« 函館市電で活躍中の車両 3000形 | トップページ | 電気機関車 EH500シリーズ 15号機 »

2016年6月15日 (水)

Frankfurt am Main Airportでのspotting 7 ASA DC-8-63

1989年5月、冷戦時代の西ドイツ、フランクフルト空港でのスポッティング、前回までは当時、旅客機としてはかなりマイナーとなっていたBoeing707の写真を紹介して参りました。

今回は同じ世代の4発機として707のライバル機だったDouglas DC-8の写真を紹介しようと思います。

Hbibf_cn_46141_533_dc863_african_sa 1989/5/6  HB-IBF cn 46141 ln 533 DC-8-63

航空会社はAfrican Safari Airwaysです。1967年にケニアのモンバサのMoi International空港を拠点にチャーターフライトを運航してきましたが、2009年に運航を停止しました。

IATA code  A2
ICAO code QSC
Callsign Zebra       でした。

Hbibf_cn_46141_533_dc863_african__2

アフリカンサファリグループの子会社として創業し、ヨーロッパの主要ハブ空港、ロンドン、フランクフルト、ミュンヒェン、バーゼル、ミラノ、ローマ、マドリッド、ウィーン、パリからエジプト、ケニアにチャーター便を運航しました。当初の使用機材はBristol Britannnia1972年に廃棄になるまで飛びました。

Hbibf_cn_46141_533_dc863_african__3

続いて1976年8月KLMからDouglas DC-8-53を購入し、1982年11月に売却されるまで使用されました。この後、機材はDC-8-63へと更新されたものと思われますが、1999年ケニア国内線を運航する航空会社や2隻のクルーズ船、10のホテル、5のロッジを運営するグループ会社が経営危機に陥りました。

Hbibf_cn_46141_533_dc863_african__4

2001年、再び利益が出るようになり、老朽化したDouglas DC-10Airbus A310に置き換えられ、2008年、ケニアの選挙後に発生した暴動などにより、経営が再び悪化し、会社名をAfrica Safari Airに変更しましたが2009年運航停止に至りました。

DC-8 super60 seriesはJALなどでも運航していましたが、胴体をストレッチしたタイプが-61, エンジンを航続距離の長いタイプに変更したのが-62, その両方を行ったのが-63でした。

その後、エンジンを換装した-73などがアメリカなどではよく見られましたが、フランクフルトで見かけたのは,細いエンジンの-63でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 函館市電で活躍中の車両 3000形 | トップページ | 電気機関車 EH500シリーズ 15号機 »

旅客機 Douglas DC-8」カテゴリの記事

コメント

B767-281様こんにちは。エイトいいですね。滑走路とほとんど平行な独特な着陸態勢、今で言うとA340-600のフォルムが近いかな?

細井忠邦さま、おはようございます。

乗り物で貴婦人というと今では蒸機C57を思い浮かべますが、かつてはDC-8も空の貴婦人と言われましたね。

わたしも旅客機を撮り始めたきっかけはJALのDC-8の引退のころでしたので、あの姿はしっかり脳に焼き付いています。
初期はビデオで撮っていて、その頃のテープは保存の問題で再生ができないのが残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Frankfurt am Main Airportでのspotting 7 ASA DC-8-63:

« 函館市電で活躍中の車両 3000形 | トップページ | 電気機関車 EH500シリーズ 15号機 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村