« 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-1 千頭駅 | トップページ | 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-3 川根両国を出てアプトやましろ駅まで »

2017年3月21日 (火)

大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-2 川根両国駅

千頭駅を出発した列車はおよそ4分ほどで川根両国駅に到着します。この間に列車内では車掌がドアは手動で開けること、開けたドアは車掌が外から閉めて回ること、車内の機器にみだりに触れないこと、主な駅の到着予定時刻などをアナウンスします。

170311 2017/3/11

千頭-(1.1km)-川根両国

所在地は静岡県榛原郡川根本町千頭、開業は1959年8月1日です。
井川線のホームは車両が小さいため高さが低く。路面電車の停留場のような感じです。

170311_2
両国乗務区の建物
さらにその奥の赤い屋根や空色の屋根の建物がディーゼル機関車や客車の検修施設になっています。

線路の左手の道路に上がって、少し川の上流方向に行くと

170311_3
170311_2_2 大井川を渡る両国吊橋があります。

170311_4 井川線の線路を越えています。

170311_2_3
線路幅こそ1067mmですが、ダム工事のための資材輸送鉄道の面影が十分に残っています。

170311_5
対岸にはこんな案内板「やんばいコース」がありました。川に沿って千頭まで歩いて戻ると50分ほどかかるそうでした。

170311_6
一方、吊橋から下流を見ると先ほどの川根両国駅の乗務区や工場の全景が見えます。

170311_7 井川線の車窓からの両国吊橋の眺め

千頭駅から川根両国駅そばまで貨物専用線が井川線に平行して敷設されており、1960年代後半には遊休施設となっていました。これを活用して1970年から蒸気機関車の運行が開始されたのが、大井川鐡道の蒸気機関車動態保存のルーツだったそうです。しかし、千頭駅付近の道路拡張に支障するため、専用線は廃止されることになり、1989年11月26日を最後に運行は廃止されたそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-1 千頭駅 | トップページ | 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-3 川根両国を出てアプトやましろ駅まで »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

鉄道施設」カテゴリの記事

民鉄:大井川鐵道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-2 川根両国駅:

« 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-1 千頭駅 | トップページ | 大井川鐡道井川線に乗って その5 駅や観光名所-3 川根両国を出てアプトやましろ駅まで »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村