« 東京総合車両センター公開 その3 首都圏直流電車の主電動機 part9 MT68 | トップページ | 広島・四国西南部旅行 広島編 その4 可部線 part2 活躍した車両たち 103系part1 »

2016年5月18日 (水)

公園保存蒸機 常陸大子駅横 C12 187号機

日本全国の公園等に保存されている車両を観て歩くシリーズ、今回は現在、水郡線常陸大子駅横に保存されているC12 187号機です。

C12_187_140906_2 2014/9/6

2014年9月6日
、水戸から水郡線経由で、「郡山車両センター公開」に出かけた時と2014年11月30日、常陸大子で開催された「水郡線営業所祭り」に参加した際の二度、この機関車を見る機会がありました。

C12_187_141130 2014/11/30

まずこの機関車の履歴から、いつものように沖田祐作氏の機関車表データで見てみると

C12187  日本車輌名古屋工場=589 1938-07-00 S50.00t1C1t1067    車歴;1938-07-00製造→納入;国鉄;C12187→配属;門司局→  1938-07-27竣工[門鉄局達617=総裁達617=配属指令の錯誤か?];門司局→  1938-08-02配置;東唐津→1938-09-23豊後森→1942-03-05借入;南延岡→  1942-03-20返却→1943-10-08宮崎→1943-10-19借入;南延岡→1943-10-24返却→  1964-06-02鹿児島→1967-07-067/9?)水戸→  1970-06-01高鉄局配置表(5/31?)高崎一→1970-11-28廃車;高崎一→       保存;茨城県大子町「中央公民館」;C12187

誕生は1938年7月、日本車輌名古屋工場で、C12の場合は川崎車輌、汽車製造会社、日立製作所、日本車輌製造、三菱重工業の五社で製造されました。新製配置は門司局でした。九州各地を転々とした後、関東に異動、水戸から最後は高崎管理局で桐生機関区に配置されて、足尾線で活躍していたそうです。その頃は、現在、桐生市桐生ヶ丘公園に保存されている49号機と一緒だったそうです(詳しくはこちら)。

C12_187_141130_8 2014/11/30

保存に関しては、引退直後は袋田駅横に保存されていたようです。その後、常陸大子町中央公民館に移転し、2010年10月1日、現在の場所に再移転したそうです(詳しくはこちら)。

C12_187_141130_2_2 2014/11/30

見て分かるように、非常に綺麗な外観が保たれています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 東京総合車両センター公開 その3 首都圏直流電車の主電動機 part9 MT68 | トップページ | 広島・四国西南部旅行 広島編 その4 可部線 part2 活躍した車両たち 103系part1 »

蒸機C12」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園保存蒸機 常陸大子駅横 C12 187号機:

« 東京総合車両センター公開 その3 首都圏直流電車の主電動機 part9 MT68 | トップページ | 広島・四国西南部旅行 広島編 その4 可部線 part2 活躍した車両たち 103系part1 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村