« 京成電鉄の車両たち プロローグ | トップページ | 江ノ電を撮る 施設編 3 江ノ島駅 »

2016年6月22日 (水)

小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 8 8000系 その10 

1963年の登場から今年で53年が過ぎ、終焉が近づいている8000系ですが、前回の記事ではオレンジとグレーのツートンカラーの特別塗装車81107Fについて触れましたが、今回は同じ4Rワンマン車グループの81111Fについて触れようと思います。

84111_160318_4 2016/3/18 川角

81111_160312_2
2016/3/12 小川町

字体も当時のままのようです。 

塗装は、セイジクリーム色で東武鉄道では1974年6月から標準色として採用され、当時在籍していたロングシート車全車と熊谷線用のキハ2000形に適用されました。1985年まで標準色として多くの車両がこの塗装を纏いましたが、よく言われるように「下塗り塗色ではないか」などと陰口を叩かれる塗色であったことも事実でした。

81111_160318_2
81111_160318_6 2016/3/18 坂戸

84111_160318_5 2016/3/18 川角

越生線での活躍

東上線の最初の区間である池袋~田面沢(たのもざわ:現在の川越市~霞ヶ関間の中ほどに位置)間33.5㎞が1914年5月1日に東上鉄道の手によりにより開業してから100周年を迎えることを記念し、2014年4月、81111Fをセイジクリーム塗装にしました。

81111_160312_3

81111_160312_4 2016/3/12 小川町

東上線ワンマン区間 小川町~寄居間での活躍

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 京成電鉄の車両たち プロローグ | トップページ | 江ノ電を撮る 施設編 3 江ノ島駅 »

民鉄:東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。セイジクリームの81111ですね。

塗られた当初は妙に鮮やかで、こんないい色だったっけ?という感じでしたが、徐々に退色して来て、あぁ、こんな感じだったなぁ~、という色に落ち着いてきているような気がします。

顔もパンダ目以外は単色なので、何だか間が抜けてしまっているのですよね。今回サボ受けを付けたのですけど、サボが付いている方が真ん中にアクセントが出来て良い感じになりますね。

MiOさま、おはようございます。

セイジクリーム塗色、先日の西武の武蔵丘公開で2000N系の下塗り状態の姿を見た際にまさにセイジクリームたっだのでおもわず吹き出しそうになりましたが。東武ではこの塗色を10年以上続けていたのですね。

なかなか大胆だなと今にして思います(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 8 8000系 その10 :

« 京成電鉄の車両たち プロローグ | トップページ | 江ノ電を撮る 施設編 3 江ノ島駅 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村