« 東海道新幹線開業から50年 その35 保存されている新幹線車両 5 リニア鉄道館 part8 922系電気・軌道総合試験車 | トップページ | 広島・四国西南部旅行 広島編 その5 呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)2 呉の歴史 »

2016年9月17日 (土)

公園保存蒸機 79642号機 八幡浜 王子の森公園

今回の公園保存蒸機は2014年12月の広島・四国西南部旅行で八幡浜市を訪問した際に立ち寄った王子の森公園で見学した79642号機です。

79642_141221_6 2014/12/21 王子の森公園

141221
訪問したときは上の写真のように平成29年度に開催される「えひめ国体」ソフトボール競技会場として同公園が使用されるため、9月から翌年3月までのバックスタンド建築工事のため、保存機関車にも足場が組まれていました。

79642_141221_7
前面の手すり、入れ換え作業が多かった北海道の機関車に見られる特徴でした。

79642_141221_8
どうやら機関車の横にプラットホームのようなものが設けられ、屋根も設置されるようでした。

この工事はスタンドの整備のため、保存機関車を10m程移動(前進)させるため、以前から設置されていた屋根、ホームも作り直したそうです(詳しくはこちらのサイトに)。

79642_141221_9
キャブサイドには鋭いタブレットキャッチャーが装備されています。

この機関車の履歴を沖田祐作氏の機関車表データで見てみると
79642      汽車製造大阪工場=792          1924-10-27 S59.80t1DT(1067)
   車歴;1924-10-27 製造→ 納入;国鉄;79642→1924-10-27 使用開始[名鉄達832];名古屋局→
      1933-06-30 現在;上諏訪→1955-01-01 現在;高山→1965-03-31 現在;高山→ 稲沢一→
      1969-06-16 名寄→1975-05-22 追分→1976-03-01 廃車;追分→
      保存;愛媛県八幡浜市「王子の森公園」;79642

製造は汽車製造大阪工場で、落成は1924年(大正13年)10月27日です。新製配置は名古屋局で、甲府庫に配置、1931年には上諏訪に異動しています。中央東線での活躍後、1936年に福井に異動、富山区を経て、1943年から高山区へ、1968年高山本線の無煙化で稲沢第一区に異動、1969年北海道に渡り、名寄、1976年3月の国鉄蒸気最後の時を追分機関区で迎えた機関車でした(詳細はこちらのデータから)。

王子の森公園の「子どもの広場」が1976年5月15日に完成した際に廃車となった同機がここに永住の地を見いだしたようです。ちなみに四国の蒸気機関車の歴史は1970年4月に絶えており、9600形式は四国には配置されなかった形式でした。

私が訪れたときはちょうどこのような状態でしたが、2016年2月の時点での写真はこちらのサイトに紹介されています。

テンダーの後端は名寄時代に虎塗りにされたようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 東海道新幹線開業から50年 その35 保存されている新幹線車両 5 リニア鉄道館 part8 922系電気・軌道総合試験車 | トップページ | 広島・四国西南部旅行 広島編 その5 呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)2 呉の歴史 »

旅行・地域」カテゴリの記事

蒸機9600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園保存蒸機 79642号機 八幡浜 王子の森公園:

« 東海道新幹線開業から50年 その35 保存されている新幹線車両 5 リニア鉄道館 part8 922系電気・軌道総合試験車 | トップページ | 広島・四国西南部旅行 広島編 その5 呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)2 呉の歴史 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村