« 朝日新聞社刊 年鑑 世界の鉄道 ’71 | トップページ | 公園保存蒸機 常陸大子駅横 C12 187号機 »

2016年5月17日 (火)

東京総合車両センター公開 その3 首都圏直流電車の主電動機 part9 MT68

2015年8月22日の東京総合車両センター公開での直流電車の主電動機展示に沿ったこのシリーズ、今回は MT68形主電動機です。

MT65形というモータもあり、こちらは交流専用の701系に搭載されています。

Mt68_150822
901系C編成、後の209系920番台に使用されたMT68形モータの説明 2015/8/22 東京総合車両センター

209_92_070203 209系 900番台 92 編成 2007/2/3 西川口

209_92209921_070203

Mt68a_150822 改良型としてのMT68A

前回のMT63の後、国鉄は213系電車用にMT64形モータを開発しました。端子電圧750V、定格回転数1,530rpm,定格出力120kW、弱界磁率最大38%のモータでした。ただ、213系は東京総合車両センターでは担当していないため、展示はありませんでした。これが国鉄最後の電車用モーターとなりました。

民営化されてから登場した電車用主電動機形式はJR東海のC-MT66形からで、1995年登場の373系、313系に採用されました。

Mt68_150822_2

Mt68a_150822_2
MT68、MT68A両方ともカットモデルが展示されていました。

さて、本題のMT68形主電動機は出力95kWのかご形三相誘導電動機で207系900番台から引き継いだVVVF方式の本格的量産化通勤車両となった209系(500番台2次車からはMT73に)やE217系(1次車から6次車まで)に採用されました。

E217_f06_030426 E217系 F-06編成 2003/4/26 新川崎

制御装置は三菱電機製のGTOサイリスタ素子によるもので1台で4台のモータを駆動する1C4M方式です。これまで見てきた直流直巻き方式の電動機に較べ定格出力は小さめですが起動時に一時間定格出力以上の過負荷使用を前提に設計されており、直流電動機の150kW相当の出力を持っているそうです。
そのため、209系地上用車は10両編成でも従来の6M4Tを4M6Tにすることが可能となりました。
また、ブラシ・整流子といった直流電動機特有のメンテを要する部分が交流誘導電動機ではなくなり、メンテナンスコストの削減に貢献しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 朝日新聞社刊 年鑑 世界の鉄道 ’71 | トップページ | 公園保存蒸機 常陸大子駅横 C12 187号機 »

催事」カテゴリの記事

電車209系」カテゴリの記事

電車E217系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 朝日新聞社刊 年鑑 世界の鉄道 ’71 | トップページ | 公園保存蒸機 常陸大子駅横 C12 187号機 »

カテゴリー

最近のコメント

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村