« 683系 681系の増備、そして289系へ その1 サンダーバード用0番台 | トップページ | 朝日新聞社刊 年鑑 世界の鉄道 ’79 »

2016年12月24日 (土)

パリの6つのターミナル駅巡り 北駅 5 BB15000電機

パリの北駅の話題、今回は何度か登場しているフランスのゲンコツスタイル電機です。

15001_090313_gare_du_nord0 2009/3/13 BB15001号機牽引の客車列車が到着

15001_090313_gare_du_nord2
頭端式ホームのため、まず牽引機と客車の連結が解かれ、入れ換え機関車が客車の最後部に連結され、客車を引きだし、その後、牽引機が単独で去って行きました。

フランスのゲンコツスタイル電機と言えば、直流1500V用のBB7200、交流25kV 50Hz用のBB15000、そして交直両用のBB22200の3姉妹で”Nez Casse"(broken nose) familyとして有名ですが、北駅で目撃したのは全て交流版のBB15000 でした。

215043_090313_gare_du_nord3 オール2階建ての通勤客車を牽引して到着した43号機 塗装パターンが違います。

SNCF class BB15000はAlsthomとMTEにより、1971年から1978年までに製造されました。発注は1968年にまず5両、1969年に10両、1970年にさらに10両、そして1973年に40両という形で行われ、最初の5両が納入されたのが1971年でした。

この時の塗装はthe overall-green "Maurienne" liveryでした。残りは全てTEE-Arzens livery(写真にあるオレンジ基調のもの)で登場しました。こうしてBB15000シリーズは北東、東部の交流25kV電化区間の主役になって行きました。

115022_090313_gare_du_nord4 22号機牽引の北駅発の長距離客車列車

しかし、TGVによるサービスが開始されると従来の機関車牽引の優等列車牽引の仕業からローカル列車牽引に役割がかわって行きました。

それにしてもパリの北駅、2009年3月のことでしたが、相次いで電機、ディーゼル機牽引の長短距離の旅客列車が入線しては、出発して行き、昭和50年代以前の上野駅を見ている気がしました。

以前にも出てきましたが、SNCFの機関車は部門ごとの番号を頭に付けており、
   長距離旅客輸送部門(VFE):100,000番台
   中距離旅客輸送部門(CI):200,000番台
   地域旅客輸送部門(TER):500,000番台
   首都圏旅客輸送部門(Transilien):800,000番台
   貨物輸送部門(Fret):400,000番台
   インフラストラクチャ部門(RFF):600,000番台 
となっています。側面の番号はペイントされているので、数字が付加しやすいようですが、妻面の番号はスペースの関係などもあり、以前のままというケースも多いように思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 683系 681系の増備、そして289系へ その1 サンダーバード用0番台 | トップページ | 朝日新聞社刊 年鑑 世界の鉄道 ’79 »

」カテゴリの記事

海外の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリの6つのターミナル駅巡り 北駅 5 BB15000電機:

« 683系 681系の増備、そして289系へ その1 サンダーバード用0番台 | トップページ | 朝日新聞社刊 年鑑 世界の鉄道 ’79 »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村