« 速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線1 | トップページ | 速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線3 »

2016年1月28日 (木)

速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線2

弘南鉄道弘南線、今回は同線で活躍中の車両について触れてみようと思います。

以前にも書いたと思いますが、2010年10月に弘前を訪問した際も弘南線の車両はJR弘前駅のホームからでしたが撮影はしていました。

7153_101023_2
7103-7153編成 2010/10/23 弘前駅

7022_101023_2
7012-7022編成  2010/10/23 弘前駅

7155_101023_2
7105-7155編成 2010/10/23 弘前駅

そして今回の旅で弘前駅で待っていたのは
7103_151225 7153_151225
7103-7153編成でした。

見て分かるようにこれらの車両は元東急7000系1988年からそれまで使用されていた旧国鉄17m国電、モハ11形、クハ16形旧東急デハ5400形モハ108旧東急3600系の代替用として導入されたものです。

東急7000系は電気機器が東洋電機製のものと日立製のものがあり、東急時代両車は運用上区別されていましたが、弘南鉄道でも東洋電機製の車両が弘南線にデハ7010、デハ7020、デハ7100、デハ7150として、日立製の車両が大鰐線にデハ7000として配置されています。

7012_151225 7022_151225 黒石駅で見かけた7012-7022編成 2015/12/25

7021_151225 7021編成 2015/12/25 黒石駅

オリジナルの顔が保たれている7010形は、7011-7021、7012-7022、7013-7023の2両編成3本、6両が譲渡され、それぞれ改番が行われており、原番号の対応は

弘南    東急        弘南    東急
7011        7013    7021        7014    1989年譲渡
7012        7025    7022        7026    1990年譲渡
7013        7029    7023        7030      1990年譲渡    

となっています。東急偶数>弘南偶数 東急奇数>弘南奇数の関係は維持されています。
弘南線入線時に回生ブレーキカット、寒冷地対策としてベンチレーターのカバー取り付け、暖房強化などの改造を受けました。1994年にワンマン化改造が行われました。

一方、東急時代は中間車だったデハ7100形は2両編成5本分が譲渡されて7100-7150形として活躍しています。

弘南    東急        弘南    東急
7101        7141         7151        7142        1989年譲渡   7151:1999年6月廃車
7102        7143         7152        7144    1989年譲渡
7103        7109         7153        7108        1990年譲渡
7104        7169         7154        7154    1990年譲渡   7104:1999年6月廃車
7105        7153         7155        7122        1990年譲渡

入線に際しての改造は7010形と同様で、種者が中間車であったため、運転台取り付け改造も行われました。ワンマン化改造は1992年と1994年の2回に分けて行われました。

1997年8月25日に飯田駅で起きた衝突事故で7151と7104が廃車となり、7101は7154と編成を組み、4編成が活躍しています。

7000_151225 特徴的なパイオニア台車

7000_151225_2 東急時代そのままのつり革

熊本のアオガエル同様に車内は東急時代の風景がそのまま残されていました。

7000_151225_3 運転席は東急時代の機器にワンマン化改造で機器が付加されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線1 | トップページ | 速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

コメント

B767さん、おはようございます(^^)弘南鉄道弘南線ですね。元東急7000系の東急時代そのままのつり革が……懐かしいです〜〜〜‼︎オリジナルの正面の車体、ほぼ東急時代の原型を保っていますね。

B767-281様 今晩は。パイオニア台車に東急百貨店吊り革、ディープな車両ですね。昔南米に行った時、中古の727に恐々お世話になりました。タラップを登って出入口を振り返ると、何と日本語で「出口」の表示が。どうやら全日空の中古だったようです。

マスダっち1971さま、細井忠邦さま、こんばんは。

昨年夏に一畑電鉄を訪れた際も元東急の車両を見ましたが、ここの7000系はまさにオリジナルをよく保存していますね。

南米に渡った727ですか、フィリピンなどでもつい最近まで日本のバスが右側通行に合わせてドア位置は改造されていましたが行き先表示はそのままで走っていたりしましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線2:

« 速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線1 | トップページ | 速報版 2015冬の旅行 青森・函館の旅 弘南鉄道弘南線3 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村