« 小菅の複々線を行く東武200系 208F 普悠瑪デザインりょうもう号 | トップページ | 下山国鉄総裁追憶碑を訪ねる その1 »

2016年7月 5日 (火)

函館市電で活躍中の車両 8000形 8001号

2015年12月の函館訪問の際に撮影した函館市交通局の車両、今回からは8000形です。

8000形は800形の記事で触れましたが、800形として製造された車両の更新改造で誕生した形式です。
改造は1990年から1997年にかけてと2012年の長期に渡って、行われました。そのため、灯具の形態や方向幕など、更新の行われた時期によって違いが見られます。

8000形更新車の特徴はこれまでは引戸であった降車扉が折り戸になったこと、ステップが3段になったこと、落ち葉や積雪による滑走防止として砂撒き装置が装備されたことが挙げられます。

仕様は
営業最高速度 40km/h
全長 12240mm
全幅 2340mm
全高 3100mm
車両質量 14.6t
主電動機 50kw 2個
駆動装置 吊かけ駆動方式
制御方式 抵抗制御
台車 住友金属工業 FS77A
製造メーカー アルナ工機

8001_151224

8001_151224_2

8001_151224_3 2015/12/24 十字街

8001_151223
8001_151223_3
8001_151223_2 2015/12/23 函館駅前

8001_151223_5

8001_151223_4 2015/12/23 駒場車庫

8001号は800形更新改造のトップを切って、1990年3月803号から更新改造されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 小菅の複々線を行く東武200系 208F 普悠瑪デザインりょうもう号 | トップページ | 下山国鉄総裁追憶碑を訪ねる その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館市電で活躍中の車両 8000形 8001号:

« 小菅の複々線を行く東武200系 208F 普悠瑪デザインりょうもう号 | トップページ | 下山国鉄総裁追憶碑を訪ねる その1 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村