1928年にPan AMと統合
15) National Airlines 1934年に設立 1980年にPan AMと統合

16) Western Airlines 1925年に設立 1987年にDeltaと統合

17) Standard Airlines 1927年に設立 1930年に Western Airlinesと統合

まさに資本主義国家アメリカを象徴する食いつ食われつの統合劇の繰り返しのように見えます。

N1200k_boeing_767332er_cn_28457_ln6 N1200K Boeing 767-332ER cn 28457 ln 696 2002/1/17 SAN

第二次世界大戦の際には米軍への協力を余儀なくさせられ、戦後は規模を急速に拡大させました。

1955年、アトランタにおける「ハブ&スポーク」の乗り継ぎシステムが確立し、1960年代にはDouglas DC-8などのジェット機を導入し、1970年代には機材はジェットで統一されました。

1987年、太平洋路線に進出し、DC-10でポートランドから成田に就航、1991年にはPan AMから大西洋線とヨーロッパ路線を買収しました。

2005年、原油価格高騰による燃料費増加で収益が悪化、さらにハリケーンカトリーナにより、地盤のアメリカ南部が被害を受け、経営危機に陥りましたが、2007年5月1日には連邦倒産法からの脱却に成功し、ニューヨーク証券取引所への再上場も果たしました。

Boeing 767フリートは

N101DA ln6 からN115DA ln 83までの-200タイプ 20機 すべて-232 (5機は発注のみ)
N116DL ln136 から N143DA ln 721までの-300タイプ 30機 すべて-332
N171DN ln 304 から N1613B ln 847までの-300ERタイプ 60機
N828MH ln 791 から N845MH ln874までの-400ERタイプ 21機 すべて-432(ER)

-200は既に全機リタイアしており、多くはABX Airで第二の機生を送っています。N102DAは"The Spirit of Delta" として有名な機体で保存されています。

-300の約半数は未だ現役ですが、初期の機体はハワイアン航空に売却され、N594, 596, 597, 598HAのレジで登録されています。

写真のN129DLもまだ現役です。

-300ERは一機N179DZ cn 30597 ln 797 がB-4025になり、中国空軍機になった機体があるもののそれ以外は全て現役です。上の写真のN1200Kも現役です。

N830mh_boeing_767432er_cn_29701_ln_ N830MH Boeing 767-432ER cn 29701 ln 803 2003/1/20 LAX

-400ERは以前、ORDとEWRの話題でも出てきましたが、-300の胴体を21.1ft (6.43m)延長し、ウイングスパンも14.3 ft (4.36m) 拡大し、raked wingtipsを装着し、脚長も再設計し、操縦席を777タイプにした機体で、まさにデルタ航空の要望で作られた派生型でした。エンジンはP& W PW4000 とGEのCF6が選択できました。結局、デルタとコンチネンタルのみが購入し、バーレーンの王室がVIP機として購入した以外は売れなかった機体です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 4扉車 西武2000系 1 その登場の頃 | トップページ | 東武ファンフェスタ 2015 プロローグ »

旅客機 Boeing 767」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。


飛行機も たいへんお詳しいのですね!

私も飛行機が好きでしたが、
B767以降、わからなくなりました!

中国空軍にB767があるのですか!?


先日YouTubeを見ていますと、航空自衛隊の早期警戒機と空中給油機がB767で
それも凄い急上昇と旋回をしていて、驚きました!


東京ゲートブリッヂの中防側で
東京ゲートブリッヂの真上から着陸しようとする飛行機を時々眺めに 行きます。


国土交通省が羽田離発着枠拡大のために
都心上空を通過する計画があり、その説明会を実施しているようですが、
我が家の上空が その航路にあり、不安もあります。

B767-281様こんばんは。DELTAはかつてMD11と757にお世話になりました。日本航空のMD90を買い占めるなど、中古の機材でもきちんと整備して使うエアラインですね。747も未だ現役です。後継にエアバスA350を選びましたね。是非登場したら乗りたいです。767では、苦境に立たされた折に、社員が贈った伝説の機体がありますね。機会があれば見てみたいです。

準急豊島園さま、こんばんは。

その昔、DC-10の空中給油機版のKC-10というのがありましたが、今は767の給油機KC767があるのですね。空飛ぶタンカーですね。
羽田のRWY16に北から降りるルートですね。わたしも地図上に引かれたラインを見て、万が一の事態が起きたとき怖いなと感じました。

そこまでして、発着枠を増やす必要があるのかという気も致します。

細井忠邦さま、こんばんは。

わたしもデルタのMD-11に乗りましたが、成田でゲートアウト、タキシングという段階でエンジン故障、2時間くらい遅れた憶えがあります(笑)。

747はノースウエストからのものですかね。社員が送った伝説の機体がN102DA The Spirit of Delta ですね。
http://www.airlinereporter.com/2010/10/the-spirit-of-delta-air-lines-the-gift-of-a-boeing-767/
昔、ハセガワの200分の1 Airlinerシリーズのプラモデルで作製した憶えがあります。

こんにちは~。モモパパです。
僕。
DELTA航空の機体のカラーリング。
好きですよ。

モモのパパさま、こちらにもありがとうございます。

Deltaの塗装、短期間に頻繁に換わりましたが、この塗装は非常に落ち着いた塗装で私も好きですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: San Diego Lindbergh空港でのSpotting 14 Boeing 767 Delta Airlines:

« 4扉車 西武2000系 1 その登場の頃 | トップページ | 東武ファンフェスタ 2015 プロローグ »

カテゴリー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村