« San Diego Lindbergh空港でのSpotting 19 Delta Boeing 737-900 | トップページ | 北総鉄道を走る車両たち 2  7500形 9200形 »

2016年4月22日 (金)

東武ファンフェスタ 2015 5 駆動装置と輪軸

2015年12月6日に東武鉄道南栗橋車両管区で開催された「東武ファンフェスタ 2015」、今回は台車、輪軸、車輪のメンテナンス関係です。

まずは駆動装置

151206
Td81_151206
9000系、10000系、10030系、20000系
に採用されているTD-81駆動装置 
中空軸平行カルダン方式の駆動装置です。

9000系、10000系、10030系、20000系では歯数比 87:16=5.44

ちなみに20050、20070系では駆動装置はTD撓み板継手中実軸平行カルダン方式のTD-88になりました。TDは東洋電機製を意味しています。

続いて車輪

151206_2
A種、B種とあるのは、板部の形状の違いを意味しており、
A種はリム側に対してボス側が車両の内側に窪んでいるタイプ
B種はその逆のタイプ
C種もあり、車輪に対して垂直なタイプだそうです(参考文献 図3)。

曲線通過の際の垂直荷重と横圧の関係からA種の方が強度上は優れているそうです。ただ、電動車の場合は駆動装置のスペースを確保するために敢えてこのような形状とし、強度を確保するため、板厚が増やされているそうです。ちなみにA,B,C種と呼び分けているのは日本だけで、国際的にはA: Normal web wheel B: Reversed web wheelと呼ぶそうです。

151206_3
151206_4
車輪はブレーキなどで摩耗し、形状が変形します。
踏面の異常を見出して、削って整形することは安全対策上も重要です。

151206_5
車輪各部のサイズの基準値が定められています。

Dsc06289
輪軸が正確に組み立てられているかどうかのチェック

151206_6 台車として組み立てられる場合、空気バネも重要な要素となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« San Diego Lindbergh空港でのSpotting 19 Delta Boeing 737-900 | トップページ | 北総鉄道を走る車両たち 2  7500形 9200形 »

鉄道施設」カテゴリの記事

催事」カテゴリの記事

民鉄:東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東武ファンフェスタ 2015 5 駆動装置と輪軸:

« San Diego Lindbergh空港でのSpotting 19 Delta Boeing 737-900 | トップページ | 北総鉄道を走る車両たち 2  7500形 9200形 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村