« 烏山線キハ40形 お疲れ様でした。 | トップページ | 富士急電車まつり2016 その3 クモハ169-27 »

2017年3月 5日 (日)

西武線各駅探訪 11 本川越駅

前回のこのシリーズは西武秩父駅でした、今回は西武新宿線の終点、本川越駅です。

170121 2017/1/21駅名に「時の鐘と蔵のまち」が追加されたのは2012年10月20日からでした。

所在地は埼玉県川越市新富町一丁目22 です。1895年3月21日に、川越鉄道の川越駅として開業しました。川越市内の3駅では最も古くからある駅です。1940年7月22日に国鉄川越線が開業した際に名称を本川越に改めました。

元々、小川駅の記事でも記述しましたが川越鉄道はもともと甲武鉄道の子会社で川越からの蚕糸、織物、製茶、石灰などの貨物輸送(江戸時代は新河岸川を利用した舟運でした)をメインにしていましたが、1975年4月1日、専用線貨物取り扱いも廃止となりました。

601 1980年頃の601系と本川越駅

1990年、駅改良工事が完成し、ホームは従来の3面5線から1面2線になりました。

170205 2017/1/21

1998年、ホーム改修工事でコの字型のホーム(2面3線)となり、中線は特急専用ホームとなりました。

170121_2
ステーションビルは1991年9月5日にオープンしました。

170121_2
2016年2月20日に開設された西口
西口開設で東武東上線の川越市駅との距離が随分、縮まりました。

ここ20年ばかりですっかり近代的になった本川越駅ですが

170205_2
残されている未解決の問題点は西武新宿線唯一の単線区間の存在で写真のように南大塚駅方向に存在する脇田信号所からJR川越線、東武東上線のガードをくぐる区間が単線となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 烏山線キハ40形 お疲れ様でした。 | トップページ | 富士急電車まつり2016 その3 クモハ169-27 »

」カテゴリの記事

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武線各駅探訪 11 本川越駅:

« 烏山線キハ40形 お疲れ様でした。 | トップページ | 富士急電車まつり2016 その3 クモハ169-27 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村