« 勝田車両センターまつり その2 415系1500番台 part1 展示されたK537編成 | トップページ | 函館市電で活躍中の車両 710形 2 »

2016年3月28日 (月)

通勤電車シリーズ 103系 39 大阪環状線における活躍 part1

通勤電車シリーズ103系、今回は大阪環状線における活躍です。大阪環状線の車両全般の歴史は2012年12月3日の記事で触れております。21世紀に入って、大阪環状線を走る103系は前面にクハ103基本番台、500番台ともに車両番号が表示されるようになったため、個体識別がし易くなりました。そこで、今回からはその頃の写真を元に個体別に履歴を追っかけてみようと思います。

登場するクハ103は
基本番台
単灯で登場したグループ 1, 9, 32, 41, 63, 65, 66, 67, 68, 108, 111, 168, 169, 174, 175

シールドビーム2灯非冷房で登場したグループ 186, 187, 197, 198, 205, 206

低運転台量産冷房車 237, 238, 241, 243, 244, 246, 248, 249, 250, 251, 252, 253, 255, 257, 258, 261, 262, 263, 265, 266

高運転台冷房車(非ATC) 797, 800, 804, 806, 823, 833, 834, 842

500番台 501, 502, 514, 520, 529, 531, 533  です。

まずは京都鉄道博物館に展示保存されることになった、クハ103-1の編成です。

103_1031_050822 2005/8/22 桜宮

クハ103-1を一方の先頭車とする編成は2002年夏のJRR編成表によれば

  8  7     6     5    4    3      2     1

   Tc   M     M'   T    T    M   M'    Tc
   1    528  684 399 485  731  887  806

大モリ 1編成でした。

クハ103-1~4というナンバーを与えられた車両は2両ずつあり、初代は後に901~904に改番されており、1964年5月28日に日本車輌と(1,2)東急車両(3,4)で落成した二代目が以後もその番号を背負い続けました。

1号車は池袋区に新製配置後、1971年4月20日に東十条区に転属し、ウグイスからスカイブルーになります。1973年4月7日には浦和区に転属し、1976年4月6日、首都圏から大阪に転勤となりました。異動先は森ノ宮区で大阪環状線での第3の車生となります。

この時期に
1976/.6/18 吹田工場にて冷房改造
1977/4/19 吹田工場にて特別保全工事
1991/2/18 吹田工場にてATS-P取り付け
2001/4/16 吹田工場にて前面整備

2007年3月29日、30年以上住み慣れた森ノ宮区から日根野区に転属となり、再びスカイブルーを纏うことになり、2011年3月30日、廃車となりました。

103_103806_050822 2005/8/22 桜宮

反対側の先頭車 クハ103-806は1979年9月14日、川崎重工製で大モリに新製配置されています。

1991/2/18 吹田工場 ATS-P取り付け
2000/11/30 吹田工場40N体質改善工事 を受けています。

103_103806_101206 2010/12/6 西九条

2014年冬のJRR編成表データでは

LA2編成として

  8  7     6    5    4    3    2    1

   Tc   M    M'   T    T    M  M'   Tc
 838 528 684 399 415 396 552 806 

活躍しています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 勝田車両センターまつり その2 415系1500番台 part1 展示されたK537編成 | トップページ | 函館市電で活躍中の車両 710形 2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車103系」カテゴリの記事

コメント

B767-281様こんにちは。この路線こそ103系にはぴったりでしょう。関西線電化にあたり、101系が環状線からコンバートされたのは正解だったと思います。その環状線、これからチョット撮影して帰ります。

細井忠邦さま、こんばんは。

103系の性能からすれば、山手線とよく似た大阪環状線はまさに適性のよくあった路線ですね。

B767-281様こんばんは。昨日は平日にも関わらず、大阪駅、桜ノ宮など103.201へカメラを向けておられる方がたくさんいらっしゃいました。大阪近辺は駅にエスカレーターかが意外に少ないなあと言う話があります。どうやらラッシュ時間帯でさえ東京近辺とは混雑が違うので、エレベーターで充分と考えられているようです。環状線が3扉車で統一されるのも、そのあたりを勘案してのことか、と思います。そのくせ人気の新快速は12連で相変わらずぶっ飛んでいました^_^

細井忠邦さま、おはようございます。

春の大阪旅行楽しまれているようですね。
桜も見ごろになっている頃でしょうか。

やはり首都圏と近畿圏では都市の分散し具合というか、東京に較べると規模がひと回り小さいのかもしれませんね。

大阪環状線も3扉通勤車の導入が近づき、今のうちに最後の活躍をする103系や201系を撮っておこうという方々が多いのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通勤電車シリーズ 103系 39 大阪環状線における活躍 part1:

« 勝田車両センターまつり その2 415系1500番台 part1 展示されたK537編成 | トップページ | 函館市電で活躍中の車両 710形 2 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村