« 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 6次車-4 池袋線配置の4連について | トップページ | 西武線各駅探訪 6 八坂駅 »

2016年8月27日 (土)

San Diego Lindbergh空港でのSpotting 25 United Airlines Boeing 737 part3

San Diego Lindbergh 国際空港でのスポッティング、United AirlinesBoeing 737の3回目は旧Continental航空のカスタマーコード(-24)で購入された-900です。-900に関しては全機、-924で、-922の機体はありません。

N39423_boeing737924er_cn32829_ln264 N39423 Boeing 737-924ER cn 32829 ln 2645 2015/1/15 SAN

いつものようにPlanespotters.netの情報によると、現在142機が運航中で1機が発注中、平均使用年数は4.8年となっています。

N37466_boeing_737924er_cn31644_ln43 N37466 Boeing 737-924ER cn 31644 ln 4326 2015/1/15 SAN

2010年10月1日から納入されており、最初の12機(cn 30118~30129) は通常タイプのウイングレット装備でしたが、その後納入された機体はすべてERタイプになりました。

N66825_boeing_737924er_cn42748_ln49 N66825 Boeing 737-924EER cn 42748 ln 4918 2015/1/15 SAN

Configrationは3タイプあり、 

C20W42Y117 タイプ 54機
C20W51Y96 タイプ 39機
C20Y153 タイプ 49機     となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 6次車-4 池袋線配置の4連について | トップページ | 西武線各駅探訪 6 八坂駅 »

旅客機 Boeing 737」カテゴリの記事

コメント

B767-281様こんにちは。またまた台風が心配ですね。多摩湖線はまだ再開までしばらくかかりそうです。さて737、こうしてご紹介いただくと、757との境目がどんどん無くなっていることに気づいてしまいました。なるほど757は製造中止になってしまうと理解出来ました。ところで787、こんどはエンジンですが、またトラブルが、しかも5カ月も黙っていたとはちょっと信じられない話ですね。もしファンブレードがエンジンを突き抜けていたらと考えるとゾッとします。

細井忠邦さま、おはようございます。

同じBoeing社の中で737が胴体を伸張すればするほど、757に近づきやがてその地位すらも脅かしてしまう。
一方で787は生まれた頃はバッテリー問題で悩まされ、数年後にはエンジンのトラブルで悩まされる、Boeing社としてもAirbus社との競争より前に自社内で抱える問題の多さが悩ましいところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: San Diego Lindbergh空港でのSpotting 25 United Airlines Boeing 737 part3:

« 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 6次車-4 池袋線配置の4連について | トップページ | 西武線各駅探訪 6 八坂駅 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村