« San Diego Trolley 4000形 part1 | トップページ | 通勤電車シリーズ 103系 40 大阪環状線における活躍 part2 »

2016年4月15日 (金)

勝田車両センターまつり その2 415系1500番台 part2 常磐線415系1500番台の変遷

2016年3月5日の勝田車両センターの公開「勝田車両センターまつり」において展示されていた415系1500番台の話題の2回目、今回は常磐線に配置された編成の変遷についてです。

4151500_k526_050618 K526編成 (-1502~1602)編成 2005/6/18 南柏

1993_4151500 表 1993年夏JRR編成表による水カツ415系1500番台を含む編成のデータ

クハは34組、モハユニットはひとつ多い35組製造されました。その中で1503の編成はサハ415-1701と鋼製のモハユニットを加えた7連K820編成となっており、1535ユニットはクハ415-1901、サハ411-1601と組成し、1534の4連と合わせた8連のK880 編成となっていました。

4151500_k527_100508
2010/5/8 水戸線鬼怒川鉄橋を行くK527編成

4151500_k528_070204
2007/2/4 水戸線 大和~岩瀬間をゆくK528編成

4151500_k529_100508 2010/5/8 水戸線 稲田~福原間を行くK529編成

4151500_k530_121125 2012/11/25 小山駅に停車中のK530編成

4151500_k880_020429 2002/4/29 土浦 K880編成

まだこの頃はオリジナルの-1534、-1535のモハユニット構成でした。

4151500_k626_070107 K626編成 2007/1/7 北松戸

4151500_k544_060820 K544編成 2006/8/20 いわき

2006年のクハ1901の運用離脱、2007年にサハ1601,1701などで7連、8連組成組に変化が生じ、1503~1603が4連となったK626編成や1534~1634が単独4連となったK544編成が誕生しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« San Diego Trolley 4000形 part1 | トップページ | 通勤電車シリーズ 103系 40 大阪環状線における活躍 part2 »

催事」カテゴリの記事

電車401/403/421/423/415系」カテゴリの記事

コメント

B767-281様今晩は。写真の構図がとても懐かしいです。万博輸送で401-14が残ったり、この1500番台が登場したり、485系の九州からの赤スカート車が大挙上京したりと賑やかな常磐線でカメラを構えたのが昨日のことのようです。それにしても何処で、活用できないか、悲しいです。

細井忠邦さま、おはようございます。

415系1500番台、今回のダイヤ改正での全廃は仰る通り何かもったいない気が致しますね。一方で、北に目を転じると車両の老朽化で運行危機事態に陥っている会社もあり、直接の転用は無理としても、分割民営化が本当に今のままで良いのかという気もする今日この頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« San Diego Trolley 4000形 part1 | トップページ | 通勤電車シリーズ 103系 40 大阪環状線における活躍 part2 »

カテゴリー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村