« San Diego Trolley 3000形 part4 | トップページ | 通勤電車シリーズ 103系 39 大阪環状線における活躍 part1 »

2016年3月27日 (日)

勝田車両センターまつり その2 415系1500番台 part1 展示されたK537編成

2016年3月5日の勝田車両センターの公開「勝田車両センターまつり」の様子、展示車両にもあり、今回のダイヤ改正(3/26)で引退した415系1500番台について触れてみようと思います。

 

4151500_k537160305

 

 


Dsc08449

 

 

2016/3/5 K537編成から1両のみ切り離されて展示されていたクハ411-1627

 

拙blogでは以前に九州地区で活躍した421系、423系については触れたことがあります。しかし、常磐線で活躍した401系、403系さらにその発展形である電源周波数統一タイプの415系についてはきちんと触れてきませんでした。

 

4151500_k525_0412232004/12/23 北小金 
常磐線で活躍していた頃のK525編成 (1500,1600番台トップナンバー) 

401系1960年8月に先行試作車2編成が落成し、性能試験が繰り返され、その後量産に移行し、1965年度までに25編成、100両が製造されました。

403系1964年度から1968年度までに20編成80両が製造されました。主電動機がMT46AからMT54に変更され出力が増大したことはこれまでにも触れてきました。

415系1968年に50Hz/60Hz共用の主変圧器が開発されたことで、1971年から製造開始されました。1990年までに488両が製造されました。その中にシートピッチ拡大の100番台、ロングシートの500番台、セミクロス+車端部ロングシートの700番台、ステンレス車体の1500番台といったバリエーションが登場しました。七尾線電化で113系から改造された800番台も加わりました。

 

1500番台は1985年度から1990年度までに

モハ415/414-1501~1535
クハ411-1501~1534、1601~1634、クハ415-1901
サハ411-1601・1701 の141両が製造されました。

1985年度 クハ1501~1508 1601~1608 モハ415/414-1501~1508 サハ1701
1986年度 クハ1509~1521 1609~1621 モハ415/414-1509~1521
1988年度 クハ1522/1523 1622/1623 モハ415/414-1522/1523
1989年度 クハ1524~1527 1624~1627 モハ415/414-1524~1527
1990年度 クハ1528~1534 1628~1634 クハ415-1901 モハ415/414-1528~1634 サハ1601

 

車体構造は、車内見付けは211系ロングシート車とほぼ同じ、そのため鋼製車に較べ幅が50mm増えて2950mmとなりました。
台車はボルスタレスのDT50C、TR235Cを履きました。

 

制御装置は従来車と同じですが、ステンレス車体で1両あたり5~6トン軽くなっているので限流値を下げて加速性能を従来車と合わせています。

補助機器に関してもMGは190kVAのブラシレスMGに変更になり、CPは容量を上げたC2000Mとしてクハ411-1600に集約されました。

4151500_k820_010603


4151500_k820_010603_22002/6/9 牛久~佐貫
上野寄りの編成が1500番台+サハ411-1701+鋼製車(MM'-700番台)の7連のK820編成

 

国鉄時代には4両編成21本とサハ411-1701の85両が製造され、当初は全車勝田電車区に配置予定でしたが、九州に直接新車を投入した方がイメージアップ効果に繋がるということで、13本(FM1509-1521)は直接、南福岡電車区に投入されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

 

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« San Diego Trolley 3000形 part4 | トップページ | 通勤電車シリーズ 103系 39 大阪環状線における活躍 part1 »

催事」カテゴリの記事

電車401/403/421/423/415系」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今朝は二日酔いです(笑)。

友人が函館まで北海道新幹線で日帰りしてきて
その土産と道中記を聞きながら飲んでおりました。

気づけば、西武池袋線上り始発が走り出しました!


415系1500番台、本当に 勿体ない気がします。

205系をVVVF化したように 改造すればと考えてしまいましたが。


あるいは、水戸線小山駅構内まで交流化とか。
でも これをしてしまうと、郡山への検査のための移動に支障がありました!


415系は、ユニットサッシ化されても
115系のように300番台のように変更がなかったのが不思議です。


近郊型の番台付けが113系の東京地下駅乗り入れによる1000番台や
地上型の113系もクハ111が バラバラだったり、
広島の115系3000番台だったりなのに比べれば
415系が正当なのかもしれませんね。

B767-281様今晩は。東日本の車両扱いは本当に残念です。今日乗った京都市営地下鉄の1000系はVVVF改造され始めました。全般的に関西方面の方が車両を大切に使っているように思います。

準急豊島園さま、細井忠邦さま、おはようございます。

415系1500番台、車体はステンレスで、211系の要素を多く引き継いでいるものの。制御系は415系、そのもの抵抗制御と認識されて、あえなく廃車となってしまったのでしょうか。

JR東日本やJR東海の場合、あの辺の時代の車両を生かそうという発想は全くないようですね。

何か本当に残念ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« San Diego Trolley 3000形 part4 | トップページ | 通勤電車シリーズ 103系 39 大阪環状線における活躍 part1 »

カテゴリー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村