« 西武特急レッドアロー プラチナ・エクスプレス(秩父 ver.)を撮影 | トップページ | 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その2 EF65 1124号機 »

2016年12月28日 (水)

都営フェスタ2016 in 三田線 その1 保守車両の展示

2016年11月19日、志村車両検修場で開催された「都営フェスタ2016 in 三田線」、prologueに続いて最初のトピックは、イベントでしかまずは見ることができないと思われる、保守車輛の展示から行こうと思います。

161119 2016/11/19 志村車両検修場

161119_2
最初は軌陸両用架線作業車です。クルマの側面には応急作業車と表示されていますが、現場に真っ先に駆けつけ、応急作業を行うためでしょうか。
公道を走るためのナンバープレートが付けられており、軌道上を走るための鉄輪も装備されています。クルマはダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで製造・販売している多目的作業用自動車Unimog (Universal-Motor-Gerät)です。Unimogで調べてみると、民生用から軍・警察用まで多種の車両が造られているのがわかります。

161119_3
161119_2_2
電気保守用モーターカーで架線トラブルなど高所での作業が必要な際に威力を発揮します。

161119_2_3
161119_4
20tタイプの軌道モーターカーで工事用の重機材の運搬の牽引車です。ガソリン、もしくはディーゼルエンジンで走行します。

161119_3_2

161119_5
161119_2_4
地下鉄のトンネルの内壁、天井の調査、点検、補修などで活躍する車両で、トンネル内のいろいろなところに接近できるように作業台が上下左右に伸びるのが特徴だそうです。

161119_6
この車両は展示されてはいませんでしたが、車両工場での編成運搬用の車両でしょうか。

今回展示された車両には東京都交通局のマークが入っていましたが、都の監理団体として都営交通の安全・安心を保守の面からサポートする会社として東京交通サービス株式会社という会社もあることがわかりました(関連サイト)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 西武特急レッドアロー プラチナ・エクスプレス(秩父 ver.)を撮影 | トップページ | 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その2 EF65 1124号機 »

催事」カテゴリの記事

東京都営地下鉄」カテゴリの記事

コメント

B767-281様今晩は。京都から戻りました。まだ残っている大掃除など現実が待っています。さて普段はあまり目にしない保守車両面白いですね。そう言えば京王の若葉台にも、このウィニモグ(発音は大丈夫かな?)がいますが、ゲージが違います。調整できるのか、それともオーダーなのか興味深いです。

細井忠邦さま、おはようございます。

京都からお帰りなさいませ。
短い期間でも泊りがけの旅行に出るのは気分転換が出来て良いですね。

保守・保線作業に活躍する車両、クルマにドイツ、オーストリア系が結構、我が国に進出しているのですね。Unimogもそうですが、マルタイ(ラーメンではなくて)のプラッサー&トイラーなど、各地の鉄道で見ますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都営フェスタ2016 in 三田線 その1 保守車両の展示:

« 西武特急レッドアロー プラチナ・エクスプレス(秩父 ver.)を撮影 | トップページ | 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その2 EF65 1124号機 »

カテゴリー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村